最終更新:

42
Comment

【5357756】ゴマキ…………何でもアリですね

投稿者: アパ   (ID:ANzAcoTbTKs) 投稿日時:2019年 03月 13日 21:01

ゴマキ、幼子おいて浮気して、でも、夫はそれでもゴマキが好きなんだね、、、許すなんて、、

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「働く母に戻る」

現在のページ: 5 / 6

  1. 【5359859】 投稿者: マイルドヤンキーの末路  (ID:fIyNwiGE.nA) 投稿日時:2019年 03月 15日 07:17

    類い稀なる容姿(反論はあるでしょうがアイドルで売れるレベル)を全然人生に活かすことができなかったのですね。
    あの見た目で中身がせめて十人並なら、賢くて立派なお金持ちと結婚して人も羨む生活がいくらでもできたのに。
    若い時期を汚い大人に消費されて終わっただけ。

  2. 【5360035】 投稿者: もったいない  (ID:NthaZZjFywk) 投稿日時:2019年 03月 15日 09:24

    色んな意味で頭がよろしくないんでしょうね。
    だって、高部あいは前科ありでも弁護士と結婚したし、里田まいなんて言わずもがな。

  3. 【5360060】 投稿者: 単に  (ID:PuKE6adgK9U) 投稿日時:2019年 03月 15日 09:42

    男運が悪い気がする。
    不倫相手しかり、元夫しかり。

    絶対に「芸能人と付き合ってる自分」に価値を見出すから。

    やっぱり付き合うのは同業者との方が良かったのかも。
    だって一般人でも結局暴露されて、プライバシーは切り売りされる時代だし。

  4. 【5360102】 投稿者: 結婚  (ID:I2/jXrrTXSs) 投稿日時:2019年 03月 15日 10:06

    こんなに全く驚かないニュースも珍しい。
    あ、やっぱりという印象しかないです(不倫も、DV云々も)。

    ゴマキの結婚は、ゴマキの方が彼にゾッコンで…とどこかで見ました。
    男性側から寄って来たというか、もともと弟の友達だか後輩だかで、ゴマキの実家に出入りしてた人ですよね。
    ゴマキもデビュー前は…だったそうなので、まぁ、お仲間ですよね。

    夫は仕事しているのかしら。
    以前は鳶職だったらしいけど。
    ゴマキから言い寄られて結婚して、ゴマキの収入で生活も安泰。
    たとえ不倫されても、今の生活を手放すことはできないでしょう。
    ゴマキにコメントを発表させたのは、不倫裁判を有利にするため?
    あるいは、ゴマキと離婚することになってもその原因はゴマキ側にある、と証拠を残すため?

    勉強ができなくても元ヤンでも'頭の良い人'は一定数いて、木下優樹菜はそちらのタイプ。
    ゴマキは…。
    その違いは大きい。

  5. 【5360238】 投稿者: そうかな  (ID:qZZGXz2iq2w) 投稿日時:2019年 03月 15日 11:57

    >男運が悪い気がする。

    違う違う。
    自分がそういう男選んでるんだから。

  6. 【5360669】 投稿者: なぜだろう  (ID:l7U/qg.U7..) 投稿日時:2019年 03月 15日 16:36

    ベッキーはあれだけ叩かれまくったのに、ゴマキは擁護すらある
    妻子持ちの相手で独身ベッキーがまずかったのは確かだけど、幼子が2人いるゴマキがママタレしながら不倫って、即終了位のインパクトありそうだけど、世間は甘い様子

    反省してます、っていうポーズだけでここまで分かれるものかな
    裁判起こされて発覚しているわけで、裁判しなかったら隠し通せてたところ、夫はそれを許さず、社会的制裁を与えているんだよね
    ゴマキに同情が集まるって、なんだかなぁと思う

  7. 【5361630】 投稿者: 致命傷  (ID:ey/zsgOE7bI) 投稿日時:2019年 03月 16日 09:57

    ゴマキってさ、CMやってないよね。
    対して稼いでない印象だから、同情される。
    ベッキーは稼いでたし、
    友達で通す!!だっけ、素直に謝らなかったのが致命傷。

  8. 【5361955】 投稿者: やはり10代の過ごし方は大切  (ID:rCob44m9dl.) 投稿日時:2019年 03月 16日 13:25

    学ぶべきときに学べず、大人になる。家庭でしっかりとしつけがされていればいざ知らず、また本人に知性があればいざ知らず、そのどちらもない場合、幸せになれない見本ですね。運の悪さもあるけど、可愛そうに思う。これからも、許してくれた夫からのDVに耐えながら、もう逃げ道はない。公的機関に相談する知恵も持ち合わせてないでしょう。

あわせてチェックしたい関連掲示板