最終更新:

41
Comment

【1348008】桐蔭学園という学校 

投稿者: 受験初心者    (ID:QW9T46IzrVQ) 投稿日時:2009年 06月 29日 16:47

桐蔭学園

ブログ最新記事

新入生対象にクラブ紹介...

14日のロングホームルームの時間を利用して,在校生による新入生対象のクラブ紹介...続きを読む

小学校5年生男子で中受を目指す子がいます。

桐蔭学園という学校がいまひとつわかりません(わかりにくい)
1.中等学校と男子部とはまったく違うもの別ものなのか? 学生数・カリキュラムも含めて、中等は少数精鋭のように見え校側の期待のようなものが伺えるのですが
2.部活が男子部と合同とのことですが、生徒間での軋轢のようなものはないのでしょうか?
3.同じ敷地内ですが使用施設は共用でしょうか? 
4.先生方は兼任はあるのでしょうか?
5.小学校からの進学組みは 学園・中等どちらに進学してくるのでしょうか? 
6.学内の試験(実力テスト) は学園・中等と分けられているのでしょうか? 

私たち親の時代には、桐蔭=進学校だけど文武分担というイメージがあったのですが息子が受験する年になり、世間から凋落の評判がありますが中等と学園はまったく別ものと割り切れるだけのものがあるのでしょうか? 
入試では3回で特待生を選ぶとのことですが、実際に進学して上位にいる生徒は3回入試のいわゆる御三家あたりと併願してきたお子さんなのでしょうか? 

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【1348127】 投稿者: 中等保護者  (ID:Iq2lENbaPJ2) 投稿日時:2009年 06月 29日 18:27

    私の知っている限りのお答をいたします。
    1、別学校です。中等は160人くらい(学年によってちがう)
    2、中学のみ一緒にやります。事情は学校から聞いたのではないので記載しませんが、学校に質問されたらわかると思います。
      ここからは体験した事実、息子の部活では、もちろん仲良く高めあえる子もいますが、ネクタイの色で中等とか分かるようにしているため、いろいろな感情を持つお子さんもいました。中等のが少ないため、男子部が多勢で男子部の話はわからないし心からの一体化は無理では・・・
    また、授業終了時間や行事など違うので、練習への参加の時間のトラブルもあったような・・・
    後期課程からはまったく別で、ほんとうにやりやすいです。
    中等から、部活に力を入れたいと理数を受けるお子さんもいました。

    3、施設は供用です、時間で分けたりしてますね。

    4、先生が男子部兼任かは知りません。

    5、小学部も試験で分けられるようです。



    6、同じ問題もあるし、中等数学、中等英語と別にもやります。
    成績分析が細かくされ、上位者の名前がでます。
    後期6年になると中等と理数の志望校別の上位者でクラス分けされます。



    中等は新設ですから、これから実績が定着すると思います。
    鵜川さんも期待していた4期の実績を祈っています。







       

  2. 【1348166】 投稿者: 中等前期保護者  (ID:UNRfBzFDa5o) 投稿日時:2009年 06月 29日 19:11

    中等保護者の方が詳しく回答してくださっていますので、少しだけ補足します。


    中等前期(1-3年)に通っている息子の話では、部活以外は、別の学校という印象だそうです(時間割、カリキュラムなどが全て別のため)。でも体育祭や文化祭の行事は、同じ学園として一緒に行われます。


    4.基本的に別だと思いますが、科目によっては、中等αクラスの先生が男子部のαクラスも兼ねている、というような場合もあるようです。


    5.小学部の生徒さんも2月1日に内部生試験を受け、その成績と本人の希望によって中等と中学に分けられます。


    6.中間考査、期末考査は中等・中学それぞれのレッスンクラス別のテスト問題のようです。順位はそのクラス内の順位ということになります。

    一方、年に2回ある校内実力テストでは、基本的に中学・中等で共通です(科目によっては異なる場合もあるのかも・・・)。 このときは中学・中等・女子部も合わせてトップ何名かの順位が発表されます。


    中等のトップクラスには、相当出来るお子さんがいらっしゃるようです。塾の説明会でも「桐蔭は成績の幅が広いので(最低レベルを示す)偏差値は低いけれど、入学後に伸ばしてくれることを知っている保護者も多いので、“うちは○成が駄目なら桐蔭に行かせます”ときっぱりおっしゃる保護者も毎年必ずいらっしゃいます」と言われました。
    確かに人数が多いので成績にも幅がありますが、そこはレッスンクラス別できめ細かく対応してもらえるので、ご心配はいりません。


    以上、ご参考になれば幸いです。

  3. 【1348244】 投稿者: 受験初心者  (ID:QW9T46IzrVQ) 投稿日時:2009年 06月 29日 20:39

    お返事ありがとうございました。

    中学(学園ではなく中学というのですね)と中等は別学校という位置づけのようですね。ネクタイの色で区別されているとは知りませんでした。 

    レッスン別クラスというのは、中等だと何段階に分かれるのでしょうか? 中等は少人数なのでさほど学力的な差があるようには思えないのですが・・ それともレッスン別は後期になってからなのでしょうか? また英語が進んでいる(帰国子女など)生徒に対応するクラスはあるのでしょうか? 

    ここの掲示板を見ると入学してみてよかったという声が多いので中等に非常に興味を持ちました。ただ、同じ敷地に別の学校が存在するというほかにはないスタイルに居心地の悪さや軋轢のようなものがあることが心配です。なんたって10倍近く生徒数が違いますから・・
     

  4. 【1348365】 投稿者: 中等後期保護者  (ID:Iq2lENbaPJ2) 投稿日時:2009年 06月 29日 22:06

    レッスンクラスは前期も後期も4段階です。
    中等160人のレベルには、たぶんまだ差があると思います。
    今はまだ上2クラスくらいと、理数科の上位でAゾーン大学をねらう感じでしょうか?(私的な意見です、根拠はありません)
    帰国の特別クラスはうちの学年にはありません。
    中等はやる気のある真面目なお子さんばかりです。

    正直、敷地が別で、まったく切り離した小規模校にしたら人気は出ると、個人的に思います。
    いらぬトラブルがおきません。

    以前は3日目入試で入った子がレベルを上げていましたが、
    今年からの中等特待生は、かなり魅力あると思います。
    学校も考えましたね。
    いずれにせよ、4期勝負、思惑どうりの実績が出たら、認知されます。

  5. 【1348489】 投稿者: 中等前期保護者  (ID:UNRfBzFDa5o) 投稿日時:2009年 06月 29日 23:56

    帰国生は英語だけ別クラスで進んだ授業をやっているようです。


    レッスン別クラスは理系科目は1年生からありますよ。確か4クラスに分かれていたと思います。中等1学年が4クラスなので、ちょうど1クラス分ずつくらいに分かれるのかな・・・。年に数回レッスン分けテストがあります。


    中等と従来中学の軋轢については正直よく分かりませんが、学校として、中等 vs. 中学、という構図の競争意識を持たせる場面はありませんし、むしろそれぞれの中で、レッスンクラスを上がろうと頑張っている、という感じではないかと思います。また校内実力テストの順位表を見ると、中学の生徒さんの中にも頑張って上位に食い込んでいるお子さんもいらっしゃいますので、中等に入ったからといって胡坐をかいているわけには参りません(苦笑)。良い意味で切磋琢磨しあう存在なのかも知れませんね。

  6. 【1348809】 投稿者: ご参考に・・・  (ID:NMAIkSv82D2) 投稿日時:2009年 06月 30日 10:10

    中学部保護者です。
    我が家は残念ながら中等には合格をいただけず
    中学部に通っております。こんな保護者の意見でも
    何かのご参考になるかと出てまいりました。


    我が家も中等と従来型中学については、
    やはりそれなりに多少の軋轢はあるのでは
    と心配して入学しましたが
    ふたを開けてみたらそれは全くの杞憂でした。
    入ってみたら、中等、中学どちらにも違う良さがあることがわかり
    どちらでも上を目指せるし、どちらにいても気を抜けない事が
    わかるからです。


    一定の学力以上の比較的均質な小規模な集団で
    落ち着いてしっかり勉強に身を入れたいというお子さんには
    中等が良いでしょう。
    もっと大きなプールで、ダイナミックな人間関係の中で
    色々経験したいというお子さんには中学の方が
    面白いかもしれません。(我が家はどうやらこれでした。)
    従来型中学には、将来間違いなくプロ選手?のような
    オーラを持ったスポーツエリートもいたり
    まあ勉強は大したことないけど
    はちゃめちゃに面白い個性の生徒がいたり
    まあ桐蔭は人種のるつぼで面白いようです。


    勉強に関しては、中等で同じ仲間と6年一貫というのもありですし
    従来型で頑張って、高校で桐蔭の理数科に進むという進路があり
    そうなると中等と遜色が無いですし
    むしろAll Toinの優秀層と、外部受験の優秀な生徒さんと
    切磋琢磨しながら大学受験を目指せるという
    オプションがあるからです。
    中学時点では全国大会レベルの部活に打ち込み
    高校進学からじょじょに勉強にシフトしていきたいという
    子供にはこちらがあっています。


    息子は部活で中等の生徒さんとも仲良くしていますが
    話を聞いていると、やはり勉強の進度はとても速く
    部活との両立で挫折せざるを得ない場合も多いので
    従来の方が良かったかな・・・
    とつぶやく生徒さんもいるようです。
    (もちろん中等で頑張る生徒さんもいます。)


    中等と従来があったり、従来の生徒には理数科進学があったり
    レッスンクラス制も数系と英語で別だったり
    外からは本当にわかりにくいと思いますが
    中に入って色々経験してみると、非常に良く考えられており
    うまいシステムだなと思います。
    つまり、自分の子供が勉強がしたい!と目覚めたときに
    いくらでも挽回ができるシステムなんですね。
    あと、桐蔭には最下位のレッスンクラスから始めても
    大学受験で東大に入りました!のような話がごろごろしていて
    下位クラスの子供でもやる気さえあれば伸ばしてくれる
    先生方がたくさんいるんですね。
    (実際、下位クラスに良い先生が配置されている気がします。)
    どこにいてもちゃんと次に挽回するチャンスがある、
    絶望する必要も投げやりになる必要もないというのは
    本当に大きいです。


    登山に例えると、いくつかの登山ルートが良いされていて
    最短ルートで行きたい子、色々道草しながらゆっくり行きたい子
    ポイントポイントで加速したい子、
    それぞれの子供が自分にあった登山ルートを選べる感じでしょうか。
    そして、どのルートからでも常に頂上を見る事ができるので
    割と高いモチベーションを保つことができるようです。


    中等にも従来にもそれぞれの良さがあると思います。
    生徒もそれぞれの違いがわかっていて、どちらにいても
    上がっていける希望が担保されているので
    不必要な軋轢はあまり無いと思います。
    というか、入学してみると、桐蔭での生活は滅茶苦茶忙しく
    自分の勉強と部活の両立で精一杯になるので
    人と比較したり、余計なことを考えている時間は
    なくなるというのもあるかもしれません。


    どなたかも書かれていましたが、
    桐蔭には実力テストというものがあり
    これは中等、男子、女子全員参加で同じ問題を解いて
    全桐蔭の同学年でばっちり順位が出てきます。
    どこに在籍していようと、これで上位に入れば
    間違いなく実力がついている証拠ですし
    逆に下位に落ちてしまうと、自分は中等だからと
    あぐらをかいているわけにいかなくなります。


    中等残念組の我が家ののんびり息子も、一度実力テストで
    上位に入ったことがあり、とても喜んでいました。
    親としても、従来型である程度余裕をもって部活しながら
    実テで桐蔭全体での位置づけを知ることもできる、というのは
    本当にありがたいシステムだと思っています。


    中学受験時点での偏差値がかなり違うので
    中等の親御さんの中には中学部と一緒になるのを
    心配される親御さんがいますが
    そんな心配はすぐに解消すると思います。
    従来の生徒さんの活動のダイナミックさや
    学力面での追い上げにもご注目いただければと思います。
    どちらにしても、こんな学校があったかと思うほど
    色々な面で凄い学校です。

  7. 【1349082】 投稿者: 現状  (ID:D/IVO04mFMw) 投稿日時:2009年 06月 30日 14:20

    中等特待生は、かなり魅力あると思います。
    →今年から特待生導入しましたが、おそらく特待生getし、入学してくる生徒は
     たぶん特待とる生徒は聖光・栄光・駒東・浅野に合格してるでしょうから、せいぜい5人程度
     しか進学者はいないでしょう。
     男子も女子も神奈川御三家合格した子にとって、ここの1年間程度の特待は魅力になりません。

    ○成が駄目なら桐蔭に行かせます
    →10~20年前、桐蔭が3桁東大合格していた時代の話。
     いまはこんな人いないよ。
     

あわせてチェックしたい関連掲示板