最終更新:

12
Comment

【7491199】五感に刻まれた記憶

投稿者: エモーショナル・ビーイング   (ID:UG7TcT8QazM) 投稿日時:2024年 06月 16日 11:46

五感。

視覚(見る)、聴覚(聴く)、味覚(味わう)、嗅覚(嗅ぐ)、触覚(皮膚で感じる)の5つの感覚。

これらの感覚により呼び起こされる記憶、それら感覚と密接にリンクし、忘れられない記憶はありますか?



私の記憶は夏祭りの匂いです。

子供の頃、毎年家族で出かけた地元の夏祭り。
日が暮れて夕方になると、あたり一面に漂う、焼きそばやたこ焼きの香ばしい匂い。

何とも言えないソースの香りが、強烈にその頃の記憶を脳内に甦らせるのです。

海水浴のうみの家に行っていても、眼前に夕暮れのあの家族の光景が浮かび上がる、不思議な感覚。

祭りの活気、ひといきれ、熱気、雑踏、汗、喧騒、ノスタルジー、寂しさ。それらが混然となって浮かび上がらせるあの日の記憶、肌感覚。

特に金魚すくいが好きで、毎年一匹もすくえないことが多かった。

最後はお店の人が数匹、分けてくれるのだけれど、絶対に自分で取りたいと泣いて再チャレンジしても取れなかったり。

それでも夢中で挑戦したあの頃。
ある年、父が「今日は必ず掬える魔法がある」と言って、コツを教えてくれました。その年はとうとう三匹も自分の力で掬う事ができた。

今までの、おじさんに貰った金魚と見た目は同じでも、全く違う金魚たち。

名前をつけて長く可愛がったのを覚えている。

あたりがすっかり夜の帷に包まれると、フィナーレを飾る花火が打ち上がる。

地面を揺らし、心臓にまで響く花火の衝撃と音、恐怖でグッと握りしめる母親の手と、感じる汗の湿り、そして目の前に繰り広げられる夜空を彩る花火の色彩、鼻をくすぐる火薬に匂い。

家族で手をつないで見上げたあの時代も、今では遥か昔のことになってしまいました。

が、ソースの香りが、脳内に刻まれた記憶で昨日の事の様に、未だ呼び起こしてくれるのです。

貴方にはどんな記憶が、五感と共に刻まれていますか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「なんでも雑談に戻る」

現在のページ: 1 / 2

  1. 【7491226】 投稿者: 卒塔婆  (ID:q0g2AFWQzq6) 投稿日時:2024年 06月 16日 12:37

    私の記憶は、祖父母の家の台所の匂いです。

    子供の頃、夏休みになると家族で祖父母の家に泊まりに行きました。祖母の作る料理の匂いが、私の中では強烈にその頃の記憶を呼び覚まします。

    特に思い出深いのは、お正月の餅つきの光景です。朝早くから餅米を蒸し、杵と臼でつくその光景と音。力強く響く杵の音が、まだ眠っている私の耳に届きました。起きて台所に行くと、蒸し器から立ち上る湯気と一緒に餅米の香りが広がっていて、その匂いが一気に目を覚まさせました。

    祖父が「よいしょ、よいしょ」と掛け声をかけながら餅をつく姿を見ながら、私もお手伝いをするのが楽しみでした。初めて餅をついた時の手に伝わる重みと温かさ。杵を握る私の手に感じた餅の柔らかさと、つきたての餅の温もりは今でも忘れられません。

    また、祖母がつくった甘いきな粉餅の味も鮮明に覚えています。ふわふわの餅にたっぷりとまぶされたきな粉の香ばしい香りと甘み。口の中で広がるその風味が、何とも言えない幸福感をもたらしました。

    台所の窓から見える庭の風景も、私にとって特別な思い出です。夏の暑い日差しの中で祖父母が庭で野菜を育てている姿、秋には真っ赤に染まった紅葉。四季折々の景色が、窓からの風景と共に私の記憶に刻まれています。

    今でも、餅米やきな粉の香りがすると、あの祖父母の台所の光景が脳裏に鮮やかに浮かび上がります。時間が経っても、その香りは昨日のことのように私の記憶を呼び覚ましてくれるのです。

  2. 【7491366】 投稿者: 子供の記憶も気になる  (ID:uXhumoYPs/A) 投稿日時:2024年 06月 16日 17:45

    嗅覚が一番記憶に残ると言いますよね。

    子育てが一段落し、自分がノスタルジーな気持ちに浸れる余裕がある今
    果たして子供たちは私の年齢になった時、五感から何が記憶から呼び起こされるのだろう?
    と思います。

  3. 【7493479】 投稿者: 素敵な思い出ですね  (ID:Zt18ebUsOpQ) 投稿日時:2024年 06月 20日 09:02

    私は集団ストーカーの被害者なので、五感で嫌がらせを受け続けています。
    シャッター音→盗撮か?の反応が身に染み付いています。
    全国で多発している犯罪です。
    被害者になる前に、手口を知り、自己防衛してくださいね。
    集団ストーカー 手口 で検索‼︎

  4. 【7493527】 投稿者: おじいちゃんの記憶  (ID:.CqfQEqjsF2) 投稿日時:2024年 06月 20日 10:30

    私のエピソードは、視覚と嗅覚の二つの感覚にまつわるものです。

    それは、祖父と一緒に過ごした田舎の夏の日々のことです。祖父の家は山に囲まれた小さな村にあり、夏になると、私は必ずそこを訪れていました。

    ある年、祖父は私を特別な場所へ連れて行ってくれました。そこは、家から少し離れた、緑豊かな森の中にある秘密の場所でした。私たちは朝早く起きて、まだ露が降りた森の中を歩きました。湿った土の香り、葉っぱのざわめき、そして鳥たちのさえずりが、私の感覚を一気に覚醒させました。

    森の奥に進むと、小さな池が現れました。その池は静かで、まるで鏡のように周囲の木々を映し出していました。祖父はそこで、私に一つの伝統を教えてくれました。それは、毎年夏の初めに、この池に来て、自然に感謝の祈りを捧げるというものでした。

    祖父と一緒に池のほとりに座り、静かに目を閉じました。風が肌を撫で、木々の香りが鼻をくすぐりました。その瞬間、私は自然との一体感を感じ、心が穏やかになりました。

    その後、祖父は私に一つの話をしてくれました。それは、祖父が若い頃、この場所で祖母にプロポーズしたという話でした。池の静寂と美しさが、二人の心を繋げたのだと祖父は言いました。祖父の目には、その時の感動が今でも残っているように見えました。

    その日の帰り道、私は祖父の手をしっかりと握りしめ、心に刻まれたこの特別な場所と、祖父の話を忘れないと誓いました。

    それ以来、私は毎年夏になると、祖父との約束を果たすために、その池を訪れるようになりました。森の香りと池の静寂が、いつも私を祖父との思い出に引き戻してくれるのです。

  5. 【7493537】 投稿者: 遠い昭和  (ID:2MeN8Dp6CXw) 投稿日時:2024年 06月 20日 10:40

    あれは幼稚園児頃だったでしょうか、母がデパート巡りが好きで一緒に連れて行ってもらったことがあった。駅を出るとそこには白装束で手足のない人が何か音楽を奏でていました。それはそれは恐ろしくて、母に聞いたけど無言か何か言ってたのかもう記憶にありません。虎に翼の正にあのシーンが出てきて想い出した。傷痍軍人さんだったんですね。

  6. 【7493538】 投稿者: インスパイアされたされた記憶  (ID:2MeN8Dp6CXw) 投稿日時:2024年 06月 20日 10:41

    五感とは視覚(見る)、聴覚(聴く)、味覚(味わう)、嗅覚(嗅ぐ)、触覚(皮膚で感じる)の5つの感覚のことです。これらの感覚等でインスパイアされた記憶がありますか?

    私はやけた芝生の匂いです。中学生の頃バイトでキャディーをしたあのシーンが鮮明に蘇ります。あの頃は暑い中、肩にバックを担いでОBになると必ずボールを探しに行かされる、ボールが貴重だったのかな。ある時どちらか忘れたけど、手首のない方に当たった、これは大変だ歩きまわされるなと。でもその方は一度もОBもなくいや上手でビックリした。インとアウトの売店で冷たい飲み物を奢ってもらった。冬はチョコレートね。あの時代も遥か彼方になってしまった。

  7. 【7493540】 投稿者: 毎日毎日  (ID:2MeN8Dp6CXw) 投稿日時:2024年 06月 20日 10:44

    昨日大谷今日大谷明日も大谷もう辟易してるんだが!

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す