最終更新:

238
Comment

【4629475】受験勉強よりも大切なこと

投稿者: 動機が大事だよね   (ID:YyWL0G4gxNE) 投稿日時:17年 07月 02日 05:58

偏差値第一主義、ペーパーテストの点数さえ取れればいいという考えでやってくると社会に上手く適合できない。では彼らは何が足りなかったのか?

1.相手がどう思うかという「思いやり」
2.自分は完璧ではないという謙虚な姿勢

受験勉強ができる=自分は他人より頭がいい=相手を見下してもいい
という考えのまま大人になるのは非常に危険。思い上がった人間は人に嫌悪される。

将棋の藤井君、囲碁の井山裕太をご覧なさい。圧倒的な勝率を収めても謙虚だ。彼らは自分の力などどれほどのことでもないと思っている。藤沢秀行はこういった。「碁の神様を100とするなら私など2~3ぐらいのものだろう」

隣の小学生より受験勉強ができて灘、開成、桜蔭などに入学できても社会で活躍できなければ意味がない。自分より能力の低い者にいらいらするのではなく彼らを引っ張り上げる、モチベーションを上げさせる努力をしなければいけない。

受験勉強の神様など存在しなくても数学や物理、分子生物学などの神様(今の人間にとって未知なもの)はいるかもしれない。受験勉強ができて東大に入ってもそこで満足するのではなく神様相手に精進して欲しい。

道を誤った彼女は、私がいつも言っている「受験勉強ばかりしていると大切なものを取り落とす」を満天下に示してくれた。私の危惧が的中した。
優秀な受験生を持つ親にとって今回の事件は他人事ではない。

家族でよく話し合い、何のために勉強しているのかもう一度確認すべきだろう。

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

「中学受験情報に戻る」

現在のページ: 26 / 30

  1. 【4644385】 投稿者: バラード  (ID:/ab.Pf1J8uI) 投稿日時:17年 07月 17日 09:05

    何か目標に向かって努力すること、これは誰でも大事なことでそれが受験であってもスポーツや試合であってもコンクールや研究であっても同じこと。

    ただその時点では、それでよくても、有名になったり公人であるなら、なおさら反社会的な言動や誤解を生む行動など その周りの人から見れば欠陥となるわけですね。

    こんなことは、出身が公立だ私立だなどの問題ではなく、統計取ってるわけでもなく、単に人的欠陥?のことでしょうね。

    テストの点がよいから、野球やサッカーがうまいから、芸能界で活躍してるから
    。公的職業でも政治家、医師だから、先生だから、警官だ、自衛官だ でも、
    不祥事も反社会的言動もあるでしょうね。 

  2. 【4644440】 投稿者: 浅薄な「動機」ほど有害なものはない  (ID:rjQbvApHTME) 投稿日時:17年 07月 17日 10:07

    かつて「蘭学塾における修学」がどれほど大変なことだったかは「華岡青洲の妻」などにみることができます。
    一族の命運をかけた大事業だというのがよくわかります。
    可能ならばここを入り口に、信頼のおける資料で確認していくことも強く勧めますね。
    有吉佐和子の小説で有名ですが、増村保造監督、新藤兼人脚本の大映映画は傑作です。
    伊藤雄之助がいつもながらよい味を出していますが、「乳がん」が重要なモチーフであることもあって、華岡家の妹の描写は胸を打つものがあります。
    まさに浅薄な情緒は人を殺すことになります。
    歌舞伎役者の妻の病気に対して、テレビ情報に乗って聖女扱いしたうえ自分の妄念の補強要素にしようとする輩は○類の○だとつくづく思います。

  3. 【4644452】 投稿者: オカヤドカリ  (ID:xZWY0ZJUfqQ) 投稿日時:17年 07月 17日 10:17

    >高等教育が本人の意思次第ではなく競争試験を突破した人だけしか受けられなくなって久しい。

    動機のような、適性も能力も無いのに、出来る人間に嫉妬して足を引っ張る事しか考えないような輩に来られては困るからでしょう。選抜は重要。

  4. 【4644493】 投稿者: いや一号  (ID:62cYHxq18Qo) 投稿日時:17年 07月 17日 10:45

    中公新書の「定年後」を最近読みました。大企業を退職して十分な年金を貰っていても、日々やる事がなく、暇を持て余して苦しんでいる男性老人が大勢いるそうです。
    役職を離れたら世間の人は部下のようにちやほやしてくれないから、いろんな所でぶち切れて、疎まれたりもしているそうだ。
    これって誰かさんに似てないか?

    ここは何か書くと高学歴の人が色々教えてくれるから楽しいよね。
    「浅薄な「動機」ほど有害なものはない」さん、いつもありがとうございます。
    「華岡青洲の妻」観てみます。

  5. 【4644521】 投稿者: あおいとり  (ID:3CfgXHWI8MU) 投稿日時:17年 07月 17日 11:18

    浅薄な動機ほど…さん

    件の成田屋さんに関しては、奥様だけでなくお父様のときのことまで含めて考えると、どうもおかしな医療カルト(既存医療への不信を煽る路線の)に入り込まれてたりするんじゃないかと…

    芸能を生業にする世界といえども、今日日科学的な素養を置き去りにしてしまうと命を縮めることになりかねないんですよね(T_T)

  6. 【4644525】 投稿者: 動機が大事だよね  (ID:YyWL0G4gxNE) 投稿日時:17年 07月 17日 11:22

    勝海舟が蘭学修行しようと箕作阮甫を訪ねた。断られた。その時の理由が「江戸者には地味な蘭学などできん」ということだったらしい。その後他の師匠につき借りた辞書を2部書き写して一冊を売って学資にしたというから昔の人の向上心は大したものだ。

    蘭学ついでに。福沢諭吉が若い頃、夜店に並んだ古本の「蘭学事始」を読んで先人の苦労に涙した。前野良沢や杉田玄白が暗中模索しながら孜孜として翻訳を進める姿は今読んでも心を打つ。

    数年前話題になった「天地明察」の渋川春海は本来碁打ちで安井家の人だった。
    同時期に本因坊道策という大天才がいて囲碁の道に見切りをつけたと言われている。

    こういう学問話は楽しい。ここに集う優秀な皆さん身近なそんな逸話を何かしてくれませんか?

  7. 【4644582】 投稿者: バラード  (ID:/ab.Pf1J8uI) 投稿日時:17年 07月 17日 12:22

    昔の偉い人は、まず人の話を素直に聞いて受け入れる、それから自分の考え方や方向性を出して改革推進していったように思います。

    福沢諭吉が、これからの時代、漢学でも蘭学でもなく英語を使えること、と横浜で思い知ったとき、横浜で異国の少女から英語単語の聞き取りをやってカタカナに直して、さらに江戸の英語が出来る師を求めて片道2時間走って通ったとか。

    吉田松陰は、高杉晋作はじめ一人ひとりの話しにじっと耳を傾け、一人ひとりに違うことを諭したとか。

    これは現代でも同じようですね。
    常に株主やオーナーだけでなく顧客や従業員の言ってる話に耳を傾け、そういうことだったら、こうしようと、適切な判断している経営者はだいたい成功してます。

  8. 【4646512】 投稿者: 動機が大事だよね  (ID:YyWL0G4gxNE) 投稿日時:17年 07月 19日 13:34

    伊能忠敬なども50歳すぎから学問して全国測量に出向いた。

    隠居まで家業を勤め上げてからですから大したものです。自分の志を実現するために努力した人は試験時代の現代よりもモノになっている気がします。

    やりたいことが見つからずにとりえあえず受験勉強して大学に入るのとはだいぶ違います。青春時代にあれこれやって自分のやりたいことを見つけた人が結局は勝ち組ですね。大学院出てもフラフラしている人を見ると学問なぞなくとも仕事に精出している市井の人のほうがよっぽど立派でしょう。

あわせてチェックしたい関連掲示板