最終更新:

112
Comment

【6057621】慶應理工 VS 東工大

投稿者: わからない   (ID:b9/Xf0SJOzs) 投稿日時:2020年 10月 17日 13:15

東大落ちが慶應理工に半分、京大落ちが慶應理工に3割引っかかる。これがメインの進学層?
難易度的に東工大落ちでは慶應理工にほとんど受からない?
慶應理工に東工大落ちは併願率の割に少ない?

[2001駿台入学者偏差値] 週刊朝日2001.8.17・24
慶応理工62.5 東京工大Ⅰ類60.9 東北大理60.0
※数学・物理・化学・英語の4科目偏差値

2020年駿台・ベネッセ集計データ
東大理一× 慶應理工○ 231名 平均偏差値
英数物化75.0
京大工× 慶應理工○ 33名平均偏差値
英数物化73.5

東工大工× 慶應理工○ 30名 平均偏差値
英数物化70.4
東工大工○ 慶應理工○ 30名 平均偏差値
英数物化72.4←東大落ち慶應理工や京大落ち慶應理工より少し低い
東工大工○ 慶應理工× 23名 平均偏差値
英数物化67.9


慶應理工 偏差値65.0(4科目)
東工大  偏差値65.0(4科目)
でセンター配点がないので難易度は東工大と慶應理工は変わらない?


就職だと慶應?
学費だと東工大?
それぞれの得意な研究は?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「大学受験情報に戻る」

現在のページ: 2 / 15

  1. 【6057669】 投稿者: 東工大、国内初の産業微生物のゲノム  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 13:54

    ◆ 国内初、産業微生物のゲノム構築を推進する産学連携プロジェクトが発足
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年9月6日

     産業微生物のゲノム構築を推進する「細菌ゲノムアーキテクトプロジェクト(BGAプロジェクト)」が、東京工業大学と同大学発のベンチャー企業である株式会社Logomixを中心として開始された。このプロジェクトは、特定の生物種のゲノム構築を目指す国内初の産学連携合成生物学プロジェクトで、産業界からは、ヤマト科学株式会社、株式会社電通など計7社が参画。また、テクニカルアドバイザーとして、ニューヨーク大学遺伝システム研究所所長のJef Boeke教授を筆頭に、国内外の微生物研究の第一人者たちも名を連ねる。

     ゲノム構築とは、これまでの「ゲノム編集」のように遺伝情報の一部を変更するものではなく、ゼロからゲノムを生成する技術で、これによってさまざまな分野でのイノベーションが飛躍的に進行・拡大すると目されている。ゲノム構築がその中核をなすバイオエコノミー産業は、2030年までにOECD加盟国の全GDPの2.7%(約180兆円)の巨大市場へ成長が見込まれているという。

     本プロジェクトでは、その第一弾として、プラスチック、薬、燃料など様々な物質生産に用いられ、産業微生物の代表種の一つとされる大腸菌の人工ゲノム構築に着手する。大腸菌の産業的有用性をさらに高めるべく、これまでにない新しい設計原理に基づいた大腸菌ゲノムを構築し、この人工ゲノムで生育する人工大腸菌株の創出を目指す。

     本プロジェクトを通じて、合成生物学産業における新事業シーズの探索、バイオ・非バイオの範疇を超えた様々な産業セクター間での産学連携ネットワークの構築、新バイオ産業創出に貢献する細胞ゲノム構築技術の成熟化など、幅広い進展が期待される。

  2. 【6057672】 投稿者: 東工大×東大、知覚的同時性パワーアシスト  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 13:57

    ◆ 人間と機械の運動を効果的に融合させる、知覚的同時性を保持するためのヒント
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年9月6日


     パワーアシスト装置をはじめとした「人間機械協調システム」では、機械が人間の動作を予測することは難しく、結果として機械の動作が人間の意図とずれてしまい、本来意図した運動が機械によって妨害されてしまうことがある。

     この人間の意図と機械の動作のずれ、すなわち人間側の知覚と機械側の支援のタイミングの問題に着目して、東京大学と東京工業大学などの研究チームは筋電気刺激を使った実験を行った。その結果、「知覚的同時性」を保持するための機械支援の適切なタイミングと、「知覚的同時性」を得る上で知覚の順応を促すことが有効であることが明らかとなった。

     機械が人間の行動に合わせた協調支援を提供する上では、自発的意図に基づく随意運動(自発的運動)と機械からの補助・介入運動(外部操作運動)のタイミングが利用者の知覚において一致している、つまり知覚的同時性が保持されていることが重要となる。そこでまず、自発的運動の開始から外部操作運動までの時間差において、知覚的同時性が保たれる時間範囲の同定を試みた。この実験では、時間差が80-160ms程度で被検者が両運動を「同時」と感じる割合がピークに達することがわかり、機械が適切に介入できる時間範囲の手がかりが得られた。

     次に、知覚的同時性を保持しやすくする手段として、人間の知覚の順応についても検討した。この実験からは、被験者を特定の時間幅に順応させると、その順応した条件によって知覚的同時性が保たれる時間幅が変化することが示唆されたといい、自発的運動と外部操作運動のタイミングが異なる場合でも、知覚の順応を応用すれば知覚的同時性を保持できる可能性が見出された。

     本研究により、人間の意図と機械の動作のずれを防ぐ上で有効な知見が得られ、人間の意図に沿ってより円滑に行動を支援できる人間機械協調システムの技術開発への展開が期待される。

    論文情報:【PLOS ONE】Perceptual Simultaneity and its Modulation during EMG-Triggered Motion Induction with Electrical Muscle Stimulation

  3. 【6057678】 投稿者: 卓越大学院採択、東工大、京大、名大、九大  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 14:00

    ◆ 2020年度卓越大学院プログラム、京都大学など4校採択
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年9月2日



    海外の大学名古屋大学京都大学東京工業大学九州大学


     文部科学省は2020年度の卓越大学院プログラムに東京工業大学、名古屋大学、京都大学、九州大学の4プログラムを採択した。海外のトップ大学や民間企業などと連携し、世界最高水準の教育・研究力を結集した5年一貫の博士課程プログラムで、世界を牽引する研究者やイノベーションをリードする企業人の創出を期待している。

     文科省によると、採択されたプログラムは東京工業大学のマルチスコープ・エネルギー卓越人材プログラム、名古屋大学のライフスタイル革命のための超学際移動イノベーション人材養成学位プログラム、京都大学の社会を駆動するプラットフォーム学卓越大学院プログラム、九州大学のマス・フォア・イノベーション卓越大学院。

     東京工業大学は伊原学物質理工学院教授がコーディネーターとなり、一橋大学、川崎重工業、東京電力ホールディングス、三菱商事などと連携する。名古屋大学は河口信夫未来社会創造機構教授を中心にヤフー、米ミシガン大学、シンガポール国立大学、ベトナムのハノイ工科大学などとスクラムを組む。

     京都大学は原田博司情報学研究科教授がコーディネートしてトヨタ自動車、ソニー、NTT西日本、国立台湾大学などと力を合わせる。九州大学は佐伯修マス・フォア・インダストリ研究所所長を中心に統計数理研究所、住友電気工業、米カリフォルニア大学サンディエゴ校、台湾師範大学などと連携する。

    参考:【文部科学省】令和2年度「卓越大学院プログラム」の選定結果(PDF)

  4. 【6057684】 投稿者: 東工大×九大×米・英・仏など海外大と研究  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 14:05

    ◆ 福島原発から放出された微粒子状プルトニウムを九州大学などが解析に成功
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年7月25日

    原子力 放射性物質 国立極地研究所 国際共同研究

    海外の大学筑波大学東京工業大学九州大学


     九州大学の宇都宮聡准教授らの国際共同研究グループ(注)は、プルトニウム(Pu)含有燃料微粒子を含む粒子を福島県の土壌から初めて発見し、多角的な先端微細分析を駆使してナノレベルでの解析に成功した。

     2011年3月の福島第一原子力発電所の事故により放出された物質からプルトニウムの痕跡が検出されているが、これまで粒子の細かさからその物理的・化学的形態の解明は困難だった。一方、災害時に一部の放射性セシウムが水に溶けにくい高濃度放射性セシウム含有微粒子(CsMP)として環境中に放出され、関東地帯まで拡散。今回、この微粒子からプルトニウムを発見した。

     研究では、CsMPに含まれる燃料微粒子について、最先端の二次イオン質量分析やシンクロトロン放射光マイクロビームX線分析、原子分解能電子顕微鏡によりウラン(U)とプルトニウムの同位体分析、化学種の同定を行った。

     その結果、CsMP内部に酸化ウラン(IV)ナノ結晶を同定し、ウラン濃集部でのプルトニウム、ジルコニウム(燃料被覆管の成分)の局在化が示された。さらに、燃料微粒子中のウランとプルトニウムの同位体比が決定され(235U/238Uが約0.0193、240Pu/239Puが約0.347、242Pu/239Pが約0.065)、計算コードで算出された照射燃料の値と一致した。

     これにより、プルトニウムは燃料微粒子としてCsMPに取り込まれて環境中に放出・拡散されたことが判明。また、炉内に残された燃料デブリ(溶融核燃料が炉構造物とともに冷えて固まったもの)中に、プルトニウムがナノスケールで不均質に分布することが部分的にだが直接示された。長期にわたる廃炉工程・燃料の取り出しのために必要なデブリ性状把握への貢献が期待される。

    注:他に、国立極地研究所、筑波大学、東京工業大学、ヘルシンキ大学(フィンランド)、ポール・シェラー研究所(スイス)、ダイアモンド放射光施設(英)、ナント大学(仏)、スタンフォード大学(米)が参加、福島の災害復興貢献を目指し研究を共同で実施。

    論文情報:【Science of The Total Environment】Particulate plutonium released from the Fukushima Daiichi meltdowns

  5. 【6057686】 投稿者: 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 14:08

    ◆伝統芸能に従事する男性の寿命、東京工業大学が分析
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年6月15日

     東京工業大学リベラルアーツ研究教育院の林直亨教授、毛塚和宏講師が日本の伝統芸能に従事した1700年以降に生まれた男性566人の寿命を分析したところ、伝統芸能従事者の寿命は長い傾向があったものの、歌舞伎役者だけは例外的に短いことが分かった。

     東京工業大学によると、林教授らは18世紀以降に歌舞伎、茶道、落語、長唄、能に従事した男性566人の誕生年、没年について、ウェブや書籍などの情報源から集計し、自殺や戦死、事故死を除いて寿命を解析した。さらに同じ時代を生きた天皇家、徳川将軍家の男性133人のデータも解析し、比較した。

     その結果、すべての伝統芸能で天皇家や将軍家より寿命の中央値が15歳程度長かったが、1901年以降に生まれた人に限定すると、伝統芸能従事者のうち、歌舞伎役者が他の伝統芸能より寿命が短いことが明らかになった。

     歌舞伎役者や能楽師は長期間の公演とそのけいこで高強度の運動が行われている。林教授らはそれが長寿につながっているのではないかという仮説を立て、解析に当たったが、その仮説は外れる結果となった。

     林教授らは歌舞伎以外の伝統芸能で実施されている楽器演奏や発声、発話といった活動が長寿に好ましい結果を与えていた可能性があるとみており、今後の研究では伝統芸能での運動以外の活動が健康や寿命に当たる影響を考慮する必要があるとしている。

    論文情報:【Palgrave Communications】The influence of occupation on the longevity of Japanese traditional artists

  6. 【6057691】 投稿者: トップ10を国立大学が独占、東工大7位  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 14:11

    ◆ 日経HR就職力ランキング、トップ10を国立大学が独占
     総合1位「北海道大学」
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年6月4日


     株式会社日経HRと日本経済新聞社は、上場企業と有力非上場企業の人事担当者に、採用した学生から見た大学のイメージなどを聞く「企業の人事担当者から見た大学イメージ」調査を実施。ランキング総合1位は北海道大学となり、トップ20はほぼ国公立大学が占めた。

     調査では、全上場企業と一部有力未上場企業4814社(有効回答社数805社)に、2018年4月~2020年3月の2年間で新卒社員として採用実績のある大学を多い順に10校まで挙げてもらい、「学生のイメージ」と「大学の取り組みのイメージ」を聞いた。

     調査の結果、企業の人事担当者から最も評価の高かった大学は1位、北海道大学。続いて、2位横浜国立大学、3位名古屋大学、4位京都大学、5位東北大学、6位広島大学、7位東京工業大学、8位九州大学、9位筑波大学、10位大阪大学、同じく10位一橋大学。トップ10はすべて国立大学が占めた。また、上位20大学にランクインした私立大学は12位早稲田大学と15位慶應義塾大学の2校で、国公立の優位が目立つ結果となった。

    参考:【株式会社日経HR】企業の人事担当者から見た大学イメージ調査 『就職力ランキング 総合1位は北海道大学』上位を国公立が占める 

  7. 【6057693】 投稿者: 東大×阪大×東工大×九大×熊大×JAXA  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 14:14

    ◆月誕生の定説を覆す、月から流出する炭素を世界初観測 大阪大学など
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年5月14日




     大阪大学の横田勝一郎准教授・寺田健太郎教授らが率いる研究グループが、月周回衛星「かぐや」によって、月の表面全体から宇宙空間に流出する炭素を世界で初めて観測した。

     旧来の月誕生モデルである「巨大衝突説」では、原始地球に火星サイズの小惑星が衝突することで月の形成を説明している。このモデルによれば、衝突時の月は高温状態の火球となるため、月には水や炭素などの揮発性物質は存在しないと考えられてきた。

     しかし今回、本研究グループが、「かぐや」に搭載されたプラズマ質量分析装置の観測データから、太陽光によって光電離された月の脱ガス物質を調べたところ、月の表面全体から恒常的に炭素イオンが流出していることを発見した。流出量の見積もりから、その地域差(新しい年代の海からの流量が高地からの流量より大きい)も明らかになったといい、太陽風や宇宙塵から運ばれる炭素を考慮したとしても、やはり月に元々炭素が含有されていないと説明がつかない結果となったという。

     本研究による炭素の発見で、月が誕生時から炭素を含有していたことが強く示唆された。月の誕生について、揮発性物質を残らず蒸発させる従来の説(ドライ説)から、揮発性物質が残ることを許容する新しい考え方(ウェット説)への転換の大きな契機となると考えられる。

     また、JAXAの水星探査機ベピコロンボ/MIO(みお)や、火星衛星フォボス探査機Martian Moons eXploration(MMX)でも、「かぐや」と同じような質量分析装置による観測が予定されているという。水星や火星の月フォボスから流出するイオンを観測することができれば、各天体の起源や進化に迫る研究など太陽系科学への大きな貢献が期待される。

    論文情報:【Science Advances】KAGUYA observation of global emissions of indigenous carbon ions from the Moon

  8. 【6057696】 投稿者: 東工大、自然エネルギー 触媒技術  (ID:jMFmIsaX87A) 投稿日時:2020年 10月 17日 14:17

    ◆室温でも作動するアンモニア合成触媒の開発に東京工業大学が初めて成功
    大学ジャーナルオンライン編集部2020年5月13日



     50℃未満で水素と窒素からアンモニアを合成できる触媒を、東京工業大学のグループが初めて開発した。

     アンモニアは肥料として人口の70%の生命を支えており、その生産量は年間1億7千万トンに達する。しかし、原料となる水素は化石資源を燃やすことで得ており、CO2総排出量の3%を占める。

     そのため、CO2排出なしに、自然エネルギー発電によって水を電気分解してクリーンに水素を得る手法が考えられているが、従来の触媒では水素と窒素からアンモニアを合成するのに400℃程度の高温が必要となる。アンモニア生産に自然エネルギーの発電量の大半を費やすことになるため、水素生産に回せる電力が不足しかねない。

     そこで本研究では、低温でアンモニアを合成する触媒の開発に取り組み、低温でも電子を与える力が強いという性質をもつ「水素化フッ素化カルシウム(CaFH)」に着目した。CaFHとルテニウムナノ粒子の複合材触媒を開発したところ、50℃以下でもアンモニアを合成し、室温でさえ作動していることがわかった。それだけでなく、200℃でのアンモニア合成速度すら現在用いられている最高性能触媒の2倍を超えており、300℃を超える反応温度でも900時間以上アンモニア合成速度の低下なく作動し続けるという安定性も確認された。

     従来の触媒はいかなる改良を施しても100℃以下では全く作動しなかった一方で、100℃以下の室温でも作動する上、既存の触媒を凌駕する性能をもった触媒を生み出した本研究成果の意義は大きい。アンモニア生産の大幅な効率化はもちろん、自然エネルギーを使ったCO2排出ゼロのアンモニア生産へ道が開かれたと言えよう。

    論文情報:【nature communications】Solid solution for catalytic ammonia synthesis from nitrogen and hydrogen gases at 50 ℃

あわせてチェックしたい関連掲示板