最終更新:

452
Comment

【5973192】憲法改正へ - 専守防衛の目的を見据えて

投稿者: 日本国民   (ID:M4A2Q4MOYfE) 投稿日時:2020年 08月 06日 20:02

>「敵基地攻撃」首相に提言、自民検討チーム ミサイル防衛、議論本格化

日本を取り巻く仮想敵対国の武力による攻撃能力が、経済力発展と技術発展もあり、戦後格段に増強されたことで、ただ国内に責められてから必要最小限の抵抗をする従来通りの専守防衛のための武力の保持では、国民を守ることは到底出来ない状況となっています。

そこで、集団的自衛による防衛を可能としました。これは上記の脅威の条件が変わったので、それに対応する専守防衛の中身をアップデートしたということで、現憲法下の解釈で成り立ちます。

しかし、いよいよ仮想敵国が日本へのICBLや潜水艦からの核弾頭発射が可能な攻撃能力を持つことが現実となり大きな脅威となりつつある今、この攻撃の兆候に対しては相手の攻撃基地を壊滅させる武力を保持しなければ、日本の立場は完全な弱者となり相手を抑止することは出来ません。

世界情勢の変化の中で、日本国の安全保障体制を見直さなければなりません。
憲法9条の改正についても議論が必要です。
目的は、脅威から国民を守ることです。
関心を持って語りましょう!

      

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「ニュースに戻る」

現在のページ: 46 / 57

  1. 【6161390】 投稿者: 博士  (ID:12AqIggENWU) 投稿日時:2021年 01月 16日 18:35

    自衛隊の存在を肯定する人の中にも子供を持つ方はたくさんいると思いますよ。
    拡張的な国家の前には、残念ながら十分な軍事力が必要です。十分な軍事力を背景に、毅然と外交を展開することが重要なのです。

  2. 【6161646】 投稿者: 有識者  (ID:LH82BdE5HEQ) 投稿日時:2021年 01月 16日 21:59

    ヘルマン・ゲーリングの言葉
    「もちろん、一般市民は戦争を望んでいない。貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足で戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。当然、普通の市民は戦争が嫌いだ。ロシア人だろうと、イギリス人だろうと、アメリカ人だろうと、その点についてはドイツ人だろうと同じだ。それはわかっている。しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。」
    「それはそれで結構だが、意見を言おうと言うまいと、国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」 


    >拡張的な国家の前には、残念ながら十分な軍事力が必要です。

    見事に国の指導者の術中に嵌まった残念な人ですね。
    ヘルマンゲーリングは70年以上も前に国民を戦争に向かわせる簡単な方法を語っていたのです。
    歴史から学ぶことは大切ですね。
    憲法は絶対に変えてはならないと思います。

  3. 【6161936】 投稿者: 国防は独立国家の基本  (ID:59yT0folYr6) 投稿日時:2021年 01月 17日 03:50

    80年前の日本だけを悪者にし、逆に言えば80年間戦争をせずにいる日本を疑い、今、現在の中共の侵略政策には目をつぶるのは歴史どころか何も学んでいないのと同じ。日本が悪いと刷り込まれた戦後教育のたまもの。

    唯一ナチスの侵攻を許さなかった永世中立国のスイスはどこよりも武装国家ですが? 非武装中立なんて理想論。だからお花畑といわれるんです。

  4. 【6162631】 投稿者: 博士  (ID:1qyLQsCQ3NU) 投稿日時:2021年 01月 17日 15:22

    中国や北朝鮮は現実的な安全保障上の脅威です。
    軍事力を手放せば平和が訪れるというのはあまりにも非現実な設定だと思います。
    拡張国家がその態度を改めない限り、それに対抗できる軍事力は必要です。
    9条2項は速やかに改正すべきです。

  5. 【6162921】 投稿者: 有識者  (ID:dDMqYBAvr7c) 投稿日時:2021年 01月 17日 17:54

    >中国や北朝鮮は現実的な安全保障上の脅威です。

    少しでもそのように感じたなら、ヘルマンゲーリングの言葉を思い出しててください。
    なぜアベ政権でJアラートを鳴らしたのか、その意味を考えていただきたいのです。
    憲法9条は変えてはならないのです

  6. 【6163180】 投稿者: 博士  (ID:JoGGKR2iNm.) 投稿日時:2021年 01月 17日 21:21

    繰り返しになりますが、中国や北朝鮮は現実的な脅威であり、そこから目を背けるのは極めて危険だと思います。
    9条2項は憲法上の失策です。速やかに改正して軍隊保持を明記すべきです。

  7. 【6163871】 投稿者: 有識者  (ID:ga/WDwlxFMs) 投稿日時:2021年 01月 18日 13:33

    ヘルマンゲーリングの言葉通り、中国や北朝鮮の脅威は初めから無いということです。
    どんだけ国の指導者に騙されれば気が済むのですか?
    脳内お花畑では国は守れないのです。
    憲法9条は変えてはならないのです。
    現実を見ろ、と言いたいです。

  8. 【6163905】 投稿者: 博士  (ID:JoGGKR2iNm.) 投稿日時:2021年 01月 18日 13:58

    中国や北朝鮮の脅威は現実のものです。中国は現に尖閣を公言し拡張的な行動を続けています。
    そろそろ現実から目を背けるのはやめた方がよいと思います。
    9条2項は改正すべきです。安全保障は、過度な楽観論で語ることは極めて危険です。

あわせてチェックしたい関連掲示板