最終更新:

801
Comment

【4211051】日本の古(いにしえ)

投稿者: 善人   (ID:iY3zXBxtWIE) 投稿日時:2016年 08月 12日 18:36

日本の古きいにしえをつぶやき語り合いませんか?

悪人、悪口不可
総合的な理由を勘案して問いかけに答えないことがあります
ご容赦下さい。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「つぶやきに戻る」

現在のページ: 88 / 101

  1. 【6291700】 投稿者: というより  (ID:OzkmJGbpY5U) 投稿日時:2021年 04月 08日 06:40

    なるほど。神代について異伝を併記して解釈に幅を持たせて、人代以降は本伝を中心に「正史」としての体裁を整えているという事ですな。そう言えばウケヒの解釈も記紀で違っているようです。
    明治以降、万世一系がことさら強調されて、これは水戸学の影響が大きいとありましたが、実際のところ、文献で証明された訳でも科学的に証明された訳でもなし、我々は思い込まされているという面も否定出来ない。
    やっぱり記紀をきちんと読んでみて、始めて見えるものもあるという事で、私も勉強になりました。

  2. 【6292272】 投稿者: 乃木坂って  (ID:C2Tui9ZCbVs) 投稿日時:2021年 04月 08日 17:07

    ちはやふるさん、重ね重ねありがとうございます。
    私も日本文学専攻で、記紀には触れておりましたが、中々背景までの理解は足りなく、こちらのスレッドを興味深くロムしておりました。
    冷静にかんがえるとさんは、時々難解な文章を書かれるので、その意味する所を、ちはやふるさんが平易に記して下さるのが助かっております。また話題がスペイン音楽とかヨーロッパ文学まで及ぶのを見て、なんて広い知識をお持ちなのかしらと、感心していたところでもあります。
    私も、もう一度、記紀を読み返して見るつもりです。副本と言うわけではありませんが、理解を深める為に、何か参考になるような書物があれば、是非お教え頂けると有り難く存じます。

  3. 【6292917】 投稿者: それもある  (ID:VtMGCX4yTHo) 投稿日時:2021年 04月 09日 02:47

    しかし、当事者たる女性自身にその自覚乏しいことが本スレッドでの天皇教信者らからもみてとれる。

    「人民は幸福によって彼等の権利を完全に忘れ、もっとも完全な奴隷状態に導かれるにいたるであろう」(ディドロの箴言)

  4. 【6292928】 投稿者: ちはやふる  (ID:Rr2VzgLb23A) 投稿日時:2021年 04月 09日 04:43

    乃木坂って様
    日本文学をご専攻されていたのですね?それでは、原文もあたられていたものと思います。
    私は地図や図解を施した本で照らし合わしながら読んでいるレベルですから、とてもご紹介出来るような知識はございません。むしろ教えて頂きたいくらいです。
    スペイン音楽は、以前に、レポート必要上どうしても知りたい古典楽曲があり、そちら方面にも造詣の深い冷静にかんがえると様に伺ったところ、求めるもの以上の解説を頂いた事がございます。ですから私自身が詳しいと言うわけではございません。丁度クリスマスシーズンでしたので、素敵なアルバムも、ご紹介頂けました。
    こちらで乃木坂46さんの話題が盛り上がりましたが、もしかしたら、聴いていらっしゃるかも(笑)
    MV考察なんてなさるとは、私も驚きましたもの。
    (実は私もトリビュート・アルバム?DL致しました)
    生田絵梨花さんのファルセットボイスに癒やされています。

  5. 【6292964】 投稿者: というより  (ID:PWblYKXvBig) 投稿日時:2021年 04月 09日 06:43

    先日の声楽家が選ぶ現役歌手男女混合でも、いくちゃんはランクインしてましたからな。ファルセットやミックスの切り替えが絶妙だと絶賛されてました。トリビュート・アルバムも、名だたる音楽プロデューサーらの熱烈オファーで実現したっていうし、その期待を裏切らない評価も、彼女ならではと思います。
    後継者とされる久保史緒里も「夜は短し、恋せよ乙女」の舞台出演が決まったし、同じ歌舞伎の「中村」でも、元乃木坂の肩書で騒がれる女優もいるし、まだまだ世間は乃木坂を求めていると言うことです。
    世の中には求められてもいないのに、ボク(私)をミテミテくんがいるし、大抵の場合、世間は冷めた目で見ているんだけど、それすら気が付かない愚か者は、単に対人スキルがないとかではなく、しゅう恥心欠如という、笑えない現実も垣間見えるから面白い。
    奇しくも忌み嫌っている某宮家のご内助と同じメンタリティだと言うのは、知らぬは本人のみ、というところですな(笑)

  6. 【6293012】 投稿者: 最高でした  (ID:hGolU9Of8dQ) 投稿日時:2021年 04月 09日 07:47

    というよりさん、撒餌は雑魚を呼び寄せるだけですから、手間が増えて困ります。読みたい書き込みだけ探すのに難儀してしまいますから。
    日本書紀は私も割と最近の、昭文社歴史シリーズの図解、地図を参考に読み進めています。各地名とか神社の成り立ちがあれこれ想像出来て、こんなに面白いとは思いもよりませんでした。
    講談社の現代語訳版ですが、いずれ原文にも挑戦してみたいですね。

  7. 【6293710】 投稿者: 生田さん  (ID:FWVgq1AFFl6) 投稿日時:2021年 04月 09日 17:23

    スペイン音楽いいですね〜
    私はピアノを少しかじったレベルですが、グラナドスのスペイン舞曲は大好きで、よく聴いておりました。第2番オリエンタルがいちばん好きです。
    スペイン音楽だとあとはビゼーとかファリャでしょうか?
    それにしても、ここは話題豊富な方がいらっしゃいますね。
    あらためてビックリしました(笑)

  8. 【6293803】 投稿者: 「小室文書」で、話題沸騰  (ID:VtMGCX4yTHo) 投稿日時:2021年 04月 09日 18:31

    愚民層にあらためて「天皇制」を具体的に意識させてしまうとの失態を惹起した。日ごろは存在すら意識させず、「よくわからないが、遠くにある存在」と思わせることが、裸の王様として望ましいあるべき姿であったはず。保守派の東大の先生も苦々しく感じているのではあるまいか。

    しかも、それが「東大に行かせたい」だの「好きな男と結婚したい」だのと世俗的なことをやりだせば、作為的にかろうじて装ってきたカリスマ性も雲散霧消。ただの見栄っ張りのママゴンと金持ちのわがまま娘との本性が、国民一般に暴露してしまう。民間出の母親の限界か、との声も。

    もっとも、あのウナギ君の長女はどこにでもいるような平凡な娘。それゆえに、かえって好きな男と結婚させてやりたいとの気持ちがわく。実際に九州の神社のせがれに嫁いだ親戚のさる皇族の娘は、長らく別居中だと聞く。そうであるなら、この娘もいらぬ心配は無用だろう。民間人として、ニューヨークで二人で暮らせばよし。現地の日本総領事館もいらぬ世話はせぬことだ。