最終更新:

2523
Comment

【6292335】小室圭さんの文書

投稿者: るる   (ID:IWkcQU5DXG6) 投稿日時:2021年 04月 08日 18:01

一生懸命やってるのは分かる。
きっともう、楽になりたい(婚約をやめたい)んじゃないかな?
あの文書読んだけど、「で、この先どうなるの?」って思った。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6301076】 投稿者: 池田幸正  (ID:nkEcARQQeaw) 投稿日時:2021年 04月 15日 15:04

    753名無しさん@お腹いっぱい。2021/04/15(木) 15:00:22.19
    この足立という人物は面白く社会でも有用な人物
    というように記録しておこう。
    森田さんももちろんいる。

    754名無しさん@お腹いっぱい。2021/04/15(木) 15:02:26.37
    この人物、生かすべきか、殺すべきか
    皆さんはどう思うだろうか。

    755名無しさん@お腹いっぱい。2021/04/15(木) 15:03:21.23
    もちろん生かすべきだ。

    しかし、これではそれ含め遊びの集まり
    には呼べないよ。

  2. 【6301082】 投稿者: 難しい  (ID:ouvFj3CP90s) 投稿日時:2021年 04月 15日 15:10

    音大付属やインターは難しいけど、日本の私立大学には通えるのではないですか?
    地価の安い地域へ引っ越せば、マンション売った差額と遺産で教育費。中学から大学まで私立も可能だと思いますよ。
    大学院はお子さんが社会人経験積んだ後に行くことも可能です。
    2人暮らしだから、生活費は遺族年金とパート程度少し働けば足りそうですけど。
    高校生以上はバイトできるし。

  3. 【6301087】 投稿者: 卑しい親子は、絶対に婚約破棄しない  (ID:Iwe1JFF0L6A) 投稿日時:2021年 04月 15日 15:14

    「皇族費は皇室経済法で定められており、独立の生計を営む親王は年額3050万円、
    親王妃にはその半額が支給されます。もし眞子さまが新宮家のご当主となられ、
    この規定に則るのであれば、年額3050万円が支給され、その後に小室さんと結婚することで、
    彼も『圭殿下』として半額の1525万円が支払われることになります」
                        (皇室ジャーナリスト)

    あわせて年額4575万円。むろん原資は税金だ。現行制度のままであれば、
    ご結婚後も小圭さんは働く必要がある。しかし「圭殿下」となれば、住まいは
    赤坂の一等地で、家賃やローンとは無縁。さらに年間約4600万円が終身支給されるのだ。

  4. 【6301104】 投稿者: ん~  (ID:A4g2eSaQ0HI) 投稿日時:2021年 04月 15日 15:33

    その金額と人となり、
    国民の何%が結婚に納得できるのでしょうか。
    親が今回のことを理由にはっきりと断わってほしい。

  5. 【6301114】 投稿者: 「家族関係における象徴」  (ID:wWmR05FXUsQ) 投稿日時:2021年 04月 15日 15:43

    この国では明治になって近代化の波が押し寄せ、家族構造も必然的に小家族化の傾向を示したが、明治政府は家族制度の法規制を「家」的家族構造を基礎に制度化した。これは「家」的家族構造思想が当時の強固な民族的意識に支えられていたとの立法事実もあろうが、より大きな要因は明治における近代化の不徹底と天皇を中心とする中央集権的な家族国家体制の実現を強力に推進するための手段であった。明治政府はそうした「家」制度的家族構造を法制上明らかにするために、「氏」と「戸籍」の制度を利用した。そして、その輝かしい理想像を「天皇」に求めたのであった(家族関係における象徴)。

    しかしながら、民主主義を標榜する新憲法下において修正を余儀なくされた支配層は、従来の「家」制度的家族構造を廃棄せざるを得なくなったものの、近代的小家族として存在する現実の家族構造を法制度として認定することで、巧妙に旧来の家族観による換骨奪胎を策したのであった。立法はいつも必ず理想型を映し出すとは限らず、おのずからある程度の妥協が伴うからである。実際に現行戸籍法が、年齢如何に関わらず氏を同じくする親と子を同一戸籍に登載することにしたことは、氏協同体という観念を生み、「家」制度の観念の温存を画策したものであるといえる。

    そしてそれは「皇統譜」に継承され、神格こそ有しないものの依然として国民とは「異なった別格の存在」であることを示しているといえよう。その意味で、旧憲法下におけるが如き絶対的な精神的・道徳的な権威こそ有しないものの、現在の天皇ら皇族は新たな装いとして教育または国民道徳の体現者たる役目(家族関係における象徴)を負っているのである。したがって、この長女がそうした旧秩序に対するレジスタンス=宮廷クーデターを試みたとしても、それが上述の体制内に留まるものである限り、一定の衝撃を天皇制に及ぼした程度の評価しか付与することは困難である。

  6. 【6301119】 投稿者: 難しい  (ID:ouvFj3CP90s) 投稿日時:2021年 04月 15日 15:50

    眞子様達に年間3000万円も支給されるのも、多過ぎますね。
    国民健康保険や社会保険を使えないのであれば、医療費はその都度申請できるよう規則を変更したら、半額の1500万円で充分ではないですか?皇室行事の衣装代は別途支給されるのだろうし。

  7. 【6301125】 投稿者: ケイコムロ  (ID:jTHxE5u3YOs) 投稿日時:2021年 04月 15日 15:54

    秋家のご当主もことわれないんでしょ。眞子さんを結婚させようと思ったら。そもそも相手をみつけるのが難しいお立場なのに小室さんが登場、一安心と思っていたら国民からいろいろ言われちゃうナイスキャラ。おかげでめぼしい男性は寄りつかなくなったと…。ルックスを言ってはいけないけど、かわいいとも美人とも色気あるとも言いがたくて、やっぱり小室さんしかいないから断れない。

  8. 【6301132】 投稿者: 妹弟がとばっちり  (ID:UM7raOH9.4M) 投稿日時:2021年 04月 15日 16:03

    >かわいいとも美人とも色気あるとも言いがたくて、やっぱり小室さんしかいないから断れない。

    姉が結婚をゴリ押ししたならば妹や弟にとばっちりが来て、妹は可愛いのに名家のまともな男性は近寄りがたくなるし、弟の方は女コムロみたいな女子しか寄ってこないかも。

あわせてチェックしたい関連掲示板