最終更新:

67
Comment

【1592669】実母との関係

投稿者: 40代主婦   (ID:8w1Ye.m78y6) 投稿日時:10年 01月 29日 14:01

私は44歳ですが、この年になって、いまだに母とのことで悩んでいます。(お恥ずかしい)
決して、虐待でも放任でも鬼のような母でもなく、世間一般には、「いい母」と言われるような
タイプで、外から見れば 今まで私たちは仲のいい親子と思われてきたでしょう。
実際には、そうしてきたと思います。
でも、子供の頃から母のことが重たくて重荷で、最近そうして ずっと たまっていたものが
きれてしまったような感じがします。

母は、精神的に自立しておらず、ずっと過保護、過干渉でした。
「あなたが心配だから」「あなたのため」と言って、何でも干渉されるのが 嫌でしたが、言えずに
きたところが あります。
姑と うまくいかず、いつもピリピリして気持ちに余裕がない人だったため、いつも私は親の顔色を見て
感情を抑えてきたと思います。
言いたいことも言わず、感情を抑圧し、顔色を見て、いつのまにか自分の意見が言えない子になって
いました。
母は価値観も狭く、自分の価値観以外は認めないので、だんだん私も争いをさけるように余計なことは
言わなくなりました。
私が 母の意に沿わないことをすると、不機嫌な顔になったり、嫌味を言ったりするんです。
小さい頃から、親にほめられたり認められることもなく、いつも否定されてきたと思います。
大人になっても、否定されてばかり。
何かしようとすると、足をひっぱったり邪魔をされる。
40歳前後くらいから、精神的に 息苦しくて 耐えられなくなってきました。

そんな時に、母に 「いとこの〇〇ちゃんは、△△大学(難関大学)を卒業して、キャリアウ-マンなのに、
あなたは ねえ~」と言われて、今まで我慢してきたものが、ぶちっと切れたのです。
私は 高校は進学校でしたが、そこで落ちこぼれて三流大学しか入れなかったのです。
でも、私は今は結婚して幸せに暮らしていると自分では思っていました。
母にとっては、なにげない一言だったのに、私は全否定されたように不快になり、その後、口をきいていません。
第一、40すぎた娘にそんなことを今更言っても、今から人生をやり直すわけにもいかないし、仕方ないこと
だと思うのです。
世間体ばかり気にして、見栄っ張りで、自分というものが ない人なんです。
主人は、「そんなことくらいで大人気ない。」って言うんですが、
子供の時から、肯定してもらえず、否定されてきたので、今までの不満が爆発してしまったのだと思います。
大人気ないって言われれば、そうなんですけどね。
母はいつも悪気はないんです。ただ、ネガテイブで、なんでも否定的に見てしまう性格で、意識せずとも
否定的な言葉ばかり出てきてしまうんです。
自分では、悪いとは思っておらず、自分は子供のために一生懸命な母親と思っているらしいですね。
でも、いつも否定されるのが、そろそろ限界なので、もう会いたくないというのが 今の気持ちです。
きっと、私のことを所有物だと思っているんでしょう。
干渉が嫌と何回も言いましたが「いくつになっても自分の子供は心配なのは当然でしょ。」と逆ギレ。
こちらが何を言っても聞く耳もたず。
思い込みが激しいので、自分の感情だけで行動するのです。
自立してほしいのですが、友人も趣味もなく、家にひきこもっているような人で、子供と孫しか興味が
なく、私にとっては ちょっと うっとおしいのです。
しばらく口をきいていませんが、こういう母とは どうやって付き合っていくのがいいのか、アドバイス
して頂けると嬉しいです。
これって、俗にいう、アダルトチルドレンにあてはまるんでしょうか?

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

「親子関係に戻る」

現在のページ: 9 / 9

  1. 【2226237】 投稿者: 私も  (ID:aj.zv.7/4zE) 投稿日時:11年 08月 04日 15:31

    妹と二人姉妹です。
    実家に住んでいた頃は母は私をよく思っておらず、
    放任のくせに免許取得、進学、男女交際、大事な事は全て
    急に横から口を出してきました。しかも丸一日二日説教し続けたり
    変な宗教に傾倒したり、母の実家・つまりは私の祖母と祖父の
    面倒だけはやたらみたがり、その恩着せがましさに母の兄弟は
    疎遠になっています。とにかく、普通には暮らせない家でした。
    妹には良い母親だったと思います。けんかはほとんどなく、
    おだやかでした。そんな妹が定職のない人とできちゃった婚。
    そこから立場の逆転が始まりました。私は今は良い顔していますが、
    内心親の面倒はこれっぽちもみる気はありません。これから
    金銭・身体さまざまなことで困る事があると思います。
    一切の面倒をみない。
    これからが私の復讐のはじまりです。
    ここに書くときりがありませんが、母の自分勝手にさんざ付き合わされてきました。
    自分の生き方の総決算だと気づいてもらいたいです。
    「仲間に入れて」さん、自分にとって何が大事か、しっかり考えた方がいいですよ。
    そういうお姉さんやお母さんに、常識は通りませんから。
    常識の通らない人に普通に接すると、あなたがどんなに頑張っても頑張った分だけ
    あなたがすり減ったり、家族が離散しますよ。
    肉親といえど、疫病神そのものです。

  2. 【2235307】 投稿者: 牡丹雪  (ID:ieXCtBRfBfM) 投稿日時:11年 08月 13日 23:02

    皆さんと同じように、親や兄弟、親戚との関係にずっと悩んできました。
    親族間の争いの絶えない、幼い頃から気の休まる暇のない家庭でした。
    とにかくもう、嫌で嫌で。そして、嫌と思う自分を責めて。
    三十代も終わりが見えてきて、やっと最近ふっ切れたように思います。
    大切なものは今の自分の家族。このささやかな幸せを脅かす存在とは、
    距離を置くべきだと考え始めました。
    こちらからの連絡は、余程の事が無い限りはしないことにしました。
    そうする事で親族から大変な非難を浴びるのは分かっています。
    でも、決めました。
    今後親も歳をとっていき、もっと頼ってくるでしょう。そして、兄弟は
    これまでもそうしてきたように、都合の良い言い訳を親戚中に声高らかに
    唱え、私に押し付けようとすることでしょう。
    娘ならば同居して最期まで面倒を見るべきだというのが親の考えですが、
    断固拒否します。
    金銭面では協力しなくてはならないと思いますが、共に最期までなんて、
    考えられません。

  3. 【4457271】 投稿者: 三次元を愛する酔いどれさん。  (ID:z5cW79zjamM) 投稿日時:17年 02月 18日 04:08

    酔いどれさんも母親の顔色に毎日ビクビクしついる、33歳です。
    トピ主様の記事を酔いながらでありますか、目の当たりにし、酔いどれさん母と比較し、似たような事が多々あり、涙が出て来ました。
    酔いどれさんは、婚約者に近い相棒は居ますが。結婚はおろか、子供もいないのです。

    年下&未婚な酔いどれさんには、アドバイスは、無理かもしれませんが、トピ主様とお子様に酔いどれさんが、三次元(成恵〇世界より)からの受け売りですが幸せ魔法かくます。

    まずは、トピ主様に、エントロピー(トピ主様を思ってギュッ~と抱き締める(●´ω`●))
    トピ主様の大切な、お子さんや旦那様にエントロピー(お子様や旦那様を…以下略)

    三次元から学びました。
    言葉よりも母親が、子供を抱きしめる大切。
    訳の分からぬ言葉でも、大切な人だけの魔法の言葉。
    無理して掛けてもらう言葉よりも、上手く良い所悪い所一変に言えないから。
    抱きしめる行為の安心感。

    酔いどれさんも感じたかった。
    トピ主様はどうでしょうか?

    酔いどれさんは、トピ主様の痛みや辛さが分からないから、でも母親で悩んでいる同士、せめてトピ主様家庭が幸せになりまりますように。
    幸せの、魔法エントロピーを掛けさてください。

    以上。酔っぱらい♀にお付き合いくださり、ありがとうございました。
    酔いどれさんの戯言を聞いてくださった方、全ての家族が、幸せになりますよう…エントロピー!!心にとどめてくだされば幸いです。

  4. 【4551888】 投稿者: ややや  (ID:hhvxgOdqQx6) 投稿日時:17年 04月 26日 15:05

    私も悩んでいる者です。自分のことのようによくわかります。
    いまは4か月ほど距離を置いています。積み重なったものもあってそのようにしていたんですが、そのうち私が母の悪口を言っていると言われ実家に夫ともども呼び出され、自分が恥ずかしい思いした、いろんなことに出られなくなったから私の過去のこと(男関係か?デキの悪さか?)を爆弾発言と称して夫や子供たちに言って家庭をこわしてもいいと思ってる!!と罵倒されました。
    18年前に父が亡くなってから折に触れ、「あんたは旦那も子供もいていいかもしれないけど」とか実家のこと、夫の実家のこと、住んでいる地区の行事ごとなど体がいくつあっても足りなかったのに「あんたたちなんてどこにいっても信用のない、根無し草みたいなもんや」と言われ続けていましたが、本当に私に嫉妬し家庭を築き上げているのがおもしろくなかったのだと改めて思いました。
     母は、父が亡くなってからというもの、精神世界的なこと・宇宙からのメッセージやら光やらそういうものに傾倒して不安な自分自身を保っているようでしたが、徐々に何か万能的な自分と勘違いしてきてしまい私たちに助言や説教じみたこともしばしばありましたが、結局は人を罵倒する道具だったのかと思うと薄っぺらい教えだったのだなと思います。何事も本人の解釈次第なんですけど。
    かわいそうだとおもいつつも、許せないのが本音です。でも自分たちの生活のほうが大事なので、夫婦間も子育ても大事にしたいと思います。

あわせてチェックしたい関連掲示板