最終更新:

6590
Comment

【5128622】スッキリ!中学受験密着企画「偏差値41から広尾学園」ジャガー横田・木下医師一家密着について

投稿者: 通行人   (ID:Qk15m0kPv3o) 投稿日時:2018年 09月 27日 19:59

どう思われましたか?
息子さん、少し個性が強そうで反抗期っぽい様子でしたが、毎日朝早く起きてお父さんと勉強頑張ってる姿には素直に頑張って欲しいと思いました。
が、現状考えるとかなり難しいのではないかと….

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5249642】 投稿者: 尻切れとんぼ  (ID:lUi4ek/s2ec) 投稿日時:2019年 01月 03日 21:45

    12月に併願校の話を出してた先生は、コーディネーターのエキスパート宝田先生です。

    エース家庭教師の澤先生は、画面では殆ど喋ってらっしゃいませんね。

  2. 【5249849】 投稿者: たしか  (ID:FpgUxOqqZbw) 投稿日時:2019年 01月 04日 05:22

    放送は12月末でしたけど、「11月末〜併願校について〜」ってナレーションが入ってたと思います。そのあと「最近は直前まで出願は可能だけど、12月中にはどこを受けるか決めておくべき〜」みたいなナレーションも。
    だから、放送時点ですでに併願校は固まっている状況だと推測されます。12月最後の模試前に話が上がっていたようですので、志望校判定に併願校も記入したのではないでしょうか。
    塾の個別面談も、だいたい11月〜12月にかけてだと思うので、タイミングとしては間違ってないかもしれませんね。

    その前に広尾以外の学校をリサーチしていたかどうかは分かりませんが…。
    でも、北海道出身の木下パパが暁星の情報を持っていたあたり、事前にリサーチして、それとなくたいし君に「こんな学校もあるんだね、お!女子校も近いじゃないか!」位の話はしてたのかも。だから、併願で暁星の話がでた時に「女子校の近くにあるところ」でたいし君が理解できたのでは、と思いました。
    自宅がある広尾と九段下の暁星じゃ少し離れているので、女子校が近くにあるとか、いくらなんでも教えてあげないと、たいし君には分からない情報ですよね。

    テレビで言わないだけで、他の安全校となる学校もリサーチ済みなのでは?

    あくまでも「広尾への挑戦」って企画なので、そこまで詳しく併願校の話をテレビでは掘らないんじゃないかと個人的には思っています。

  3. 【5251166】 投稿者: これは壮大な広尾のディスり?  (ID:.wGQGo2XiBU) 投稿日時:2019年 01月 05日 12:29

    もし首都模試48の子が合格するならば、広尾はかなり長い間(イメージの上で)難関校入りできなくなるんじゃないでしょうか。

    「うちの子、広尾に受かったの」

    「(ああ、昔テレビで見た。首都模試50以下の子が入る学校ね)おめでとう。良かったわねー」

    今でもテレビの影響は想像以上に大きいと思います。

    広尾のコンサルタント会社は、
    ①とにかく知名度が上がればいい。テレビで取り上げられること自体が成功。
    ②これまでやってきた偏差値向上戦略が台無しになる。

    どちらに近い考えを持つのでしょうか?

  4. 【5251332】 投稿者: 尻切れとんぼ  (ID:lUi4ek/s2ec) 投稿日時:2019年 01月 05日 15:00

    あれだけ「広尾Love」と 全国ネットで連呼しちゃったから、
    広尾を受けない訳にはいかないと思いますが、
    広尾本科に変えたとはいえ厳しい道のりでしょうね。

    今頃 エース澤先生と 日夜猛特訓でしょう。
    広尾本科の過去問をやり込んで、パターンがあるならそれを覚え込んで、
    間違いを直して 自分のものにしていく作業をずっとやってると思います。
    澤先生が横につけない日は、2番手エースの先生を投入して、
    とにかくたいしくんが1人になる時間を作らないのがポイントかと。

    これを個人でやろうとすると、莫大なお金がかかりますが、
    トライは番組スポンサーですし 宣伝効果を狙ってますから、そこは全力でやって下さるでしょう。

    できれば1月の埼玉受験で1つ合格をいただいて 自信を付けたいところ。
    学校選びがとっても重要になると思いますが、木下パパはどの学校を選んだんでしょうね。

    皆が頑張っているこの時期、
    偏差値を上げるどころか下がらないように喰いついていくだけでも大変なのに、
    偏差値20も上の学校にチャレンジするのですから 大変です。
    トライの澤先生も、顔出ししている分 合格させなきゃならないプレッシャーは 凄いと思いますよ。

    たいしくんが笑顔で受験を終われるような結末を祈ってます。

  5. 【5251476】 投稿者: ファンタジー  (ID:CVPITEJX3Dk) 投稿日時:2019年 01月 05日 16:34

    あらためて木下博勝氏のブログを読んでみましたが、親ってありがたいものだなあと素直に思いましたね。
    同時にずいぶん以前から受験勉強をしていたこともうかがえて、それでこの状況というのは大変だというのも感じました。
    名前をだれも出していませんが、自由の森学園という学校があります。
    最初はそれなりの理想を持って作られた学校で、東京ドルトン学園をかなり過激にしたようなスタイルです。
    「自由」という言葉に自縄自縛状態になっているところはありますが、間違いなく料理と木工とダンスはかなりのレベルで学べます。
    私の知人で自由の森出身のダンサーがいますが彼女は本当に優秀で、東大の中でも目立っていました。
    3月まで複数回の受験機会があります。
    トライの人は存在自体を知らないかもしれませんが。

  6. 【5251523】 投稿者: 頑張って  (ID:Gc7Zq7eJWGA) 投稿日時:2019年 01月 05日 17:09

    news.nifty.com/article/entame/showbizd/12105-1837/
    今頃になって合宿だそうです。
    埼玉県は来週から始まるのに…
    間に合わないのは明白ですね。
    まぁ中学受験は普通は4年生から勉強始めますよ。どんなに遅くとも4年生の2月スタートしないと希望のところに合格するのは難しい。
    この企画初めから追ってたけど6年生の夏休み明けからなんて無謀だったと思うよ。
    6年生から始めるなら高校受験をターゲットにすべきだったと思う。高校受験は得意の英語もあるからそこで点数も稼げるしね。
    それなら開成もターゲットに入れられただろうにね。
    これは完全に親の作戦ミスだとも思うよ。
    中学受験失敗したら子供のメンタルダメージが大きいよ。公立なんか動物園なんだから受験失敗したことで散々同級生に揶揄されて成長期の性格に影響すると思う。
    今となっては、奇跡を信じて受験に挑むしかない。
    此処を御覧の方々にとっては『他人の不幸は蜜の味』だと思うので、精々ドキュメンタリードラマを見せてくださいね。
    冷たいようだがこれが本当の現実ですよ。

  7. 【5251529】 投稿者: ファンタジー  (ID:CVPITEJX3Dk) 投稿日時:2019年 01月 05日 17:15

    ちょっと事実誤認があるのではないでしょうか。
    木下氏のブログでは

    >>昨夜、合宿中のたいしから、午後11時頃に電話がありました。
    確かに、生まれて此のかた、たいしは一人で寝たことが有りませんでした。
    過去の勉強合宿は、いわゆる大部屋で、数人で一部屋だったのです。
    今回の年末年始合宿は個室らしく、不安で僕に電話してきたらしいのです。
    大丈夫だよ。12才なんだから、一人で寝られるよ。と答えて電話を切ったのですが、内心は心配で、お父さん行ってあげようか、と言い出しそうになりました。

    という記述があります。
    これはずいぶん前から勉強合宿のある塾に通っていて複数回の合宿を経験済みという意味でしょう?
    6年の途中から思い付きで始めたということではないと思いますよ。

  8. 【5251566】 投稿者: 尻切れとんぼ  (ID:lUi4ek/s2ec) 投稿日時:2019年 01月 05日 17:55

    木下パパのブログ、拝見しました。

    個人部屋が用意される勉強合宿って、随分ゴージャスな合宿ですよね。
    トライの勉強合宿?
    元々行ってた塾の合宿?
    何回目かの勉強合宿みたいですから、これまでも合宿に参加したことあったのでしょうね。

    ブログを見ると、温かい父親の気持ちが伝わってきましたね。
    これまで木下パパのこと、ちょっとモラっぽい?と疑っていましたが、
    たいしくんを想う気持ちに嘘は無いのでしょうね。
    ファンタジーさんが仰るように、親って有り難いものですね。

    ジャガーさんは、元日・2日共プロレスの試合だとか。
    だから 2月の受験が終わってから たいしくんの誕生日もクリスマスもお正月も兼ねたお祝いですね。
    いいお祝いが出来るといいですね。

あわせてチェックしたい関連掲示板