最終更新:

18
Comment

【5899787】若手作家の現代美術作品を重点的に購入宣言 大村知事!

投稿者: 愛知県民   (ID:Vj2R2glQcq6) 投稿日時:2020年 06月 03日 13:34

大村秀章
①愛知県では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、作品を発表し収入を得る機会が失われている作家・アーティストを支援するため、美術品等取得基金に、愛知県美術館の通常の購入枠(3年間で9千万)とは別に、今年度から3年間で1億円の特別枠を設け、若手作家の現代美術作品を重点的に購入します。
②20歳代から40歳代の日本在住の若手作家の作品が対象で、今年度は、特別枠の3分の2程度を活用し、30人程度の若手作家から、現在を刻印するにふさわしい絵画や彫刻、映像作品等を購入する予定です。購入した作品は、愛知県美術館でのコレクション展等、様々な機会を通じて、紹介して参ります。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「なんでも雑談に戻る」

現在のページ: 1 / 3

  1. 【5899810】 投稿者: 素晴らしい知事  (ID:Vj2R2glQcq6) 投稿日時:2020年 06月 03日 13:56

    日本在住の若手芸術家の審査に国籍は無関係らしいです。
    大村知事に集まった審査員が判断して購入してくださいます。
    このコロナの中芸術が見直される資金が入ると次の芸術に意欲も沸くでしょう。
    ありがとう 大村知事 あなたは芸術を愛する人ですね
    日本を侮辱する芸術の方が選ばれる可能性大ですね。資金を得るために
    反日作品を重点において作品作りに勤しみたい人間が増えるでしょう。
    もしかしたらANTIFA運動家も作品を応募するでしょう。

  2. 【5899818】 投稿者: ポッポ  (ID:Vj2R2glQcq6) 投稿日時:2020年 06月 03日 14:10

    2013年7月から、鳩山由紀夫が理事長である東アジア共同体研究所において理事を務めている茂木健一郎氏も大村知事リコールに反対しています。
    芸術を愛する大村知事を応援している人もいます。
    芸術を見る目は大村知事の素晴らしい人選に期待して作品作りに頑張りますので
    よろしくお願い致します。

  3. 【5899839】 投稿者: 芸術は掃き溜め  (ID:R3mPBOT.7mM) 投稿日時:2020年 06月 03日 14:35

    日刊スポーツ
    「#大村知事リコールに反対」支持ツイートを上回る
    [2020年06月03日09時45分]
    美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)らが起こした愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動に対し、ツイッター上では反対するハッシュタグ「#大村知事リコールに反対します」がトレンド入りした。

    同ハッシュタグのツイート数は3日午前9時の時点で12万件を超え、「#大村知事のリコールを支持します」のツイート数を上回った。



    昭和天皇や戦争犯罪人を誹謗中傷して何が悪い!と考えている人間が多い!って事。日本人はアジアの中で永遠に懺悔しなければならない!それが芸術という形で表現されて日本人の税金で支えるのだ!

  4. 【5899843】 投稿者: あいちトリエンナーレ  (ID:ch87HpHNg9Y) 投稿日時:2020年 06月 03日 14:37

    天皇陛下の御真影を焼いて踏み潰す映像や
    日本は病気と書かれたお札を貼られた祠
    慰安婦像とかよね。

  5. 【5899858】 投稿者: ポイント  (ID:Vj2R2glQcq6) 投稿日時:2020年 06月 03日 14:59

    大村知事に気に入られる作品のポイントとしては、強制連行されたアジア人に寄り添う風景を描けば良い。黒人がアフリカから強制連行されたように奴隷として人権が無かった。それをアジア人に模写して作品を作れば大村知事の審査員から良い点を貰えるのに間違いない!良いアドバイスをありがとう。芸術に真実は無用!ある者にとってそれが誹謗中傷で精神的ダメージがあっても芸術という概念があれば何でもできる!という証明を我々芸術家は見たのだ。生きるべき為に金を稼ぐ!芸術家はどんな国難でも保証されるべき貴重な人間なのである!

  6. 【5899927】 投稿者: 雑感  (ID:4X93aeO5hbg) 投稿日時:2020年 06月 03日 16:11

    大村知事は嫌いだが、トリエンナーレ問題は反対している連中が頭が悪すぎると思う。プラス、芸術に縁のない連中が大半だと思う。

    そもそも、大村知事はトリエンナーレの展示物に関して、賛成も反対もしていない。反体制だろうと、主張、言論の自由が保障された国で、天皇制の反対を主張することは自由な筈だ。が、知事や公職にある人間が、それを言ったりするのはNGだろうが、そう主張する芸術に役職として反対意見を言うのも同様にNG。その点で、何も言っていない大村知事が正しい。文句を言っている吉村知事がおかしいし、他県の内政に口をはさむなと言っていたのは、吉村知事本人だろうに。

    そして、「天皇の肖像を焼いた」と猿がワンパターンに批判する大浦信行氏の「遠近を抱えて PartⅡ」。全く批判は的外れ。彼が『遠近を抱えて』と題した作品で、昭和天皇のコラージュを作成した。これは昭和天皇と、仏教美術、ヌードなどを組み合わせたフォト作品で、非常に美しい。ただ、天皇を扱うだけでスキャンダルだった1986年当時は、右翼が騒ぎ大騒動となり、一度は富山の美術館が尻込み、展覧会を中止、その画像が載った図録ともども燃やされてしまったことに対する反意を示すのが今回の作品。そこに反天皇などという意図は微塵もない。燃えているのは天皇陛下でなく、彼が作成した「芸実作品」なのだから。

    私は不自由展で実際の映像を見たが、大浦氏の過去の作品も知っているのもあり、全く反天皇の意図など感じなかった。

    嫌、反天皇という主張があったって良いのだ。良く税金で反天皇の展示をするのがおかしいと言う人がいるが、反天皇制の人も税金を納めている。天皇制が嫌なら日本を出ていけというのも全くおかしな主張。日本を愛し、国の為に多額の納税をし、社会貢献をしていたとして、天皇制に反対というだけで国外追放では、大戦中の日本と同じだ。

    私は日本会議のメンバーでもあるし、バリバリの右だが、昭和天皇は支持していない。

    当初、アメリカとの開戦に消極的だったのは事実だろう。が、その後は戦局の好転に喜び、好戦的になっていたのは、侍従などの手記で明らか。

    「何んとかして『アメリカ』を叩きつけなければならない」(6月9日、『眞田穰一郎少将日記』)
    「何処かでガチッと叩きつける工面は無いのかね」(7月8日、同上)
    「何れの方面も良くない。米をピシャッとやることは出来ぬか?」(8月5日、同上)

    いつ決戦か。いつ叩くのか。いつ攻撃をやるのか。天皇の矢のような催促は延々と続いた。1944年に入っても、
    「各方面悪い、今度来たら『ガン』と叩き度いものだね」(2月16日、上同)
    といった有様。

    もう裁判で決着は付き、昭和天皇の戦争責任は無いとされたが、裁判結果と、実際に命を落とした者、家族の思いはイコールばかりではない。

    その後も、激戦地だった沖縄を、ついに昭和天皇は一度も足を踏み入れなかった。

    が、当時皇太子だった、上皇陛下は、未だ反天皇の勢力が盛んだった1975年(昭和50年)7月17日、沖縄海洋博の開会式出席のため、美智子妃とともに沖縄を訪問した。結果、皇太子の車列目掛け、病院の3階から、10数本のガラス瓶やスパナ、石などが車列に投げつけられ、後続の警察車両を直撃。

    その後訪問された、ひめゆりの塔では、皇太子ご夫妻がひめゆり記念会会長(源ゆき子氏)から塔の前で説明を受けていた際に、塔の横に大きく口をあけた洞穴から這い出してきた沖縄解放同盟の活動家、知念功が、皇太子ご夫妻の前方数メートルの場所に火炎ビンを投げつけた。

    そんな事が目の前で起き、長い一日がようやく終わろうとする午後10時、皇太子から、次の「談話」が報道陣に文書で配られた。

    「払われた多くの尊い犠牲は、一時の行為や言葉によってあがなえるものでなく、人々が長い年月をかけてこれを記憶し、一人一人、深い内省の中にあって、この地に心を寄せ続けていくことをおいて考えられません」(抜粋)

     これから自分は国民と共に長い年月をかけて、沖縄が過去に払った尊い犠牲に対し、記憶しつづけ、考えつづけ、心を寄せつづけることを約束しますという、皇太子の明確なメッセージ。その後、実際に何度となく沖縄を訪れ、やがて、沖縄に残っていた天皇制に対する反対運動も無くなっていった。

    だから、個人的に上皇陛下に対しては私も深い尊敬を抱いているが、昭和天皇に対しては、正直あまり良い感情は持っていない。

    この件に過剰に反応している連中は、昭和天皇に対し、皆ポジティブな感情しかないのだろうか?非常に疑問。

    対して、「間抜けな日本人の墓」とされる、中垣克久氏の「時代(とき)の肖像-絶滅危惧種」。作者はそんなこと言っていないという、擁護ツイートや、デマを信じ拡散するなんてと言った、ツイートもあるが、私は彼自身が、バカな日本人の墓のようなもの、といった発言を聞いているし、彼が過去の英霊を毀損する目的だったろうと思う。これは明らかに胸糞が悪くなる作品。

    だが、これも実物を見たが、作品として全く秀逸でもなければ、美しくも、心動かされるものもなく、ただのゴミだなと感じた。が、彼の主張は、尊重されるべきだし、そういった先祖を侮辱するような主張が、公費で開かれる現代芸術の祭典で展示される事の意義を非常に感じた。

    これが、中国、北朝鮮、ロシアなら、彼は右傾化した連中に命を狙われ、実際に命を失っていたかもしれない。

    これこそが、言論の自由、芸術だと思う。
    芸術の範囲を国、政治、行政が規定、規制しようとすることは、憲法が定める表現の自由の明らかな「侵害」そのもの。

    また、「芸術」か、「否」かを判断するのは、それを観る個々人というのが、正しい自由国家の姿。

    今回の件で、高須院長や、吉村知事の行動には正直非常に落胆した。どちらも好きなお方だったのに。

    ちなみに、次期県知事に大村さんには絶対に投票しません。この件と全く関係なく。

  7. 【5899987】 投稿者: 愛知県民  (ID:Vj2R2glQcq6) 投稿日時:2020年 06月 03日 17:20

    大村知事を選択しない?
    ほんとに?
    残ったのは、共産党だけだよん?
    日本会議の人が共産党を選ぶの?

あわせてチェックしたい関連掲示板