最終更新:

3
Comment

【6652672】Phoenix House International School

投稿者: 情報まったくない   (ID:VBb3/wZvauo) 投稿日時:2022年 02月 04日 07:48

コロンビアインターナショナルスクール

ブログ最新記事

記事がありません

千代田インターナショナルスクール閉校後に校舎を引き継いで昨年設立されたブリティッシュカリキュラムの新しいインターですが、開校したばかりで実際通っている人の評判もまったくと言っていいほど情報がないです。

HPや英語媒体で一般的な情報を見る限り来年設立されるラグビーの運営法人が同校の運営も手がけていて将来的にはフェニックスハウスからラグビーへの接続の仕組みを導入していくような話もあるようです。

外国籍か帰国子女しか受け入れていないようで、あまり大々的に宣伝もしていないですが限られた情報を見る限り、ブリティッシュカリキュラム、本国や世界中から選び抜かれた英国人教師陣、北海道の同校保養地で農業や乗馬体験が出来たりと、英国感たっぷりで凄く良さそうな印象(その分学費も老舗インターより更に高いですが)。

HPも他のインターに比べ簡素ですが文体もブリティッシュイングリッシュで本物感を感じます。

一部の生徒さんは開校後たった3年半で閉校となった千代田インターから乗り継いだお子さんもいるようですが。

実際お子さんが通われている、または知り合いが通われている等、実態をご存知の方がいらっしゃいましたらどんなことでも良いので様子を教えてもらえると嬉しいです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6664504】 投稿者: 空色  (ID:XVwuIOzLwbI) 投稿日時:2022年 02月 10日 04:14

    私の知る限りの情報で申し訳ないのですが、もし少しだけお役に立てれば。
    子供をPhoenixに通わせてはおりませんが、同運営のプリスクールに通っていたので。
    ご指摘のとおりラグビースクールと同運営で、希望すればPhoenix→ラグビーという事もおっしゃってましたが希望者みなラグビーにいけるかといえばまた話が変わってくるように思います。

    外国籍か帰国子女しか受け入れないとは言ってましたが、一つ方法としては青山の同運営のプリスクールから持ち上がりでなら入学できるという事でそれを理由に他プリスクールから転籍してくる子がちらほらいましたよ。今後はどうなるか分かりませんが。

    北海道の保養地では去年はサマーキャンプでトリップするプログラムもあったみたいです。教師に関しては実際に通っていないのと子供を通わせている知人の主観が大きく関わりそうですので答えられませんが、元BSTの方もいらっしゃったり、BSTから Phoenix に転籍した学生もいるみたいですね。
    千代田から継続の子もいます。というかむしろ今は元千代田生が多いと思います。
    あと、プリスクールはブリティッシュ(欧州)の学校も関係するのか芸術に力を入れてます。その雰囲気がphonicsのHPを拝見しておりましても引き継がれいるのかなと思いますのでここは個人的には魅力の一つかなと思いますね。

    又聞きの情報だったり個人情報の関係もあり全然詳しくはかけてませんがブリティッシュの雰囲気が好きな方にはいい学校だと思いますし、新設校なので運営の熱量も感じられる気がします。ですが、新設校故に軸が定まってない所もあるでしょうし難しいところですね。あまり参考にならずに申し訳ございません。

  2. 【6665819】 投稿者: まったく情報ない  (ID:Y/T0PkoafPU) 投稿日時:2022年 02月 10日 18:36

    大変貴重な情報ありがとうございます!

    確かに希望すれが皆が皆ラグビーに行けるとなるとまるで付属校みたいな位置付けになるので世界中から生徒を選抜するラグビーを考えるとそんなことはないのでしょうね。推薦のようなもう少し緩やかな連携スキームを考えているのかもしれませんが。

    出願条件には外国籍か帰国子女しか出願資格がないとあるのにHPや各種媒体などで学校の様子を拝見しますと外国籍のお子さんは殆どおらずほぼ日本人(少なくとも見た目は)だけだったのでどういうことなのだろう?と不思議に思っていたのですが、なるほど千代田インターから乗り入れしているお子さん達なんですね。校舎だけでなく生徒さんも引き継いだのだと腑に落ちました。

    BSTから転校されたお子さんも日本人でしょうか?イギリス国籍のお子さんにとってもBSTは席が空かないようですしその意味でもフェニックスハウスは受け皿になり得るのかなと思いましたがどうなんでしょうね。

    仰る通りブリティッシュカリキュラムや教師の質も高いでしょうし、北海道の保養地なんて他のインターにはないゴージャスな施設ですしクオリティには相当な投資を行っているのは明らかですね。

    HPに掲載されている開校式ビデオも観ましたがイギリス駐日大使もスピーチされていて、英国政府とのコネクションもしっかり築いているのでしょう。
    仰るように学校の熱量が高いのは発信している情報からも見て取れますし、どのような形式になるのかわかりませんがラグビーとの連携も然り箱としてはこれ以上ないほど上質な学校なんだと思います。

    ただ新設故、また千代田インター引継ぎの経緯などもあり最初は思い描くイメージとは色々異なる部分もあるかもしれないですね。千代田インターのことを存じ上げないので、箱が立派でもそれを活かす生徒さんの英語力やアカデミックな素養がどうなのか気になるところです。

    子供は日本の学校に通ったことがなく、英国の現地校に行っているのでカリキュラムやブリティッシュ・イングリッシュに親しみもあり、帰国後に編入出来たらいいな、と思いつつ、多数を占める日本人の生徒さんの英語力がネイティブと比べると?となると、うーん、ちょっとこの学費は…というのもありもう少しそのあたりの実態を掴めると良いのですけどね。みんなで高め合える環境ならそれはそれで良いとも思うのですが。

    と言っても他の老舗インターで例えばIBやらせるのもカリキュラムも全然違いますし、うちの子にとっては継ぎ接ぎ感もあってそれで良いのかという自問もあり…なかなか悩ましいところです。

  3. 【6719876】 投稿者: 検討中  (ID:zqMZpW5ddEI) 投稿日時:2022年 03月 22日 11:39

    直接確認しました。日本人は「原則」受け入れておらず、「例外」として例えば海外で英語のプリスクールに3年以上連続して在籍、国内でも「定評のある」英語教育プリスクールに3年以上連続して在籍であれば、書類審査と面接の上で認められるようです。

    義務教育との絡みで、どうしてもインターナショナルスクールでなければならない、という要件が教育委員会などから求められているのではないかと感じました。

    逆に、この基準を満たしていて面接で相応の英語力ありと確認されれば日本人でも入学できるようです。

    また、ラグビー校への進学については、「ラグビー校ジャパン自体の要求水準は本国同様に高いので自動的に合格することはない。ただし、フェニックスハウスではグループ校としてラグビー校の求める基準をもとに、かなり早期からしっかりとした指導と確認が行われる」とのこと。結果として、高い割合でラグビー校への進学を実現していく予定のようです。

    あくまでご参考としての投稿です。疑問は直接ご確認されることをお勧めします。

あわせてチェックしたい関連掲示板