最終更新:

1193
Comment

【6454513】九州大学って、微妙な立ち位置ですよね?東大京大一橋東工にはかなり及ばず、阪大東北大名古屋大北大早稲田慶應にも差をつけられていますよね?でも、旧帝大だし、難関大学ではあるんでしょうか?神戸大学とか横浜国立大学、明治大学よりは上でしょうか?よく分からないので教えていただきたいです。あと、九州大学の学部ではどの学部が一番上ですか?医学部?文系では法学部ですか?法学部は早稲田より上?よろしくお願いいたします。

投稿者: 千葉県   (ID:SD1UzbKR2Uc) 投稿日時:2021年 08月 23日 10:41

お願いいたします。
九州大学について、知りたいです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「大学受験情報に戻る」

現在のページ: 132 / 150

  1. 【6483524】 投稿者: 二俣川さんは  (ID:uPgc/hpBJc2) 投稿日時:2021年 09月 15日 16:49

    早稲田の教授ぶってるけど早稲田の卒業生じゃないんですよね?

  2. 【6483537】 投稿者: まあ、  (ID:sOnDhZC2Gbg) 投稿日時:2021年 09月 15日 17:03

    それぞれのケースもまた一面の事実であろう。しかし、それでも「好きな道」、「関心ある分野」がある。そのことでの苦労は覚悟のうえで、それでも好きな道であれば、会社員のような勤務後の居酒屋での楽しい飲食―愚痴や同僚・上司の噂話?―といった「楽しみ」を我慢し、一人カップラーメンをすすりつつ、節約したカネでもって購入した専門書を紐解く者もある。

    青春ドラマの主題歌であったいずみたくシンガーズ『帰らざる日のために』の次の部分で、私も励まされてきた。

    愛する人があるなら
    求めるものがあるなら
    何にも怖くはないさ、そいつが青春 ♪

  3. 【6483547】 投稿者: まあ  (ID:rSmBFpP5aCM) 投稿日時:2021年 09月 15日 17:19

    助教は雑用が多く、事務仕事も多く発生しますね。
    科研費はもちろん、他の研究助成のための資料作りやゼミ、研究の中間報告、学生の面倒まですべてやらねばならず、ハードです。
    しかもそれらは当然できることとして置いておかれ、結局は研究論文がボスの最終評価に繋がりますね。

  4. 【6483568】 投稿者: ロスジェネ世代  (ID:plx5sb.tlVU) 投稿日時:2021年 09月 15日 17:48

    ロスジェネ世代で大学院に行ったのはだいたい就職難を回避する為のモラトリアムだった
    修士課程が終わっても就職氷河期は終わらず、見切りをつけて就職活動をした人は非現役扱いされて学歴が全く評価されない就職戦線の現実を知る
    博士課程に進んだ者も、就職氷河期はますます厳しくなり不景気を理由に研究職が拡大することなく、団塊世代が再雇用再任用で労働力のダンピングをしながらその席を占有し続けた
    結果、研究職の給与はダンピングで低廉化し、その雇用形態も再雇用再任用で期限付き化した
    高度人材拡大というお題目でレールを引かれ誘導された先に活躍できる場はなく絵に描いた餅でしかなかったが、そうなることは目に見えていたので多くの人は大学院進学など無意味だと就職難にも負けず職につくことを選んだが、見る眼のない進学組は最もロスジェネ世代で割りを食う事になった

  5. 【6483641】 投稿者: そうだね  (ID:sOnDhZC2Gbg) 投稿日時:2021年 09月 15日 19:10

    私の周囲にも現在、地方私大にいるある先輩(女性)が、代筆や通訳等の雑巾がけ等の「ご奉公」をしてきたにも関わらず、先生が就職先開拓には冷淡だったと怒っている者がいる。

    また、なかには恩師の学説を踏襲しない者には就職先がない、とまで記す東大法学部系の先生(民法)もいて(但し、半世紀近く前の『民法を学ぶ』有斐閣)、その敷居の高さを感じさせられた。そういえば昔、同じ東大系の大塚仁教授(刑法)の学説が、その師であった団藤重光先生とほぼ同じであることにも思い至る。

    しかも、それは今も続いているようであり、私の専門とする分野の現東大教授の学説は、その恩師たる大先生とほぼ同じである。私もそうすべきであったと気がついたときには、時すでに遅しであった。そう考えると、少なくとも法学系は相対的に実力本位である司法試験の方が、はるかに気持ちがいい。

  6. 【6483658】 投稿者: たしかに  (ID:sOnDhZC2Gbg) 投稿日時:2021年 09月 15日 19:20

    >研究職の給与はダンピングで低廉化し、その雇用形態も再雇用再任用で期限付き化した

    私の知己である元横浜市大教授も、任期制導入に嫌気がさして、私大に転進した。また、私大Aから同Bに移動した教授も、A大時代は不愉快なことばかりだったと時々ぼやく。大学という世界も、やはり企業社会と似たようなところもありそうだ。もっとも、出勤週3日、長期休み、出退勤時間自由、副業自由、職場での職階ほとんどなし、さらに「学問の自由」に守られ、言いたい放題等々。やはり会社員とは比較にならぬ「地上の楽園(但し、専任の教授)」か。

  7. 【6483666】 投稿者: あなたも応募した?  (ID:JGWskIlw6zg) 投稿日時:2021年 09月 15日 19:26

    大学の法人化は、自分の研究費は自分で稼げという発想。
    文系の基礎研究は一番合っていない。
    若い研究者は、今後研究が継続できるかを考えるべき。
    以前聞いた話だが、田舎の小さな大学の文系の講師の募集に応募した人が3ケタいたとか。勿論募集講師1人に対して。
    あなたは中学高校教員に応募でしたよね?

  8. 【6483760】 投稿者: 海外  (ID:g6Be.v41zv.) 投稿日時:2021年 09月 15日 20:37

    英語力と研究能力があるなら、海外の大学に行ったほうがいい。

あわせてチェックしたい関連掲示板