最終更新:

426
Comment

【6567075】難婚未婚晩婚化する日本について

投稿者: 結婚適齢期   (ID:D9rt1Q8hJHQ) 投稿日時:2021年 11月 24日 16:43

いよいよ31歳になった息子がおります、静かに待ちの姿勢で期待しているのですが一向にその話がありません。個人差もあるのでしょうが、いやはや大変な難婚社会となりました。

この半世紀で結婚数や出生数が半減しています。結婚適齢期の男女の9割が結婚を望んでいるというのに、かってのようにお節介おばさんや紹介してくれる上司がいなくなり、自ら能動的に活動出来ないみなさんは厳しくなりました。

結果、少子化の最大原因となっています。適齢期の若者そのものの減少も相まって、このままでは日本は消滅?、我が家も消滅、婚活や男女交際の不得手な者はどうしたら良いんでしょうね、やれやれです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「ほのぼの親子に戻る」

現在のページ: 12 / 54

  1. 【6569306】 投稿者: 長い目  (ID:oYUYisbv5rk) 投稿日時:2021年 11月 26日 12:48

    長い目で見たら微妙というか子だくさんの方が案外日本の為のでは?
    その代で完全に終わりと、その後も続いていくことで大きな違いがあるので
    まさかカースト制のように貧乏なうちの子はその後もずっと貧乏とでも決めつけてしまうの?
    それちょっとまずいんじゃないの?

    それより生活保護子沢山家庭と自分や自分の子供を比較するかな?
    そこまで下げてエデュで語る?

  2. 【6569310】 投稿者: とにかく  (ID:OWRBSLswgoA) 投稿日時:2021年 11月 26日 12:50

    貧しい親の子供でも日本人の消費者には、なるから

    日本人が減ると公用語が中国語に
    なって学校給食も老人ホームの食事も中華料理ばかり?

    やだなーとは思います

  3. 【6569320】 投稿者: ベーシックインカム  (ID:oKEIfZgO9bw) 投稿日時:2021年 11月 26日 12:59

    生活保護や年金ではなく、ベーシックインカムにすればいいんだと思います。

    生活保護は、実は不平等で、本来受けるべき人が受け取り手続きをしていないなど、問題があります。
    年金も、高齢者を若者が支えるという仕組み自体が、現代には合わないものになっています。

    旧主的な考え方をする方には、「働かざる者食うべからず」の発想がありますが、実際には無能な労働者は邪魔なだけなので、早いうちにAIにとって代わってもらって、働いて意味がある者だけが働く(ベーシックインカムに加えて給与を受け取る)ようにした方が、どれだけ効率がいいかわかりません。

    ベーシックインカムだけをもらっている人は、「働かざる者」に見えますが、実際には「消費」という仕事をしていることになり、それによって、経済を回す役割があるのです。
    どうしてもベーシックインカムに反感がある方もいると思うので、全部ポイント制でもいいかもしれません。
    ベーシックインカムポイントにして、毎年リセットされるようにすれば、貯めておくこともできず、しっかり全額消費するしかありません。

  4. 【6569323】 投稿者: 母の年齢40歳以上  (ID:vb3MdRVqu3g) 投稿日時:2021年 11月 26日 13:00

    出生数の4%。
    多いのか、不妊治療の成果なのか。

  5. 【6569326】 投稿者: 横ですが  (ID:iJ5/N.9rjco) 投稿日時:2021年 11月 26日 13:03

    横で失礼いたします。


    50歳での未婚率も増加の一途ですが、無子率と言うものも同様に増加しています。

    男性の生涯無子率は現在3割との事、2035年には4割を超えるとの試算も。

    2035年には独身が人口の5割になり、3割の男性、2割の女性が生涯未婚。
    4割の男性、3割の女性が無子のまま生涯を終えるようになるとの事。

    出生率の回復は喫緊の課題だったにも拘わらず抜本的改革に至らず。

    出生率を回復させた国々における出生率回復の要因のひとつとして、結婚しないまま子供を産むことが社会的に認知されている点があります。
    未婚率は主要国でも上がってきていますが、出生率は日本ほど下がってはいません。
    それは婚外子の割合が多いためです。
    婚外子が50%を超える欧州に比べ、日本は2%台のようです。

    日本も嫡出子、非嫡出子の別を撤廃し、事実婚を含む家族構築方法の多用性を論じなければならない時が来ているように思います。

    人生の伴侶の在り方に選択肢が増えれば若い世代にとって少しは楽な人生設計も可能なように思います。


    少し横でした。
    ごめんなさい。

  6. 【6569340】 投稿者: 長い目  (ID:oYUYisbv5rk) 投稿日時:2021年 11月 26日 13:11

    嵐が次々と結婚したのもお相手の方はみんな40目前
    やっぱり出産を考えたギリギリ最後の年齢の目安なのかも
    ただその年代だとやっぱり一人しか無理ですよね。
    あのくらい余裕がある方々が沢山生んでくれるとありがたいのですがね。

  7. 【6569394】 投稿者: 結婚適齢期  (ID:D9rt1Q8hJHQ) 投稿日時:2021年 11月 26日 13:47

    結婚受難話題から社会問題へと展開したようです。まあ関連がないことはないけど、無能な国民はDeleteですか怖いです。ベーシックインカムって何でしょう?

    例えば全ての20歳以上に20万円支給するとしたら、250兆円は超えるでしょう、消費税を上げますか。最低限の保障があるなら勤労意欲が・・、また年金の方が多い方もいると思います、非現実的だと思います。

    高度成長期には給与が右肩上がりで、夫は仕事妻は専業主婦と役割が明確でしたが、今は夫婦共働きが当たり前、もし夫の収入が十分なら今の女性は専業主婦を選択するでしょうか?

  8. 【6569457】 投稿者: 案外と  (ID:Cr94M.4sPtI) 投稿日時:2021年 11月 26日 14:34

    >もし夫の収入が十分なら今の女性は専業主婦を選択するでしょうか?


    個人的には 能力ある女性の活用、男性同様に働きたい女性を支持した結果が今だと思っていましたが、案外と「働きたくて働いているわけではない」「夫の収入が十分なら主婦に専念したい」と言った声も聞こえてきますよね。

あわせてチェックしたい関連掲示板