最終更新:

4
Comment

【3019599】部活との両立

投稿者: クラリネット   (ID:PurczERSUSw) 投稿日時:2013年 06月 27日 14:33

できれば都立トップ校を狙っています。しかし活動の多い部活に入部した為
毎日、くたくたで塾に行く暇もありません! しかも3年の秋までしっかり部活があり、
実際それからの通塾で受験勉強が間に合うのか心配です。今1年ですが、進研ゼミのみです。
きっとできる子はしっかり両立できるのでしょうが、何か勉強のこつや、家庭でのサポート
などアドバイスいただけたらと思います。宜しくお願い致します。
(因みに夏休みも毎日朝から夕方までびっちりです!!!)

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【3019667】 投稿者: くわのみ  (ID:jl4lg5p7Ojk) 投稿日時:2013年 06月 27日 15:43

    部活にしっかり取り組むのも中学時代の大切なことだと思います。ぜひ頑張ってくださいね。

    具体的には、たぶんその状況だと塾に通うのは難しいでしょうから、せめて3年生になるまでは今取り組んでいる通信教育でしっかり自分なりの勉強をしておく必要がありますね。
    うちの子は、二年生の終わりまでZ会の通信をやっていて、3年生から塾に通いました。都立の上位高ねらいでした。
    ご存知と思いますが、たいていの塾では学校の進度より少し先を行っています。学校の進度の通りに勉強を進めていたのでは、塾に途中から入るのは大変です。うちの子もそれは心配していて、三年生から塾に入るために通信でも先取りをできないかと考えていました。
    そこで、Z会に相談して、英国数については中高一貫校の子向けのコースを取ってやっていくことにしました。二年生の終わりには三年生の範囲も終わっている計算でした。
    進研ゼミのことはわからないのですが、同じような方法があるのではないかと思います。コールセンターに相談してみてはいかがでしょう。

    あとは・・・学校の定期テストなどではしっかり点を取っていくように、毎回手を抜かないようにしましょう。どの教科も毎回の授業に真剣に取り組み、問題はその日のうちに学校で解決・理解する努力を。そうすれば帰宅後の負担が軽くなります。テスト前も見直し程度で済みます。
    適度に緊張感を持って毎日を過ごすこと。
    大変ですが、時にはゆるっとしたいこともあるでしょうししてもいいと思いますが、苦労した分だけ達成した喜びも大きいですよ。
    一度しかない中学校時代、ぜひ有意義に過ごしてくださいね。がんばって!

  2. 【3019709】 投稿者: 進研ゼミでした  (ID:qm4ISEEmNsY) 投稿日時:2013年 06月 27日 16:45

    土日も試合や練習があり
    勝ち残ることが多かったので
    定期テスト期間でも部活はありました。

    中三も都大会まであったので塾には行けず
    進研ゼミを利用して都立トップを受験しました。

    中一の時には
    充分な睡眠時間を確保するように言いました。
    バランスの摂れた食事を本人も私も心掛けました。

    個人面談では授業の集中は凄いと必ず言われました。
    家に帰るとクタクタなので
    家では勉強したくなかったようで
    宿題が出そうなところを察して
    授業内でやれるようにしたり
    休み時間を利用してこなしていたそうです。

    オンオフの切り換えを身につけられるように
    たくさん遊んで勉強するようにも言いました。

  3. 【3019739】 投稿者: 部活&生徒会  (ID:hSqUog8D0GU) 投稿日時:2013年 06月 27日 17:16

    部活どころか生徒会までやっていたような生徒が、とても時間の使い方がうまかったりしましたよ。
    時間がない→時間をうまく使う必要に迫られる→効率のいい勉強ができるようになる。
    そういうこともあるようです。
    でも、中1の今の時期は部活でくたくたになるのは当然。
    秋ぐらいになってくると慣れてくるのが普通ですから、それまでは部活メインで考えておいてもいいでしょう。

  4. 【3020097】 投稿者: クラリネット  (ID:PurczERSUSw) 投稿日時:2013年 06月 27日 21:41

    くわのみ様、進研ゼミでした様、部活&生徒会様
     今、子供と一緒に改めて読ませていただきました!
    心強いアドバイス本当にありがとうございます! 
    毎回の授業を手を抜かない オン オフ の切り替え 効率のよい時間の使い方
    早速メモしていました! 親の私も焦らず、サポートしながら見守りたいと思います!
    ありがとうございました!

あわせてチェックしたい関連掲示板