最終更新:

102
Comment

【6386275】夫婦別姓また駄目でしたね

投稿者: 働く母   (ID:VnIUkDc2y/Q) 投稿日時:2021年 06月 24日 12:54

最高裁、女性が不利と言いつつ合憲に。
娘が結婚するまでには別姓が選択できるようにして欲しいです。

昨日も勤務先の管理職の情報共有連絡で、
「○△花子さん(通称)が2021年6月から○△花子さんに改姓されました。資格、海外出張書類、給与保険年金関係等、部署ごとに遅滞ない手続きをお願いします。」と連絡がありました。

花子さんの夫には痛くも痒くもない結婚離婚ですが、花子さんの方は情報共有連絡されるこの理不尽。花子さん、特許もあるし海外出張も多いし、資格もあるし、はっきりいって面倒、と迷惑がられることを恐縮して謝ってました。何も悪くないのに。

娘世代の標準は、一生共働きで、子供も育てて。その上別姓さえ選べないなんて。結婚離婚の改姓負担の96%が女性って、時代にそぐわなさすぎ。かといって、出産退職でもしようもんなら、離婚後にまともな仕事がない。その上、次の相手が虐待したら「母親がだらしなくて愚か」と罵られる。(私も内心、次の男の虐待が悲惨な事件を見ると、女性に対して虐待男に依存するほど収入がないなら、出産するなよ、情けない、と思ってしまいます。)

いい加減、このアホで男性中心で女性には全く利点のない制度をやめて欲しい。男女が正社員共働きでないと暮らせない国になったのだから、男女が等しく扱われるべきだし、困難でも出産してくれる働く女性を困らせる一切の制度を廃棄すべきだと思います。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「働く母に戻る」

現在のページ: 3 / 13

  1. 【6386531】 投稿者: 憲法改正  (ID:Qo2bM55kq.g) 投稿日時:2021年 06月 24日 17:47

    中国、韓国は夫婦別姓のようですね。
    日本は、夫婦同姓と憲法で決まっているのですか?
    それなら、憲法改正しなければいけないのですが
    そうすると、9条がーと言い出すのでしょうね。

  2. 【6386546】 投稿者: 民法  (ID:B7vPm6uOqlM) 投稿日時:2021年 06月 24日 18:12

    憲法改正さんは外国の方ですか?

    日本の憲法ではそのような規定はありません。

  3. 【6386550】 投稿者: あの、  (ID:fOck5sad9bQ) 投稿日時:2021年 06月 24日 18:17

    前千葉県知事の森田健作さんも公文書はすべて鈴木栄治(本名)でした。もちろんほとんどの県民は本名を知らなかったと思います。タレントや政治家などの有名人は使い分けるので一つじゃなくても何とかなっていますよ。

    ただ、一般人はもう選択権があってもいいですよね。未だに男系男子にこだわっている方々と同じ感覚なんでしょうね。

  4. 【6386561】 投稿者: 働く母  (ID:.x0Lmr7v41I) 投稿日時:2021年 06月 24日 18:32

    公的年金の加入者が払う年金保険料と釣り合うように年金が減る仕組みになっていることで、シミュレーションよりも10年早いスピードで国民年金の年金額を調整(減額)する必要が出ます。シミュレーションでは年89万人の出生数が続くと仮定していたのが、もう78万人で絶望感が漂います。

    10年早いということは、まだまだ団塊の世代など、今の70歳前後のボリュームゾーンが亡くならないうちに、年金保険料の収入見通しが悪化します。2050年が最悪と言われていたのですが、10年ぐらい早まるということです。

    今の子供世代は、男でも女でも自分の老後は自分で確立するために働き続ける必要があります。大学教授や弁護士や医師は、ある意味で特権階級で、そういう女性には自由があるでしょう。しかし、それだけでなく普通の会社員とか公務員でも堂々と別姓を選択できる社会が望ましいと思います。

  5. 【6386591】 投稿者: どうだろうか  (ID:AN/vCmYT.ik) 投稿日時:2021年 06月 24日 19:00

    >判決は妥当かなと思います。これは立法の責任ですから。

    私はそうは考えない。それでは裁判所は「憲法の番人」とは言えまい。いったい何のために憲法は、司法府に違憲立法審査権を付与したのであろうか。
    しかも、かつて最高裁は尊属殺を重く罰する刑法200条を違憲であると判示した。それを受けて、以降捜査機関も尊属殺人事件につき同条の適用を控え、普通殺人罪で以て立件、公訴を提起するようになった(その後、国会で同条削除)。
    このように、司法府がその権限を行使して行政府や立法府をリードしたとの先例もあるのである。

    なお付言するに、当該判決につき尊属殺重罰規定刑法200条は、身分制道徳の見地から旧家族制度的倫理感に立脚したものであり、個人の尊厳と人格価値の平等を立脚点とする民主主義の理念と違背するから違憲だ、との優れた意見を東大法学部教授から最高裁判事に就任した田中二郎博士が述べている。その観点は、本件裁判にも通じるものであった。

    ちなみに、今回夫婦同姓制度を違憲と判示した宇賀克也

  6. 【6386594】 投稿者: 続き  (ID:AN/vCmYT.ik) 投稿日時:2021年 06月 24日 19:03

    (宇賀克也)裁判官は、その田中先生の孫弟子に当たる前東大教授である。
    研究者なら当然の判断ながらも、あらためて敬意を表したい。

  7. 【6386621】 投稿者: N  (ID:XMPH8xJLisU) 投稿日時:2021年 06月 24日 19:34

    旧姓と芸名を一緒に論じるのは、ちょっと違うかな。
    森田健作氏はタレントとしての知名度を利用していただけなので
    逆に本名で勝負せんかいと思う。

    それにしても女性議員は旧姓で活動している方も多く、
    絶対変えたいと思っているはずなのに、そんなに重鎮には逆らえないものなんですかね。
    寝返った方もいらっしゃいますし。

  8. 【6386629】 投稿者: 教えて  (ID:uN.UcmsxeiE) 投稿日時:2021年 06月 24日 19:40

    それと下流老女とはどう結びつくのでしょう?
    必死すぎてお気の毒に思えてしまう。

あわせてチェックしたい関連掲示板