最終更新:

5
Comment

【4924871】ゴミの投棄はいつから

投稿者: フオーかす   (ID:uAUTtgDHTrU) 投稿日時:18年 03月 13日 10:52

https://www.youtube.com/watch?time_continue=21&v=KRx9om25H5Y

航空機の騒音対策や阪神淡路大震災を受けての避難場所確保という目的から、1970年代から1990年代にかけ、国は豊中市の協力のもとで土地の国有化を進めてきた。だが地主の方は当初の目的と違うかたちで土地が使われていることに、「裏切られた」と憤っているという。
「本来、そこに災害時の一時避難地としての役割も担う公園を建設するということを豊中市議会が平成11年(1999年)決議した土地で野田町も阪神淡路大震災で大きな被害を受け私たち住民は地域のため、被災者支援のためにと区画整理に応じあの土地から立ち退き多額のお金を投じて新たに住居を立てたのです。私自身、元の家の解体と今の家の建築に3000万円ものお金を使いました。全ては、地域のため、公園をつくるためにしたことです」
「あそこが公園になって、(住居の移転のため)お金を出した価値が戻るのであって、そうならないのなら、私たちにとっては損失ばかりです。」
「もう、私も年ですから、そう長くは生きられないでしょう。妻にも去年、先立たれました。あの土地が公園になって地域に残せてこそ、私も安心して逝けます」

「1960年代、私があの土地に家を建てた際、それまでは水田や畑でしたから、3メートルほど地面を掘ってコンクリートをしくなど基礎工事をしっかり行いましたが、その時もゴミなんか出てきませんでした。私たちが立ち退きする際、それまであった住宅は全て解体し、産廃業者が運んでいきました。立ち退き後も、土地はフェンスに囲まれ、関係者以外立ち入りできないようになっていました。私たちの新たな住居も、あの土地のすぐそばで、私たちは毎日のように、土地の状況を見続けてきました。
しかし、トラック4000台のゴミが運び込まれたり、そのために大きな穴を掘り返したりというようなことが行われている様子を、私たちは今まで見たことがありません」

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

  1. 【4924914】 投稿者: 騒音被害  (ID:xrbZUqsSqTw) 投稿日時:18年 03月 13日 11:23

    小学校用地だけでなく野田中央公園と豊中市の給食センターの3つの施設は伊丹空港の滑走路だった場所で騒音問題により空港特会(空港整備特別会計)を新設して退去費用を捻出した経緯があります

  2. 【4924965】 投稿者: 市役所職員  (ID:6RWzaE8IYEM) 投稿日時:18年 03月 13日 11:57

    平成21年(2009年)9月
    豊中市環境部
    廃 棄 物 対 策 室
    平成21年度
    (2009年度)
    ごあいさつ
    豊中市では,「第2次豊中市一般廃棄物処理基本計画(改定)」及びそ
    の実施計画である「第2次豊中市ごみ減量計画-へらそーや33プラン
    -(改定)」に基づき,ごみの発生抑制や再資源化の促進に向けて市民・
    事業者・行政の三者の協働で,ごみの分別収集をはじめとした様々な取
    り組みを進めてきました。
    また,行財政改革を進めるため平成 18 年(2006 年)10 月から粗大ご
    みの有料化を実施するとともに,収集運搬業務の見直しを行い,平成 19
    年度(2007 年度)から新たに市内南部地区の約10%について外部委託
    化を図り,市内全世帯の約30%を委託業者による収集としました。
    一方,豊中市から排出される一般廃棄物の中間処理を行っている「豊
    中市伊丹市クリーンランド」では,ごみ焼却施設の老朽化等により,「新
    ごみ処理施設整備計画」の策定に着手し,粗大ごみ,不燃ごみ及び資源
    化物を選別処理する「(仮称)リサイクルセンター」を平成 24 年度(2012
    年度)に,また平成 28 年度(2016 年度)には「新ごみ焼却施設」をそ
    れぞれ供用開始することが予定されています。これらの準備工事が平成
    20 年度(2008 年度)から着手されることから,豊中市廃棄物減量等推
    進審議会の意見具申とパブリックコメントを踏まえ,「今後のごみ分別
    収集の基本的な考え方について」をまとめました。これに基づき,平成
    24 年度(2012 年度)から取り組むこととしている,プラスチック製容
    器包装の全世帯収集,容器包装を除くプラスチック類の可燃ごみ収集
    (焼却処理),新たな資源化の取り組みとしての空き缶類の分別収集の
    実施に向けて,今後,収集計画や市民周知方法等の実施計画を策定し,
    市民・事業者の方々に啓発・周知活動を行ってまいります。
    また,「第2次豊中市ごみ減量計画-へらそーや33プラン-(改定)」
    に掲げる施策の進行管理を行うため,市民・事業者で構成する「ごみ減
    量推進協議会」において検討した「成果指標」と「モニター指標」に基
    づいて,平成 19 年度(2007 年)の事業実績から進行管理を行うことと
    し,平成 20 年度(2008 年)には,その結果を公表いたしました。
    平成 21 年度(2009 年)には、平成 24 年度を開始年度とする「第3次
    豊中市一般廃棄物処理基本計画」及びその実施計画である「第3次豊中
    市ごみ減量計画」の策定に着手いたします。
    この事業概要は,これまで実施してきたごみ減量施策の実施状況を中
    心に,廃棄物行政の基礎資料を取りまとめたものです。みなさまのご参
    考になれば幸いです。
    平成21年(2009 年)9月


    平成21年9月鳩山政権成立

  3. 【4925055】 投稿者: スルー  (ID:xY34qJP0uKs) 投稿日時:18年 03月 13日 12:54

    豊中市野田町の国有地(8,770 )売却をめぐる経緯(Adobe PDF) - htmlで見る
    www.minshin.or.jp/download/33420[削除しました]
    平成元年3月. 平成5年. 伊丹空港周辺に係る騒音対策区域の指定。 ※この間、住民の求めに応じて土地の買い入れを実施し、購入後は大阪航空局所有の行政財産として管理。 豊中市野田市周辺の騒音対策区域の解除。 行政財産から普通財産化。 平成 21年~. 平成24年. 土壌汚染(鉛・ヒ素)、廃材・コンクリートガラ等の地下埋設物が発覚。 ※大阪航空局において、地下構造物状況調査、土壌汚染状況調査を実施。 平成22 年. 3月. 豊中市が東隣土地 9,442 ㎡の国有地を14億2300万円で





    ごみ箱の中身を調べれば
    製造年月日がわかるね

  4. 【4925162】 投稿者: ゴミの不法投棄  (ID:dWj0/ij28IA) 投稿日時:18年 03月 13日 14:21

     夫が、自分の廃タイヤや粗大ごみを知り合いに「無料で処分してあげるよ。」と言われ、無料で始末してもらったと喜んでいます。

     「パパ、変だよ。廃タイヤはきちんと料金を払ってショップで処理。粗大ごみだって粗大ごみの日にシールを買って貼って出さないといけない決まりになっているでしょう。」

     と、私が行っても、

     「お前はまじめなんだな。」

     で、聞く耳持たずです。

     どうして無料で廃棄、といったことが出来るのか・・・分かりません。
     すみません、地域が違いましたね。

  5. 【4925492】 投稿者: 役人の埋設物鑑定  (ID:EothKVpUBuY) 投稿日時:18年 03月 13日 18:35

    その廃棄タイヤは別の場所に不法投棄され
    数年後 戦後まもなく違法投棄があった場所だと
    捏造されて産業廃棄物処理のために補助金が
    十億以上投入されるのかもしれませんね




    https://www.youtube.com/watch?v=jo3RFyca1vM&feature=youtu.be

あわせてチェックしたい関連掲示板