最終更新:

5612
Comment

【2376129】暇語ノススメ【第四版】

投稿者: かいかい   (ID:mwGqFDqFEHY) 投稿日時:2012年 01月 07日 10:54

ある一人の打ち間違いによってそれは生まれた。
思い起こせば1年3カ月前、「暇?」と聞かれ、暇人が集結。
辞書までもが刊行され、瞬く間にエデューの人気スッレドランキングにも登場。
すれがすべてのエデユの指南書と称された日もあった。
ある日突然、エジュ内の奥の奥に追いやられたが(この時はホントにビックリ!)、
細く長く、そして根強く、隊員たちの揺るぎない信念とパトロ~リカにより、
今日まで発展し続けている。
迷える古羊たちの憩いの場。育児や忙しい日常に一服の清涼剤。受験の悩みもココで解消。
しかも時には自国語をもう一度見つめ直す大切さや、外国語の正しい発音をも教えてくれた。
息子(男の子です)や娘(女の子です)の受験勉強の傍らで、辞書を引く日々もあった。
今や説明不要、余計な必要は不要、エデュウのみならず、巷で知らない人はいないほどに(ホントか?)。
その名は…「暇語(HIMAGO)」


2012年、更なる暇語発展を願って新版刊行いたします。


始めてココを訪れた方は、元セルをじっくり読んでから出直してくることをオススメします。



【1869729】暇?    (全てはここから始まった!今さらさらながらこの時のセル主様に感謝!)
【1916034】暇語ノススメ     (調子づいてセル立てしちゃったよ^^)
【1939829】暇語ノススメ第二版 (ものすごい勢いでセルが伸びたあの日々…)
【1978493】暇語ノススメ第三版 (いろいろな事が起こった一年でした)


また、「暇語辞典」(著・レスの内容様)が第六巻まで刊行されております。下記をご参照のうえ、暇語作文へのご応募をお待ちしておりまよ(参加賞は暇人達の大絶賛です!)。


【1947900】第一巻
【1953032】第二巻
【1954671】第三巻
【1957121】第四巻
【1957124】第五巻
【2325337】第六巻


…第七巻の刊行は…レスの内容様、期待してお待ちしおりま♪


パトロ~リ隊員も随時募集中


それでは よろしくなb

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5604162】 投稿者: 岸部シロー  (ID:4AO81uegyAY) 投稿日時:2019年 10月 13日 22:37

    衝撃、私まだその年に生まれてませんでした。だから台風スレ中でなんのことか分からなかったけれど、ひ孫様方の突込みで検索してたどり着きました。

  2. 【5604168】 投稿者: そうなんですね!  (ID:JbLSnQHi1sQ) 投稿日時:2019年 10月 13日 22:42

    算数の問題の質問かと思って覗いていませんでした。
    今からみてこよう。

  3. 【5605223】 投稿者: 私は  (ID:RDzLU7r1jm2) 投稿日時:2019年 10月 14日 20:23

    生まれてはいたものの、小さ過ぎて番組の記憶が無く、まさに「岸部シローさんが司会でもやっていたトーク番組かしら」と、さらっと流していました。

  4. 【5605306】 投稿者: 通りすがり  (ID:bZrP6LNragE) 投稿日時:2019年 10月 14日 21:41

    反抗期中3の息子に疲れました。スレより

    >我が家も真ん中の中学3年生の息子いますが、
    父親が食べる母親が作ったサッポロ一番塩ラーメンを持っていくとひっくり返して情けないって言っているんだと繰り返し暴言を吐いて大暴れしだします。



    谷崎潤一郎を彷彿とさせる、難解な長文ですな。

  5. 【5605573】 投稿者: 理解できない  (ID:k6FRZEYiXY6) 投稿日時:2019年 10月 15日 08:04

    少なくとも今?面白くは無いですね。
    予測変換で多用しなくても、一度使えば変換候補に出るでしょうから、セックスでピストルズが誘発されたことに気づかずレスと打つ、いちいち見直さない人も多数なので、そのままアップ。

    セックスでピストルズとかタコライスとかそんなベタなので笑えるって幸せですね。

  6. 【5605783】 投稿者: ひまご  (ID:oQaiFx2Z9MI) 投稿日時:2019年 10月 15日 12:18

    同感です。誤字にすぐ気が付くのも一つの教養だと思います。

    以下、供用。 おっと 強要。 おっとっと・・・

    『岸辺のアルバム』は1977年6月24日から9月30日まで放送されたTBS系のテレビドラマ。原作・脚本は山田太一。

    原作は、1976年から1977年までの新聞連載小説。ストーリーは「倦怠期を迎えた夫婦の危機と子供たちが大人になる過程での苦悩、家族が崩壊していく様が描かれ、最後に水害により家が崩壊する。」

    1974年の多摩川水害が背景にある。この水害で多摩川の堤防が決壊して19棟の家屋が崩壊・流出したが、家を失ったことのほかに家族のアルバムを失ったことが大変ショックであったという被災者の話を脚本の山田太一が聞き、そこから作品の構想が生まれた。

    ラストの水害で家が流されるシーンは、実際の報道映像が使用されている。

    それぞれに秘密を抱えた家族が偽りの笑顔をつくって多摩川の岸辺で家族写真を撮る。最終回で家を失う家族が必死で持ち出したものは、家族のアルバムだった。

  7. 【5605811】 投稿者: 初めて知りました  (ID:FrrgwYB9uQQ) 投稿日時:2019年 10月 15日 12:56

    「岸辺のアルバム」が、そんなドラマだったなんて初めて知りました。
    台風後の今、ちょっと身につまされるというか…
    それも「岸部のアルバム」が取り上げられなければわからなかった事です。
    ここって、単に書き間違いを取り上げるだけでなく、暇語から発展していろいろ知る事が出来るスレだったなと改めて思い出しました。

  8. 【5605821】 投稿者: 名作  (ID:u1Rtoml0pQE) 投稿日時:2019年 10月 15日 13:02

    何度も再放送されましたよね、岸辺のアルバム。
    私もしっかり見たのは、再放送でした。
    風吹ジュンさんが、今とは全く違うイメージで出てらしたので驚きました。
    他には杉浦直樹、八千草薫、国広富之、竹脇無我さん等が出演されていたのを覚えています。

    BSで今もよく70年代後半〜80年代初めのドラマの再放送やっててよく見るのですが、あの頃の山田太一さんのドラマのセリフは、東京の山の手言葉だったり、下町のべらんめえな感じだったり、今とは違う味わいがあります。

あわせてチェックしたい関連掲示板