最終更新:

0
Comment

【5546016】中1は

投稿者: 特徴   (ID:I/uDQ3X956A) 投稿日時:2019年 08月 22日 09:16

成功体験がない子どもたちの特徴。

中学受験で成功体験を得られなかった生徒たちは、「負」のものを引きずっている場合が多いという。夜の10時、11時まで勉強していたのに成功体験が得られなかったわけですから、勉強に疲れ、『自分はダメなんだ』と感じている。しかも小学校時代に塾に通ったり受験校を決めるにしても自分で決定していなくて、主体性を失ってしまった子どもも多いです。
手をかけられすぎた子どもは、その結果、与えられるものに対して不満を感じ、親、先生、周りの子どもたちに対して批判をするのが癖になっています。このような生徒が多い学校は中学1年の間は『リセット作業』。
劣等感を抱えて入ってきた1年生には、なにかと対立軸を作り出し、人を攻撃することで自分を守ろうとする生徒が多いという。
実際に、1年生の間は生徒同士で傷つけあうこともありますおそらく、生徒の親も傷ついているはず。


全員とは言いません。東山を第1.第2志望の子ども達もいます。そういう生徒は期待して入学します。 上位クラスに入学した子どもは自己肯定感を持てる場合もあります。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

あわせてチェックしたい関連掲示板