最終更新:

83
Comment

【5750809】国内初の感染者の封じ込めに失敗した厚労省

投稿者: 自宅待機   (ID:4IZ/m4Dt14Q) 投稿日時:2020年 02月 14日 21:51

今、封じ込めに対して医師たちは、乖離的だ。
今さら封じ込めは意味がないと口々に言う。
次のステージは重度疾患の対策だという。
次の次のステージは、軽症者の収容所つくりか?
次の次の次のステージは、院内感染と治療従事者の感染か??

武漢に学ぶより、武漢に沿って、
歩んだ道を進む日本は?どこへ

李文亮
生誕 1986年10月12日
中華人民共和国の旗 中華人民共和国遼寧省北鎮市
死没 2020年2月7日(33歳)
職業 眼科医
2019新型コロナウイルスによる肺炎の流行の時、医療関係者として内部告発した最初の数人のうちの1人であり、この肺炎の犠牲者の1人でもある。
2004年に7年制の武漢大学臨床医学部へ入学し、卒業後は廈門市で3年間働いたのち、2014年から武漢市中心医院で勤務した。
武漢市公安局武昌区分局中南路街派出所から下した訓戒書。
2019年12月30日午後、勤務先の病院である患者からSARSコロナウイルスが検出された検査結果を見つけたため、同日午後5時43分に大学の同級生らのWeChatグループで「華南海鮮市場で7人のSARS感染者が確認された」と発信し、その直後に患者の検査結果と肺のCT検査の写真も送った。同日午後6時42分に「コロナウイルスの感染が確認され、どのタイプかまだ調査中」と補足した
しかし、「インターネット上で虚偽の内容を掲載した」として、2020年1月3日に武漢市公安局武昌区分局の中南路派出所に呼び出された。そこで懲戒書への署名を求められ、訓戒処分を下された。
メディアは当初、李文亮を「デマ伝播者」の1人と見なされたのだった。
引き続き武漢市中心医院で働きコロナウイルス流行への対応にあたっていたが、自身もコロナウイルスに感染し1月12日から入院生活を送ることとなった。
入院から1月30日まで何度も核酸検査を受けていたが、陽性との結果は出なかった。2月1日に感染が確認され、同日に彼の両親や数人の同僚医師の感染も確認された。2月6日夜に、中国国内の複数のメディアは李文亮が武漢市内の病院で亡くなったと報道した。享年34。

12月末に治療し感染し潜伏期間を過ぎて、1月10日頃に発症して12日に入院2月6日に亡くなった。

日本がお正月休みを満喫している間に中国、武漢の情報を厚生労働省は取り込むことができなかったのだ。
中国政府がデマを流す医者だとレッテルを張ったように、日本の厚生労働省の役人も中国政府の言葉をそのまま信じていたのである。





【厚労省】新型肺炎、国内初の感染者‐30代男性からウイルス検出
2020年01月20日 (月)

 中国・武漢市で新型コロナウイルスに関連した肺炎の発症が相次いでいる中、厚生労働省は16日、神奈川県在住の30代男性から同ウイルスが検出されたことを公表した。今回のウイルスによる肺炎患者が確認されたのは国内で初めて。ウイルス感染者と生活していたことによる感染の可能性は否定できないとし、フォローアップ調査を進めている。厚労省は、通常の生活をしている人が感染する可能性は低いとし、咳エチケットや手洗いなど、通常の感染対策の実施を国民に呼びかけている。


 男性は今月3日に武漢市で発熱し、6日に帰国後、同日に神奈川県内の医療機関を受診。10日に入院し、15日に症状が軽快して退院後、現在は自宅療養中で熱はないものの、咳をしているという。6~10日の男性の行動については、調査が進められている。



亡くなったおばあちゃんは、神奈川県です。

感染後一ヶ月苦しんで亡くなる病原菌だ。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「なんでも雑談に戻る」

現在のページ: 1 / 11

  1. 【5751209】 投稿者: 上海  (ID:okR2bPuP9bo) 投稿日時:2020年 02月 15日 08:06

    日本で働く中国人が、日本に戻って来ています。
    中国で働く日本人は、諸事情で国がレベルを上げないので、まだ悠長に帰国しません。日本に帰れば自分が、ばい菌扱いを受けると思っているようです。
    日本で働きたい中国人は、武漢肺炎など考えていません。風邪に罹っても何とも思っていない人が多いのです。かりに武漢肺炎になっても日本の医療で助けて貰えると笑顔で笑う中国人の友人もいます。

    中国がどれだけ病気が蔓延しているか、その代表とする動画を紹介したいと思います。
    https://youtu.be/qLRillS_0a8
    中国の放送事故&コロナウイルス、上海の変化

  2. 【5751242】 投稿者: タラレバ  (ID:Fc9D.iqdtaw) 投稿日時:2020年 02月 15日 08:48

    10日早く武漢市が対策に乗り出していればこれほど早く世界各地に新型コロナウイルスが拡散する事態は避けられた。中国人を無料で治すために野党議員は指定感染症のレベルを上げろと騒いでいる議員もいる。九州では中国人の金持ちがホテル1ヶ月の滞在をし始めたと友人から連絡が来た。発症すれば中国で治すより日本で治せるように今個人で、どんどん入って来ている。国内の感染も出てきたので中国滞在者だけでなく感染防止が大事になる。自己防衛で頑張っていくしかない。諸国民の信義に委ねるならば、中国以外の国は日本への渡航を完全に中止する動きがある。習近平国家主席が1/20に武漢の危機を発言してから、日本の閣議決定で1月28日に指定感染症と決めた。執行は前倒しで2月1日になった。指定感染者の2類指定であって1類ではない。
    発症していなくても感染者がいたら、1類の方がいいのだが、1類にしてしまっては、疑いのあると思う人間が病院に殺到するだろう。隔離病棟は結核患者の減少とともに昭和から令和にかけて縮小だ。
    田舎の小さな隔離病棟など呼吸専門の医師も常勤していない場合だって想像できる。1類にあげても日本ではマンパワー、病棟数の面で対応できない。そのことを知らないで野党やコメンテーターは1類にあげろと声高く言う。2類にして隔離するのは重症患者のみとした方が医療崩壊を防ぐ。隔離病棟の医師不足、隔離病棟の少なさ、あとは諸国民の信義に委ね自宅待機でなんとか乗り切らなければならない現状を知ってほしい。しかし、この病気のリスクは無症状キャリアが、どれだけ感染源になり得るかだ。まったく治療せずとも自己免疫で発症せずに陰性になれば問題はないかもしれない。しかし武漢からの帰国者の無症状キャリアの3人は、まだ陽性反応がでたまま、いつ免疫が低下し発症するかわからないのである。この病気の実態を調べようと思えば重症患者ばかりを診ていてもつかめない現実と、マンパワー不足との天秤で国は試行錯誤しているのだ。

  3. 【5751425】 投稿者: 罠  (ID:7nfRhwHxIyk) 投稿日時:2020年 02月 15日 11:24

    https://www.bbc.com/news/uk-51447761

    イギリスの医師が新型コロナウイルスに感染し、あるクリニックが閉鎖されました。一般病棟への移送が仇となる気がしてならないです。

    他人事ではないので、医師のみなさんも気をつけましょう。
    日本の今が↓
    医師全員を対象に検査開始 和歌山・済生会有田病院
    https://sankei.com/west/news/200214/wst2002140026-n1.html

    →1日に検査できる人数は20人ほどに限られるといい、数日かけて実施。その後は、患者と接触する機会の多い看護師らにも検査対象を広げるとしている


    指定感染症になって公欠証明書が欲しくて一般病棟に殺到とか


    武漢病院では医療費無料を習近平が宣言して
    パニックを起こした。


    日本は公欠証明書が欲しくて病院をパニックを起こす狙いがある。

    インフルエンザの治療薬で3日以上高熱がでることに慣れていない人間が慌てる。

    小さなお子さんなら脳症など心配する高齢者なら尚更だ。

    家で食欲があり高熱がでても元気である場合もある。


    微熱程度なのに食欲もなく下痢が続いている。
    こちらの方が重篤するきっかけかもな

  4. 【5751449】 投稿者: 解熱剤  (ID:09uf820m/Aw) 投稿日時:2020年 02月 15日 11:42

    武漢は医療費が高いので日頃から市販の薬をため込む癖が人民にあるよ。
    解熱させるために、脳炎・脳症を引き起こす可能性が指摘されているアスピリンも、無知な為に使っているから、バタっと倒れてライ症候群状態になるんだよ。

    日本で比較的安全な解熱剤としてよく使われているものは、アセトアミノフェン
    安全性が高い反面、やや解熱効果は劣る。

    高熱がでるというのは 
    自己免疫 VS 病原菌 状態
    ウイルスと戦っていることを現す。

    それを強制的に低体温させれば重篤に繋がるし、
    風邪の基本的な知識。

  5. 【5751564】 投稿者: うーん  (ID:57UBxPMl2n.) 投稿日時:2020年 02月 15日 13:17

    今はもちろんピンピンしてますが、私は12月に、咳がひどいのに1週間休まずに出勤し続けた隣席の同僚に風邪をうつされて(怒)、38.5度の発熱2日間。かなりキツ目の風邪だったので病院に行ったけど、インフルは陰性。
    息子も年末に、スキーに行ったらそこで、お腹にも来る風邪をもらってきて、正月早々に40度の発熱。扁桃腺肥大があるので熱が高くなりやすい子なのですが、さすがにインフルだろうと思いましたが、やはり陰性でした。37度台に下がるまで3〜4日かかりました。

    インフルじゃなかったので、整腸剤と、念のための解熱剤が処方されただけです。

    時期的に新型ではないのでしょうけど、インフルじゃないキツ目の風邪って、コロナ系の可能性も高いのですよね?

    なんか新型も、知らない間に広まったりしてそう。

  6. 【5751595】 投稿者: 5ch  (ID:JToB6jHeBIc) 投稿日時:2020年 02月 15日 13:45

    コロナ患者さんが降臨して騒然となっています。
    N社の方、40度の熱が下がらないまま
    総武線と浅草線に乗って出勤を続ける…
    医療機関に検査を懇願しても無視、たらいまわし。

  7. 【5751600】 投稿者: 無念  (ID:OV3XPc/em7c) 投稿日時:2020年 02月 15日 13:47

    2:14 p.m. ET, February 13, 2020

    Novel coronavirus can be spread by people who aren’t exhibiting symptoms, CDC director says
    From CNN's Jacqueline Howard

    Asymptomatic transmission of the novel coronavirus is possible, Dr. Robert Redfield, director of the US Centers for Disease Control and Prevention, told CNN.

    In other words, Redfield said that an infected person not showing symptoms could still transmit the virus to someone else based on information from his colleagues in China.

    “There’s been good communication with our colleagues to confirm asymptomatic infection, to confirm asymptomatic transmission, to be able to get a better handle on the clinical spectrum of illness in China. What we don’t know though is how much of the asymptomatic cases are driving transmission,” he told CNN’s Chief Medical Correspondent Dr. Sanjay Gupta in an interview on Thursday.

    Redfield continued: “What I’ve learned in the last two weeks is that the spectrum of this illness is much broader than was originally presented. There’s much more asymptomatic illness. A number of the confirmed cases that we confirmed actually just presented with a little sore throat.”

    https://edition[削除しました]n.com/asia/live-news/coronavirus-outbreak-02-13-20-intl-hnk/h_8d935a8b6df385aba0cbfdb30cd3aeac

    CDCは無症状性伝播んの可能性を示唆し
    CNNが報道しましたよ~

    CNNの資本金を出しているのは中国

    無症状キャリアを公表しているのは日本だけになりそうです。

    無症状の症例の検体数がない!

    その検体を日本で確保しようとしているのか?

    ふざけんじゃねえと言いたいところだが、WHOの危機管理の無さのあと始末を、なぜ日本がしなければならないのか?
    道義的責任は中国にあるはずなのに・・・・・

    厚生労働省はWHOや中国政府の発表にとらわれず
    足元の日本国民の憂慮を感じてほしい
    前例のないことばかりに法律を観ながら事を進めるのではなく、
    日本国民の生命と財産を守るための最善の方策を
    独断で内閣と連携して取り組んでもらいたい。
    そしてチャイナスクルールやロシアスクール出身の外務省も、ハニートラップにあったとしても、日本国民のことを一丁目一番地で考えてほしい。



    他人に迷惑をかけたくないと必死に生きてきた
    日本老人の末路が、これでは、無念過ぎるのだ!

あわせてチェックしたい関連掲示板