最終更新:

2
Comment

【6892344】重症患者が少ないのに死亡者が多い新型コロナウイルス

投稿者: ルール   (ID:MRLhVWJUfUg) 投稿日時:2022年 08月 15日 09:47

重症ゼロなのに、なぜか「死者6人」の県…原因は「厚労省ルール」か
2022/02/01 11:54
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220131-OYT1T50245/
一部抜粋
厚生労働省が定める死者の集計方法のルールに、その原因があるとみられる。厚労省の担当者は、現在の死者数の集計について、こう見解を述べた。
現在、コロナの死者数の数え方は「感染者が療養中・入院中に亡くなった場合」が基準だ。かつては「死者」の定義があいまいで、「明らかに死因がコロナでない人」を死者として計上するかどうか自治体ごとに対応が異なっていた。

対策として厚労省は2020年6月18日付で現在の集計方法に統一した。
仮に死因が老衰や他の病気だったとしても、事前の検査で感染が明らかになっていた場合は「コロナの死者」として数えることになった。

死者数の統計の意味合いをさらに分かりにくくしているのが、厚労省が「亡くなった後の検査で陽性が判明した人」も死者に数えるよう推奨している点だ。

「全国的な感染状況を把握するため」というのが理由だが、医療機関では全ての死者を検査することは人員的にも難しい。

〈1〉発熱や呼吸困難などコロナに起因する可能性がある症状を持つ人
〈2〉同居の家族らに陽性者がいる人――のいずれかに該当する人について、亡くなった後に検査を行っている。

感染力が強い変異株「オミクロン株」が流行している現状では、検査するほど陽性者が出る確率は高くなり、「コロナの死者」も増えることになる。

 県感染症対策センター(県CDC)の関係者は「現状の死者数は、オミクロン株が主流の今の感染状況を表す指標としてはミスリードになる可能性がある。厚労省に問題点を伝えようと考えている」と話す。


がん患者で死亡しても家族にコロナ陽性がいたら検査されてします。
ご遺体に鞭を打つような検査を強いる。それが死亡者を増やす。
亡くなった人間のそのウイルスは死滅したウイルスなのか、生きているウイルスなのか、今の検査では不明である。たまたま空気中に浮遊する死滅したウイルスが粘膜についていたらコロナ陽性、まともな葬式もあげられない。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6893719】 投稿者: 葬儀屋  (ID:U8Q1FyeNJK6) 投稿日時:2022年 08月 16日 05:12

    今 火葬場は順番待ち

  2. 【6893929】 投稿者: 23区  (ID:wgkGBE8eNJw) 投稿日時:2022年 08月 16日 08:14

    都内の葬儀屋に中国資本が介在しているとSNSで言っていました。

あわせてチェックしたい関連掲示板