最終更新:

16
Comment

【4305062】桐光学園の生徒として客観的に分析して

投稿者: 21(中入生高1女子SAクラス)   (ID:4L3VtbY5lfs) 投稿日時:2016年 10月 30日 17:31

桐光学園は偏差値の幅がとても激しく、上は75から下は30くらいまでいます。(駿台全国模試参照)
実際、先生達も底上げはしようとはしていません。
ただ勉強を積極的にしてSAやαに入ることが出来ればいい先生もつけてくれます。
ネットで悪く評価している人は見捨てられた人ではないでしょうか?
部活も入らなくてはいけないわけではないですし気楽です。
多分、一番の取り柄は自分が変わっていると自覚している事です。
うちの生徒と合わなければ話さない事をお勧めします。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【4838978】 投稿者: 行かせて良かったです。  (ID:JFV6QtbTXxA) 投稿日時:2018年 01月 16日 23:22

    とにかく面倒見が良いです。先生が中1から高3まで持ち上がりなので、生徒との距離感が縮まります。どの学校でもそうですが、自分でも気付いてしっかり勉強する生徒とヤル気がない生徒と分かれてしまうのは当然です。そのヤル気がない生徒にも課題を与えたり、提出物を出すよう、きちんと促してくれます。決して見放したりする事はしませんが、本当に聞く耳すら持たない生徒はどこに行っても厳しいですよね。先生の全員が魔法使いのような金八先生ではありませんから。うちも当にヤル気がない方で、高1までは下から70位辺りでしたが、先生の熱意が伝ったせいか、遅かれ高2から目覚め、猛勉強して私立ながら何とか医学部に合格出来ました。その時に、最後までしっかり付き合ってくれた先生が何人もいました。特に作文すらまともに書けなかった息子に小論文の添削をとことん細かい部分まで教えて頂き、本当に力がつきました。この場を借りてお礼を言わせて頂きます。

あわせてチェックしたい関連掲示板