最終更新:

1848
Comment

【5833872】2020景気悪化による首都圏私立大学の崩壊

投稿者: 先読み   (ID:nuvE9K25ryE) 投稿日時:2020年 04月 11日 12:12

(外部環境変化)
○金銭的問題で、一人暮らしさせられない家庭が増え、地方から首都圏に来ていた受験生が激減する。
○授業料の負担を軽減するため、受験生が私立を敬遠する。

(結論)
○早慶MARCHをはじめとする首都圏私立大学は超易化
○地方私立は易化
○地方国立(駅弁)は若干難化
○大都市圏の国立(旧帝大)は超難化

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6023815】 投稿者: 真実を直視しましょう  (ID:8wG0LrxKOwM) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:06

    >人との出会いを重視したレジャーランドならいいが、学問をする大学としては物足りないな。

    ものは言いようですね。どうせなら、大都市の多様性の中での、さまざまな学問分野の多層的な出会いを通じて新たな需要を創造していく場、みたいな表現をして欲しかった。そこでは、レジャーランドの要素はすごく重要になってくる。最近のゲーム産業の良好なパフォーマンスを見るにつけ、コンテンツと技術の両面での一層の進化が必要だと思う。

    その辺、早稲田の新研究開発センターには期待してます。得意分野である人文科学系や社会科学系と理工系の先端技術との融合による新しい文化の創造に寄与するとのことですから。

  2. 【6023818】 投稿者: 訂正  (ID:8wG0LrxKOwM) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:14

    本当は運営費交付金の減額が目的なのに、二重三重の言い逃れを用意している。→本当は運営費交付金の減額阻止が目的なのに、二重三重の言い逃れを用意している。

  3. 【6023820】 投稿者: 適材適所  (ID:aXl4kTI5R9k) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:14

    >早稲田や明治のようにあの狭い敷地にあれだけの学生を詰め込むのはどうかと思うね。あれじゃあ、少人数でのインタラクティブな講義は期待できないし、ゼミでも教員からまともな指導は受けられない。リーダーになれる人も限られる。

    私学推しですが、私も同じことを思います。
    他スレでお茶の水女子大と早慶(主に早稲田)を比較する内容で「お茶大は評定4が満遍なく、早稲田は5~3が点在」という表現があって、頷いてしまいました。私の感覚では早稲田は5~2に点在しているイメージです(上位と下位の差があからさま)

    暗に推薦入学の有無だけではないと思います。大人数にまぎれてドロップアウトしてしまう学生が見られます。大学デビューという言葉は古いですが、糸が切れた凧のようにフラフラと、都心にキャンパスがあれば周囲に誘惑多いですし。

    中央大学には地方出身者が多いということですが、あまり踏み外す印象が無いのは、周りに遊ぶ場所が少ないのだと思います。

    理想を言えば、欧米の大学のように郊外にキャンパスがあり学園都市のような構想を持てれば良いのですが。なかなか難しいですよね。そうなると学生が集められない。

    もし、いまさら大学の場所を変えられないのであれば(変えられる見込みはありませんが)
    学生には不評のオンライン授業は、実はそうしたマンモス大学(の教養課程)には向いているのではないかと思っています。
    オンデマンド方式なら一対一対応のような授業形態を保てるし、(今回のコロナ禍のようなその場しのぎではなく)一度きっちりと授業映像を作ってしまえば使い回すことも可能です。教授は空いた時間に、学生の質問を受け付けられる、学生が提出したレポートをより綿密に査読できる、と思うのですが。
    従来の、出席カードを配って終わり、後は(学期末試験まで)野となれ山となれの講義よりも、学びの上では理想的になると思います。実際、欧米ではそう対応している大学があります。

    研究とは別のお話になって申し訳ありません。
    大学の在り方は今後少しづつ変わっていくのではないでしょうか。
    そうなるには、日本全体がもう少しICTに慣れる必要があると思いますが。

  4. 【6023822】 投稿者: そうだろうか  (ID:KSrDCh9vzhs) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:18

    その発想自体がまさに先述のネオリベの価値観を内面化したような魂の包摂の表れだと思う。しかも「教育費は教える内容を国の方針に従うのなら出せるかもしれないが」とは何事かね。学問研究は本来外界からの干渉は許されず、もし権力からのそうした干渉が加えられるならば、学問の発達は到底期待することはできないことだろう。いくら理系の君であっても、よもや美濃部博士の『天皇機関説事件』や京大の『滝川事件』等の悪しき先例を知らないわけではあるまい。

    それゆえ学問の自由には「学問研究の自由」「学問研究の成果を発表する自由」「教授の自由」がそれぞれ憲法23条で保障されると一般に解されているのである。とりわけ「教授の自由」は、大学において学者が学生らに教授するにつき、国家からの学説上の拘束を受けないということだ。したがって、「教える内容を国の方針に従うのなら」などということ自体、まさに失当な考えだと言わざるを得ないのである。

    実際に私自身が新入生当時から今日まで、学部や院で耳にした内容の多くが政権批判であった。私自身もまたあらゆる場面で権力批判ー主にその政策についてーを行っている。なぜなら、批判精神こそが学問の本質・真髄であると考えるからである。それが理由で以て、関わる大学からとやかくいわれたことも皆無である。

    もっとも、そうしたイロハのイすら知らずに、特定の研究者らを名指しで「アカ」、「左翼」、「科研費を返せ」等々の罵詈雑言浴びせる無知の輩もまた、この国にはけっして少なくないのだがね(残念だが、本掲示板においても)。

  5. 【6023831】 投稿者: 時代錯誤  (ID:Eo5BkZKCtLw) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:27

    >私立大学は、無理に国立大学と張り合う必要はなく、自分の得意分野を活かしたほうが良い

    大村智先生は理科大大学院(私立大)で研究の道に入られて、受賞された研究はほぼすべて北里大学(私立大)でなさっている。

    吉野彰先生は論文博士を阪大で取得しているが、受賞された研究はほぼすべて朝旭化成=民間でなさっている。

    私立と国立で区分けすることに合理性など無い。

  6. 【6023838】 投稿者: 首肯できない  (ID:KSrDCh9vzhs) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:31

    >早稲田や明治のようにあの狭い敷地にあれだけの学生を詰め込むのはどうかと思うね。あれじゃあ、少人数でのインタラクティブな講義は期待できないし、ゼミでも教員からまともな指導は受けられない。リーダーになれる人も限られる。

    大都会の一等地と地方の戦前からの旧専門学校等の跡地に設けられた国立大学とを念頭に比較してもどうかと思う。まして、それゆえに都内の各大学学生諸氏はわが国最高の文化環境に恵まれるとの利益を享受しているのであるから。

    また、私学学生一人当たりで、国立大生の十数分の一に過ぎないという不当な国からの助成金格差を是正してから、はじめてそういった意見に説得力見出せるのであるまいか。現状の格差を漫然として放置しつつ、そういった発言を為すのはアンフェアである(ネオリベの宿痾でもある)。

    もっとも君の主張とは裏腹に、この国のリーダーは「少人数でのインタラクティブな講義は期待できないし、ゼミでも教員からまともな指導は受けられない」はずのわが私立大学の校友たちが担ってきているのが、厳然たる事実である。

  7. 【6023840】 投稿者: 轟響之助  (ID:d17QRupReBA) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:34

    敷地の狭さと教育の中身は関係ないよ。スポーツ関連学部で設備の無いのは別だがね。
    それと早稲田も明治も狭い教室に学生をギュ~ぎゅ~詰め込んで講義をしていると思ってる?
    それでリーダーが育たないなら、余裕のある国立大はリーダーが溢れんばかりだ。

  8. 【6023846】 投稿者: まぁ、  (ID:v8AlJzuZ7P.) 投稿日時:2020年 09月 20日 10:39

    早慶出身者は、リーダーとなれない人数もダントツ。

あわせてチェックしたい関連掲示板