最終更新:

1
Comment

【6343506】学校の雰囲気を教えてください

投稿者: 初めまして   (ID:uFjCn7qp0x.) 投稿日時:2021年 05月 19日 11:54

和光鶴川小学校

ブログ最新記事

みんなで感じよう考えよ...

 講師の丹羽麻子さん 東日本大震災から2年が経とうとしています。メディアでも...続きを読む

コロナ禍、なかなか来校が難しい状況もあり、在校生の方や既に来校された方の情報など教えていただけたら幸いです。
人伝で聞いたお話しだと、公立に近い私立で学校の先生方の指導がとても良いとお聞きしました。
また校長先生と副校長先生が変わられたとのことで、新しい先生になり学校の雰囲気などいかがでしょうか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6394982】 投稿者: 在校生親です  (ID:B.L.7ibKIOA) 投稿日時:2021年 07月 01日 19:02

    以前の校長先生、副校長先生がとても個性が光る先生方で新しい先生になったら学校はどうなるのだろう?と楽しみにしていましたが、今までの良さを保ちながら新しい時代になったと感じるというか、ある意味大きく影響ないようにソフトランディングというか、さすが学校を長年支えて来られた新校長・新副校長だなと保護者たちはうれしく思っていると感じます。

    「三位一体」という子ども・先生・親の三者が共に対等に共鳴することで育ち合うところが、子どもにとっても安心感があり、親も沢山の学びを得られることは魅力的です。どの子もうちの子と思って成長を喜ぶという、大きな家庭のような雰囲気があります。
    学校の大きな行事である運動会・秋まつりなど、例年は卒業生も中学生~社会人まで友人同士で見学に戻ってくる子供が多く(コロナ禍では制限がかかる場合があり)「鶴小ってほんとにいいよね!」「青春だよねー」と声を弾ませながら一緒に踊りを踊ったり、競技で下級生に○○がんばれ!と名前で声掛けしたり、私の学生時代になかった経験で、はじめて見た時はびっくりしました。(毎年必ずこの卒業生の声が聞かれます)

    各学年2クラスのみで教室の横壁もなく、クラス間の区切りが教室前後の壁のみのオープンな作りで、学年間の交流も授業や休み時間のあそびなど幅広くあるため、同じ学校の子ども同士は名前や顔を知っている事が多く、先生は担当学年でない子どもの様子もよく把握して下さっているところがあり、コミュニティの中で育つ感覚が良いと感じます。

    低学年から専科の先生に習う教科があり、特に3年次からは多くの教科で専科授業があり、担任の先生の授業も双方向で楽しいですが、美術・音楽・体育・理科など先生が褒めて伸ばして下さることで自分は得意だと自信がついて、高学年になっても勉強が楽しいと感じ続けることができるようです。
    ただ、先生によりますが宿題は平時も長期休暇中も公立に比べてかなり少な目で、授業全体ゆったりと進めてじっくりと考え合うという感じなので、中学以降外部を受験される場合などは、個人的に勉強を進める必要があります。
    その分、泣きながら宿題するみたいなことにはならないのがありがたいところもあります。

あわせてチェックしたい関連掲示板