最終更新:

2
Comment

【6103589】創業以来の大赤字

投稿者: ほえほえくま   (ID:LSBZH5cQYag) 投稿日時:2020年 11月 26日 12:25

朝日新聞が「創業以来の大赤字」年末の新聞屋さんの入会運動は偲ばれます
渡辺社長が来春退任となり、後継は中村副社長と示唆しているとのことです。
朝日新聞は貸しビル業の経営と多角経営をされています。
戦後土地の払い下げで多くの首都に土地が所有できたのもGHQ民生局の教えに従って、戦後のWGIPに加担されたからでしょう。
これから、審判は日本国民です。
どのような媒体の新聞社に変貌されるのか楽しみです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6103675】 投稿者: 唯一の尊敬すべき点  (ID:btvajkOFmjw) 投稿日時:2020年 11月 26日 14:20

    ここは、学費と生活費を請け負う新聞奨学生をいっぱい抱えているよね。
    この奨学生は年齢制限がなかったはず。そこは偉いと思う。

    だから、不動産業で回して、奨学生の面倒を見続けて欲しいから、頑張って存続して欲しい。

  2. 【6103733】 投稿者: 戦後  (ID:9IQAhJfi6Yk) 投稿日時:2020年 11月 26日 15:27

    この報道媒体が担った役目は日本の高度成長期に終えていたように思います。

    その後は傲りと惰性で新聞発行数のみ追求する媒体に成り下がったように思います。

    政権批判の媒体は必要です。
    しかし自ずからそのリミットは自覚しても良いはず。



    二俣川さん到着まで、あと、数分....?

あわせてチェックしたい関連掲示板