最終更新:

642
Comment

【5462049】老後30年不足2000万

投稿者: おいおい   (ID:wUzyD2oPpk.) 投稿日時:2019年 06月 05日 14:41

年金65歳から受け取り95歳まで長生きしたら2000万不足とのこと。

そんなに長生きしたくない

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「お金に戻る」

現在のページ: 2 / 81

  1. 【5462402】 投稿者: 布石  (ID:M.4eASyM1cQ) 投稿日時:2019年 06月 05日 20:19

    重要なのは、「95歳まで長生きしたら」でも、「2000万不足」でもなく、政府が「年金だけでは足りない」と公にメッセージを出したこと。

    実際問題、2000万円では足りないだろう。

    今まででさえ民間試算では、「1人3000万円程度不足する」とあった。
    いよいよ政府が「年金だけでは不足」と認めたことから、これ以上の金額が必要となるだろう。

    住宅費、教育費、老後の資金、どこで貯めるか。

  2. 【5462406】 投稿者: つらいなぁ  (ID:qltWvDCwssQ) 投稿日時:2019年 06月 05日 20:24

    50代、60代で一発五千万位稼げる何かを見つけなきゃなぁ

  3. 【5462441】 投稿者: 問題は  (ID:Xx.01HbV3xw) 投稿日時:2019年 06月 05日 21:12

    長生きリスクもあるけど、
    健康寿命がどこまで保てるかだ。

    認知症にもならず、寝たきりにもならず。

  4. 【5462478】 投稿者: というか  (ID:i0i7OCjPQjY) 投稿日時:2019年 06月 05日 21:36

    認めたもの何も、
    年金だけで大丈夫なんて時代ありましたか。
    その昔は
    ねんきんせいと゛すらなかつたのた゛から。

    し゛し゛よと゛りよくはもともときほん。
    た゛から、
    おいてはこにしたか゛い、
    ちようなんふうふと
    と゛うきよしてたわけて゛。

  5. 【5462602】 投稿者: でも  (ID:LsV/nXig3AQ) 投稿日時:2019年 06月 05日 23:15

    昔は退職金平均も今より良かったようですし、右肩上がり、銀行にふつうに預けていても利息はたくさんついた時代。

    しかも定年後10年ぐらいの寿命なら、年金以外の退職金+貯金で十分すぎるぐらいだったのでしょうね。今は60歳以降30年の老後がある。

  6. 【5462617】 投稿者: ピーク  (ID:4VR7Oh4yF7U) 投稿日時:2019年 06月 05日 23:28

    人生100年時代と盛んに喧伝しているようですが、そろそろ寿命はピークでしょう。
    この先、アラカン層はAF2大量摂取層なので、70歳台になったらガンの発病率は極端に上がると思います。
    アラフィフ層もアラカン層に準じるでしょう。

    アラフォー層はバブル崩壊後の就職氷河期層で、ワーキングプア。お金がありません。経済的に豊かでない層は早めに老いるでしょう。

    アラサー層は、炭水化物ダイエットに真剣に取り組んでしまった層なので、早く老いるため、やはり早死に層の可能性が。味覚障害もあって、ロクなものを口にしていない層でもあります。

    団塊の世代が一番恵まれていた層でしたから、その層が鬼籍に入ると急激に平均寿命は下がってくる可能性があります。
    EDU層は皆さん長生きしたくないと騒ぎますが、大丈夫。長生きできません。

  7. 【5462644】 投稿者: 長生きすると思う  (ID:dhswK30eaU.) 投稿日時:2019年 06月 06日 00:11

    私は今より寿命は伸びると思います。
    少なくとも、短くなることはないでしょう。

    なぜなら、30年前、同じようなことを言われていました。寿命は今がピークで、環境汚染や添加物の摂取、現代人(当時の)の運動不足などから、寿命は短くなると。
    とんでもなかったです。

    そのうち、癌は殆どが血液検査のみで発見されるようになり、抗がん剤の進歩も著しい。
    寿命はまだ伸びますよ。

    ただし、健康寿命は僅かしか伸びないような気がします。最悪ですね。

  8. 【5462663】 投稿者: 余生  (ID:i0i7OCjPQjY) 投稿日時:2019年 06月 06日 00:40

    定年後10年くらいの寿命だったなら、余生は旅行をしたり楽しく遊んで暮らしましょう、と思えたかもしれませんが、
    30年となると、それをすべて余生として生きること自体に無理があるのでしょう。
    つまり、それだけ元気なんだから、働かないといけないです。

あわせてチェックしたい関連掲示板