最終更新:

989
Comment

【6350409】海外を、見据えた子育て

投稿者: 悩み中の父   (ID:nPXauVtLJ.6) 投稿日時:2021年 05月 24日 18:11

かなりバクっとした質問になりますが海外も視野に入れているないし、すでに海外にいらっしゃる方もいるかと思いますのでご相談させてください。
将来的に成長性の観点から米国をはじめとした海外を拠点として、子供には活躍してほしいと思っており、そこに向けてどのような準備をしたらいいのか、親はどのような環境を与えればいいのかについて特に小学校の観点でまずは教えていただかないでしょうか。今の自分のプランとしては、現状通わせているバイリンガル幼児園で英語に対する課題感をなくすところまでは決めているのですが、その後インターなのか公立なのか、私立なのか私立なら大学まで一貫が、それとも中学受験特化型かについて考えあぐねております。
ただ、治安と、教育レベルの観点から高校くらいまでは日本にいて、大学ないし大学院から海外かなと思っています。なお、世帯年収は2000万円程度、都内在住、親は純ジャパで海外留学歴等はなし、強いて言うなら研究で論文を読みまくっていたのでtoeic900程度くらいあるイメージです。でも喋れない。。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「帰国子女小学校受験に戻る」

現在のページ: 124 / 124

  1. 【7442488】 投稿者: 友  (ID:.Aa8cVo8B5M) 投稿日時:2024年 04月 04日 11:02

    評定取りやすいのはいいですが、
    6年間は子供の人格形成に大切な時期でもあるかと思います。

    偏差値がお子様にあった水準で高い方が、知的水準が高く、努力できる子が多く、共通点も多くなり、劣等感によるいじめも少なく、長くつきあえるより良い仲間に出会えると思うのですが、その辺りは割り切ってお考えになられたのでしょうか。

    いい悪いではなく、いろんな考え方や実際の経験を知りたく、おしえていただけると幸いです。

  2. 【7443534】 投稿者: 以前投稿した結果  (ID:cf3uX7uu0FU) 投稿日時:2024年 04月 05日 17:22

    (偏差値がお子様にあった水準で高い方が、知的水準が高く、努力できる子が多く、共通点も多くなり、劣等感によるいじめも少なく、長くつきあえるより良い仲間に出会えると思う)

    私も上記意見に同意します。
    ただし我が家の場合、海外大学を最終目標にしていましたのでGPAを高くすることを最優先しました。
    中学受験当時は、そのまま暁秀中学高校でIB コースに進むのか、広尾学園や三田国際等も選択肢にありました。
    IBはDPの最終スコアで足切りされるので高スコアは難しいと感じ選択肢から外しました。

    国際併願も出来る可能性を残したいかつ帰国生入試が出来ることから文杉DDコースを選びました。
    当時は広尾学園はAP の科目数も少なかったこと、三田国際もW A U のDDはなかったので資格が取得出来ることが魅力でした。
    大学受験にあたり早稲田国際教養学部の合格者データを調べると、IELTSで7.0、GPAは4.5以上が目安であることがわかりました。
    入学後の学内競争を優位にすることが目標達成に向け最善の方法であるとの結論に至ったのです。
    さらにBC州のカリキュラムは本人が申し出れば試験を複数回受けることが出来るので、1度思うような点数が取れなくてもスコアを上げるチャンスがあることも魅力でした。
    おかげさまで目標数値を大きく上回り、奨学金のオファーもあり戦略は成功しました。

  3. 【7457552】 投稿者: 私も聞きたい  (ID:EKecgF.iMEc) 投稿日時:2024年 04月 24日 09:19

    興味深い問いをありがとうございます。私もぜひ経験のある方に広くお話を伺いたいです。

    我が家は国内の一条校に中受で入学しました。海外大学への進学者も多い学校です。

    受験に際して偏差値はあまり重視せず、特色のある校風に惹かれて今の学校を選びました。

    本人のGPAは申し分ありません。しかし、学友とはいわゆるノリが合わず、一生お付き合いできる仲間に出会えそうにないことを、親としては残念に思っています。

    本人は先生方を尊敬しており、「学校は授業を受ける場と割り切るよ」と申していますが、そう割り切るにしても6年は長いです。

    周囲にいまいち馴染めない理由は、まさに周囲に努力できる子が少ないこと、知的水準が合わず共通の話題がないことです。

    塾に通っており、そちらでのお友達の方が、学校のお友達よりずっと気が合うようです。皆さん錚々たる進学校に通っているため、本人も「やっぱり偏差値で学校を選べば良かったのかな」と申しています。

    私自身、高校の友達とは将来の夢を語り合って影響を受けたこともあり、いくらGPAが良くても、このまま今の学校でよいのか?と悩みます。

  4. 【7471559】 投稿者: 新米インター父  (ID:Zg/n2EMT3Og) 投稿日時:2024年 05月 15日 16:34

    このスレッド大変興味深いです。ちょっと前のCRISPR-cas9さんの投稿には考えさせられました。
    うちも世帯収入・教育計画/方針・親のバックグラウンドなどスレ主さんと似た感じのようですので、今後もアップデート期待しています!
    うちの子はプレスクール→8月から某老舗インター幼稚園に入ることになったばかりで、まだ将来のことを考えるのは早いですが、お金のやりくり、子供の興味に応じて学校外で学ばせる方法、将来の留学など、色々と不安や興味があります。

  5. 【7471586】 投稿者: レベルが高くても  (ID:h2pVPflcYK6) 投稿日時:2024年 05月 15日 17:58

    >周囲にいまいち馴染めない理由は、まさに周囲に努力できる子が少ないこと、知的水準が合わず共通の話題がないことです。

    本当に賢いお子さんだと、東大合格ランキング上位の学校に行っていても、「授業のレベルが低くつまらない」「友人が子供っぽい」などの理由で退屈してしまうこともあります。

    東大当たりに進学し、その上位レベルのコミュニティに入って初めて「話が合う人がいた」「やっと友人が出来た」みたいな方もいます。

    ですから、あまり思い悩まないことです。
    子供は、自然に育って行きます。学力の面でも、精神的な面でも。
    親が心配するのは小学校ぐらいまででいいと思います。

  6. 【7494250】 投稿者: 板違いですが  (ID:mZhJ0BSi84g) 投稿日時:2024年 06月 21日 15:02

    以前、アメリカの大学における卒業式での親の服装について質問させてもらいましたが、その報告をしておきますね。
    結果的に保護者はスマートカジュアルでした。例えば男性なら替え上着(カジュアルなジャケット)で、足元は男女ともにスニーカー等の歩きやすい靴で問題ありません。
    ちなみに子どもたちは黒いローブに角帽姿でした。あと長い布も付けていたかな。

    なお、卒業証書の授与の後、専攻ごとに学生と保護者向けに軽食が振る舞われました。その場では親の見識まで深まり、本当にいい経験をさせてもらったと思っています。

    悩んでいる父親さまも是非、お子さんがアメリカ等の大学や大学院に行こうとされたらその背中を押してあげてください。
    もう何もかも規模が違い過ぎ、あの潤沢な資金には心底驚かされました。
    拙い文章で申し訳ありません。以上とさせていただきます。

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す