最終更新:

15
Comment

【3137034】女子美付属からの大学他受験について

投稿者: 小5母   (ID:xZDYFqSHu9k) 投稿日時:2013年 10月 06日 20:09

はじめまして。
女子美付属から他美大を受けることにあたってご質問です。
女子美の授業を受けながら、他美大を受けることはそれほどまでに難しいことなのでしょうか。

先日、女子美の見学にいってまいりました。
生徒さんに学舎を案内してもらい、
いきいきとした生徒さんの姿に感動いたしました。

親としても授業の楽しさがつたわり関心するとともに
子どもも行きたい気持ちを強めたようです。
美術授業のカリキュラムも、高校生までにやっていただける内容として
満足のいくものでした。

一抹の不安は女子美の先は女子美以外選択肢がなくなる傾向にあること。
親の私も美術関係にたずさわってきたものですが
美大とよばれる中で、女子美の評判が良くないことは周知かと存じます。

ただ、授業の内容をきいたり、実際に生徒さんから話を伺うと
なぜここまでカリキュラムを組んでもらえるお子さん達が女子美にとどまるのか。
やる気のあるお子さんなら他美大を受けることはそう難しくない実力が養われるのではないかと思うのですが
通用しないものなのだろうかと疑問を持ちました。

他受験におけるハードルは付属ならではの囲い面が大きいのでしょうか。
私自身、別の学校ですが付属出身で、
付属以外の大学に進み難くなる雰囲気は想像できます。

こちらの学校の中で、
在学中に子どもが楽しく過ごせそうだという思いは大きくなったものの、
美大に進むのであれば女子美以外の他美大も視野にいれてほしいのが正直なところです。

高校生になってから女子美大行きを希望しない場合
どこまで衝突しなければならないのかが気になっております。


在学、卒業生さんの親御様からのご意見がございましたら
ぜひ参考にさせてください。
よろしくお願いいたします。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【3137113】 投稿者: Nike  (ID:pHfS8yYa2p6) 投稿日時:2013年 10月 06日 21:33

    【3012783】美大卒の奥様、お仕事されていますか?
    という 女子美を羨ましがる声も上がっており、
    必ずしも受験時代のヒエラルキーのまま生涯終わるわけではないと思います。


    女子美生は "特に絵などに根を詰めなくてもいい"恵まれた環境要因があるため、
    他美大受験者が少ないのではないでしょうか? 

  2. 【3137641】 投稿者: とっとと  (ID:qwC0a/8u/mY) 投稿日時:2013年 10月 07日 11:52

    率直に申し上げますと、付属からの他校の大学の選択枠は厳しいです。相当優秀な人は別ですが。
    私は高校は他の学校で大学を受験して女子美を卒業しましたが、私には学校が楽しくて夏休みも先生や先輩の製作の手伝いをしたり、もちろん自分の製作をしたり、かけがえのない充実した時間でした。
    ただ女子美の付属出身者のなかには、校風が合わないでいやいや学校に通う人や、他校の美大のなかには毛嫌いする人も多いのは事実です。
    大事なのはお嬢さんが校風に合ってるかどうか?
    ちなみに女性が芸大や他の美大に進学して作家になるより、女子美卒の作家が多く活躍をしているのは女子を対象に教育をしている唯一の学校だからです。頑張る生徒にはとても協力してくれます。また
    作家を強く希望しているならおすすめします。
    最後に私の娘が進学を希望していたら、迷わず大学からの進学をすすめます。かなり個性の強い学校なので。

  3. 【3138166】 投稿者: まほろば  (ID:h8lsK1Lvi6w) 投稿日時:2013年 10月 07日 21:25

    お母様が美術館系のお仕事をされていたのならご存知だとは思いますが
    企業の中では女子美は美大としての扱いよりも
    総合大学の美術学科卒の様な扱いです。

    美術って
    負の意識がないと いいものが出来ないんですよ。
    中学から与えられた美術課題をこなすだけの美術教育では
    出来上がって来るものが違うのです。
    つまり花嫁修行のようなもの。だからどうしても扱いが低いんですね。

    上の方がおっしゃっているように
    >>>女子美生は "特に絵などに根を詰めなくてもいい
    "恵まれた環境要因があるため、>>>
    と、ありますが、おっしゃるとおり女子美生は
    物を作ることに飢えていたり
    自分の才能のなさに嘆き苦しんだり、、
    そういう世界とは程遠くにあるような気がします。

    作家には誰でもなれるんです。仮に美大なんて出ていなくても。
    自分の好きなものだけ作っていればいいんですから。
    旦那さんのお給料で生活はやって行けて
    その傍らの作家活動なんて作家ではなく趣味。

    本当に作家として食べて行くことが出来、
    きちんと才能を認めてくれてパトロン(Hな意味じゃないですよ、
    作家活動を支えてくれる個人なり企業なり)を付けることが出来たり。
    あるいは企業の中で
    人と調和を取りながら求められているものを自分の感性とせめぎ合って
    しかも予算のなかで120%にして
    出すことが出来る、そういった事がとても大事なんです。

    親御さんにしたら、
    女子美に入れておいたら安心ですよ。
    美術をやっている綺麗な娘さん。として育っていきますから。
    変に自己主張が強くて理解不能にとんがっちゃう芸大、ムサタマ生より
    ずっと受けがいい。
    その程度の美術なら女子美で10年間、、。で、いいのでは?


    でも、
    中学、高校時代は美術以外の引き出しをいっぱい作って
    どんどんどんどん溜め込むんです。
    感性豊かな若い時のインプットがノウハウを身につけた時に
    溢れるように出てきますから。
    地方のそこそこのレベルの進学校あたりからドロップアウトして
    負の遺産抱えて入学して来る生徒ばかりですよ。
    その負のプライドが大きなエネルギーになるんです。

    中学高校と女子美で学ぶと
    女子美色がついちゃって
    どこの美大も入れてくれません。
    素人には
    どこが違うのか分からないでしょうけれど
    色 って、あるんですよ。
    それでも女子美がいいのなら
    大学からで十分じゃないでしょうか。
    普通に高2あたりから
    美術予備校行っていれば受かりますから。
    入学してみたら
    中学から女子美の生徒と大差ないですよ。

  4. 【3138245】 投稿者: めざし  (ID:tseyvfER2xg) 投稿日時:2013年 10月 07日 22:16

    くだんのスレッドでは女子美卒がうらやましがられていたわけではなくて

    >>作家には誰でもなれるんです。仮に美大なんて出ていなくても。
    自分の好きなものだけ作っていればいいんですから。
    旦那さんのお給料で生活はやって行けて
    その傍らの作家活動なんて作家ではなく趣味。

    と言うような恵まれた環境で優雅に個展など開けるような恵まれた育ちの人たちが行くところ、という、ある意味皮肉なのでしょう

    私は短大ムサ美デザイン科でしたが(大昔)女子美付属から来ている子はクラスにけっこういました。
    裕福そうで堂々としていて遊び慣れている印象でした。

    >>
    >>>女子美生は "特に絵などに根を詰めなくてもいい
    "恵まれた環境要因があるため、>>>
    と、ありますが、おっしゃるとおり女子美生は
    物を作ることに飢えていたり
    自分の才能のなさに嘆き苦しんだり、、
    そういう世界とは程遠くにあるような気がします。

    たしかに。はたして美術を好きな趣味として続けていけるのは、幸せなのか、不幸なのか。

  5. 【3138401】 投稿者: Nike  (ID:pHfS8yYa2p6) 投稿日時:2013年 10月 08日 02:45

    旦那さま、ご両親様の気持ちを考えれば、趣味で美術を続ける心の余裕は
    家族の幸せの象徴では?

    そういう私は 実は女子美にご縁がなく、ムサタマ出身。
    でも、
    お見合い力、人間力、日常における良識・バランス感覚では 
    中高からの女子美出身者の方には全く頭が上がりません!

    (大学からの女子美の方も お見合い勝者であることは自明)

  6. 【3138614】 投稿者: 高校から行きましたが  (ID:9VdWewuyPdY) 投稿日時:2013年 10月 08日 09:48

    中学のカリキュラムを知らないので何とも言えませんがたぶん美術の時間が多いでしょう?
    女子美は女子美でしか通用しないので他大に出るのは大変なのです。

    最初から他大に出ることを想定しるなら女子美で中高過ごすことが邪魔になってしまうかも。
    授業は恐ろしく簡単だし、放課後は遊び歩いている人が多いです。
    もともとお勉強が好きではない人が集まっているので
    勉強で苦労しないシステムの学校生活を聞けばパラダイスと答えます。

    でもたぶん親は、勉強があまり好きじゃない子なら一つくらい教養として芸術を身につけておくといいかも
    と思うのでしょう。偏差値が低くてもどことなく見栄えがするし。
    しかし特殊な学校なので「今が良ければ」で決めずに、将来を見据えて選択してください。
    そして選択する場合は慎重に。

  7. 【3183594】 投稿者: あおい  (ID:5iXtML5E3Ws) 投稿日時:2013年 11月 21日 21:32

    「女子美の評価が良くない」という意見は質問者の一方的な思い込みです。「多摩美」や「武蔵美」の評価が良いという話も聞いたことがありません(聞いたことありますか?)。誰がそんなことを言ったのでしょうか? 理解に苦しみます。

    画壇で「女子美術大学」の名を知らない人は存在しません。美術関係のことをしている人なら、なおさらその事実を知っているはずです。

    女子美付属校へ進学する生徒は親も含め垂直的な進学形態を好むので他大へ進学する人は少数(全体の1割以下)です。そのための付属校ですから。付属から他学へ行くつもりなら初めから付属校へは進学しません。付属校の意味がありませんから。

    女子美でも女子校へ進学してみたら女子だけの世界に疲れたとか、大学部に希望学科(例えば映像学科)がないという理由で他大へ進学する付属生はいますが「女子美の評価が良くない」という理由で他大へ進学する生徒は1人もいません。女子美は「超」の付く有名美大です。有名でなければ100年以上も女子だけの私立の美術学校なんて存在できません。

    社会全体が二年制短大から四年制学部へ移行していることや、男女別学から共学校への移行、社会に出ても男性の前で物怖じしない女性像を求める親が多いのは事実です。それゆえに共学校への進学を希望する親が多い中で「女子だけの美術学校」というマイナーな存在であることを女子美の歴代の校長は全員認めています。それでも定員割れせず入試倍率は1倍を超えている現状は、女子美に魅力を感じる生徒と親が多いからと分析しています。それでも「女子美の評価が良くない」部分にこだわるなら、それは個人の好みなので何も言えません。学校も何も対処できません。世の中にはチョコレートが嫌いで納豆が好きな人もいますのでそれとおなじレべルの話です。

あわせてチェックしたい関連掲示板