最終更新:

6
Comment

【4666388】AI技術進展と受験

投稿者: 疑問   (ID:j3R6/Vj71Go) 投稿日時:17年 08月 09日 06:15

いずれAI技術進展により、
東大京大医学部合格への受験技術は
自宅で身につくようになるのでは。

通学時間は無駄になるかも。

だとしたら、
受験校なんていらないですよね。

果たして、将来中学受験は残るのか。

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

  1. 【4666418】 投稿者: 結構なことです  (ID:5Xs1hw1x48s) 投稿日時:17年 08月 09日 07:33

    要は最終学歴ですから、

    ○○中高出身自慢なんて意味がないです。

  2. 【4666495】 投稿者: え?  (ID:s8AOYA4sVQM) 投稿日時:17年 08月 09日 09:41

    予備校が無くなるならわかるけど、
    中高がなくなるんですか?

  3. 【4666514】 投稿者: 東ロボくん  (ID:sBFd.TishrE) 投稿日時:17年 08月 09日 10:00

    子供は進学校→東大ですが、学校で「勉強した」とは思っていないようです。

    子供に言わせると、
    「学校は友達を作るところ。人生を学ぶところ。勉強は学ばない」
    「塾は勉強をしたような気にさせるところ(幻想)」
    「勉強するのは自学」
    だそうです。

    勉強をするところではないのであれば、逆に中高は重要ですよね。
    また、「勉強した気にさせる」塾はプラシーボ効果で必要な方もいるかと思います。

    子供の場合は、塾は無駄、と言ってすぐに辞めてしまいました。
    知っていることを教えられても、意味がないという理由でした。

    AIの話に戻すと、例の「東ロボくん」のプロジェクトはとりあえず終了のようです。
    東大に合格するAIは、今のところ作るのが難しいそうです。

  4. 【4666603】 投稿者: バラード  (ID:kbDLemOibKU) 投稿日時:17年 08月 09日 11:37

    東進はじめとして、通信、自宅、パソコン授業や学習はもうかなり進展してます。
    ただAIとはちょっと違うような。

    あとは教育改革の流れは、何が出るかわからない入試問題に向かって必死に何千何万もの知識をつけていく、ということから、大学入試なら「高校でどんなことやってきたか(学業成績含めて)」「大学学部でどんなこと学んでいきたいか」とセンターに代わる到達度試験などや英語の資格グレードなど全方位で見るような選抜へと動いてますので、この流れは(教育の)中、高にも適用されていくと思います。

  5. 【4666616】 投稿者: 街歩き  (ID:z3HSnSDxIdY) 投稿日時:17年 08月 09日 11:51

    受験対策へのIT活用は、すでに某大学受験予備校等で、遠隔地での授業や、人気講師のDVD、オンデマンド授業等、始まっていますね。英会話レッスンも、Skype使ってネイティブと会話するのが広まっています。ITを使った廉価なサービス提供は今後も進んで行くでしょう。
    但し、それは塾・予備校的な教育産業の話であって、学校がその方向に行く事はないでしょう。不登校などの事情がある生徒向けに通信制中心の高校というのは存在するようですが。
    仮に大学受験のみを目的に通信制の教育機関を作るとしたら、それは学校法人である必要は無く、塾にするでしょう。文部科学省の指導に沿った運営をする事とか、副教科の履修とかは、大学受験には不要でしょうから。

  6. 【4667552】 投稿者: あい  (ID:MhOeZ1IuGgY) 投稿日時:17年 08月 10日 13:09

    私は、中学受験が法律で禁止されると思います。

    adaptive learning が進化し受験データの集積が進んでくると
    リアルタイムで合格確率の予測ができるようになり、
    また学習自体もゲームのようになり受験生を熱中させるようになるでしょう。

    すると、睡眠時間を極限まで削って勉強しようとする子供や
    勉強させようとする親が現れ、
    過労死する子供が現れて社会問題になった結果、
    中学受験自体が廃止になると思います。

あわせてチェックしたい関連掲示板