最終更新:

19
Comment

【5203185】とうとう夫がキレました

投稿者: 涙色   (ID:zTS5vKGsMfI) 投稿日時:18年 11月 25日 23:37

そもそも中学生になるから、通学も遠くて何かあったときのためにとスマホを与えたのが間違いだったのは充分承知してます。
与えないことももちろん考えました。
しかし学校ではほぼ所持していると担任の先生も仰ってました。
なのではじめに親子でルールをじっくり話し合いました。

しかしとにかく時間があればゲーム。
一緒に出かけてもゲーム。
勉強の時間も隠れて触る。
その度に叱りつつも話し合い、分かってもらいたいと思ってました。
夫とも、あまりに禁止してもこそこそやるだけだから、けじめをつけて使えるようにしたいねとの意見でした。

しかし今日、テスト前のこの時期に隠れてゲーム。
夫は猛烈に怒り、取り上げることになりました。本当は取り上げるとかしたくなかったんですけど。
成績だって良い訳じゃない。ギリギリで入ったから大変です。
今在籍してる特進コースから普通コースに変わることもある学校です。よっぽどのことが無い限り名前が上がることは無いですが、本人も頑張らなきゃ!と言った矢先でしたので、凄くガックリしました。

普段夫は子どもには最大限付き合うタイプで、ちょっと甘いんじゃないかなあーと思うことも多い人です。しかし怒るとかなり怖いです。筋が通らないことは大嫌いです。

とは言え、小学校のころ、DSを買い与えたところ、ルールは守れない、隠れてやる等の事があったので、今回の事態もなるべくしてなったところはあります。私たちの判断ミスです。

さて、どうやって取り持つかなぁーと、悩みます。
これから子どもとスマホの使い方をどのように伝えるべきか悩みます。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「育児に戻る」

現在のページ: 1 / 3

  1. 【5203323】 投稿者: チャンス  (ID:Tn0Tn9xfeLI) 投稿日時:18年 11月 26日 06:11

    ピンチをチャンスと捉えてはいかがでしょう。

    小学生の頃もゲームを与えると同じようになったとのこと。今、ご主人にスマホを没収されたのは良い機会です。
    じっくりルールを決めなおしてはいかがでしょうか。

  2. 【5203334】 投稿者: 頑張って  (ID:pdVUvkgPqX2) 投稿日時:18年 11月 26日 06:40

    どこか甘いところがあるのを、子どもさんに見透かされてるんだろうなぁ。
    今度こそ本気でルールを守らせないと、
    「何だかんだ言っても、ウチの親は何とかなる」
    と、お子さんに再認識させるだけの結果になりますよ。

    学校に行く時にスマホを渡して、帰ってきたら朝まで預かるとか?
    スマホ自体をスパッと止めるとか?

    とにかく、本気でお子さんと向き合って相談して下さい。

  3. 【5203390】 投稿者: キレ者  (ID:HDcVubFDVDs) 投稿日時:18年 11月 26日 08:07

    随分お子さん寄りなのですね。
    その状況なら、私も取り上げますが…

  4. 【5203431】 投稿者: スレ主です  (ID:zTS5vKGsMfI) 投稿日時:18年 11月 26日 08:43

    ありがとうございます。

    今までもかなりバトルはしています。
    何度も短期的には使用禁止をしたりしてきました。
    携帯はあなたのものではない。父親があなたに貸しているというスタンスでやって来ました。
    身近な子で、親が厳しく取り締まっていて、親の見てないところで人の携帯を奪ってゲームしてるのを見聞きしていて、余り厳しくするのもどうかなと迷っていました。
    しかしこれは良い機会だと捉えて、きちんと向き合おうと思います。

  5. 【5203474】 投稿者: わかります。  (ID:bCdkCPmw5kQ) 投稿日時:18年 11月 26日 09:23

    スマホの時間管理の事で長年喧嘩しつづけてきましたが、
    スマホ没収して 半年になります。
    なければないなりに、なんとかやってるようです。
    時々愚痴ってますけど、無視です。

    成績はそんなにもわるくなかったので、ゲーム三昧でもほっておいたものの、睡眠時間を削ってやっているのを、みかね、没収という強硬手段に出ました。

    スマホで得られるものは多いのかもしれませんが、害の方が多すぎる、と判断しました。

  6. 【5203475】 投稿者: 依存症  (ID:g0iTwLi3mzg) 投稿日時:18年 11月 26日 09:25

    スマホ依存症は、個性の一種と言えないこともありません。
    兄弟で、同じ親から同じように言われてスマホを与えられても、片方だけ依存症のようになってしまった親戚の子がいました。

    しかし、その親戚の兄弟は、スマホ依存になっていない子に比べて依存症になってしまった子の方がかなり出来るのです。

    教育環境が同じでも、賢さが、子供それぞれの個性によって大きく違うことと同じように、依存症になるかならないかも個性によるのでしょう。

    とすると、すでに依存症のようになってしまっているお子さんに関しては、どんなにいい「言い聞かせ」をしても治らない可能性も頭に入れておく必要があるでしょう。
    新しいルールを作ってそれが守られるようなら、そういう個性なのでしょうし、どんなに厳しいルールを作っても守れない個性かもしれません。
    話し合い、ルール作りと一緒に、お子さんには言わなくてもそういう依存症だったらどうするか、両親の間での相談が必要だと思います。

  7. 【5203746】 投稿者: めぐみ  (ID:4S4h54cL/xo) 投稿日時:18年 11月 26日 12:56

     依存症さんの事例を参考にして、スマホに触れるのは成績と生活態度が一定水準以上の場合のみとしてはいかがでしょうか。
     学校の行き帰りはキッズケータイ。遅延などで調べる必要が出たら、親に連絡。親が調べて折り返し。

     触れる時間は、夜の九時まで。食事中は触らない。それ以降で調べもので必要ならリビングテーブルで。

     土曜か日曜のどちらかで、朝から夜九時まで所持できる。週によって、友達と出掛ける日曜に渡すか、土曜の学校の行き帰りでも遊べるかは変えたらいい。

     小テストや中間期末テスト、検定試験、等の成績。家での家事協力、生活態度。これらでスマホを平日登下校で持ち歩けるかが変わる。
     娯楽にのめり込みすぎないようにするには、他にもっと面白いものを見付けるのが一番ですが、無理ならコントロールして、時間管理の仕方を巣立つまでに教え込むしかないです。

     特定のことだけは覚えが悪い、なんてすべての人にあることです。ならば、根気よく行くしかないですね。頑張りましょう。

あわせてチェックしたい関連掲示板