最終更新:

59
Comment

【850174】福岡でヴァイオリンの先生を探しています

投稿者: アンパンマン   (ID:js9OqccxOkE) 投稿日時:2008年 02月 20日 01:27

子供が3歳になったらヴァイオリンを習わせたいと思っています。
私は、ぜんぜん詳しくないのでよくわかりませんが
可能性があるのならプロのバイオリニストになって欲しいです。
やっぱり、先生によって指導法なども違うと思いますし
最初の先生探しが重要な気がします。
いい先生がいらっしゃれば教えてくださいよろしくお願いします。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「バイオリンに戻る」

現在のページ: 8 / 8

  1. 【2175947】 投稿者: 通りすがり  (ID:bdAcwJjFXW6) 投稿日時:2011年 06月 21日 23:09

    日本とイタリアでは、クラシック音楽を学ぶ環境が全然違うのに比べられても困ると思います。
    すばらしい環境で、才能にあふれたお子様を、良識あるご両親が育てられたなんて、本当にうらやましい限りです。

    日本では、クラシックは好きであっても、海外生活の経験のない浅学な親が、ナントカわが子の才能を伸ばしてやりたいと、
    なかなかそういった環境に身をおけるチャンスもないので、早くから始めて、より良い先生とめぐり合うチャンスを
    求めて(ある程度、才能の片鱗でも見せないと最初からつけることはまれなので)一生懸命なのです。

    滑稽に見えるかもしれませんが、それが日本のクラシックの現状です。
    そういう親の一人として、一言言わせていただきました。

  2. 【2176219】 投稿者: >通りすがりさま  (ID:1gcarOwJzwM) 投稿日時:2011年 06月 22日 07:44

    滑稽だなんておもいません。イタリアにいたって日本にいたって親ばかは親ばかですから。わたしだって立派な親ばかです 笑

    確かに。。。。日本で生活することはヨーロッパの感覚からかけ離れていることなんですよね。
    かくいう自分も今になってよくわかります。

    エレベーターガールの奇妙な声、
    天井の低さ、
    湿気の高さ、
    絨毯での生活(いまはフローリングですか?)
    日本のポピュラー歌手の異常なレベルの低さ

    ヨーロッパの教会をみて、ああ、ここの人たちの望む音ってこのクーポラなんだなあと実感しました。
    私は歌ですがバイオリンやチェロの先生方も歌の先生と同じこというんですよね、すごく勉強になります。

    響きは横ではなく縦。空気をいれてまわす(教会のクーポラのように)。。。歌だけの単語かと思ったら弦にも共通するんですね。確かに日本人オペラ歌手(一概にはいえませんが)日本のオケとヨーロッパの違いの根本はここだと思います。

    私の父は引越し公演オペラなどのプロデュース関係で、幼少から色々つれていってもらいましたが、ピアノは13歳までレッスンには行かせてもらえませんでした。

    どうせあきるんだろう。。。趣味でやるおんがくなどない!と言い切っていましたね。ままごとで学べるものなんてないし、壁を乗り越えてこそすきになれるんだ。いや、もっともなんですけど趣味以外はすべてプロってわけでもないですからね。大正の人だったんで、ちょっと極端でした。

    紙鍵盤で2年間練習し、やっと音高にいきたいから!ということではじめさせてもらいました。。

    日本にもたくさんすばらしい音楽家がいらっしゃいますし、来日する音楽家もたくさんいるので、
    レッスンレッスンになるまえにそういうベースを与えてあげられると子供の成長も早いのでは?と思ったまでです。

    ただ高いんですよね、チケットが。。。うーーん。ヤマハとかって先生同士の楽しいコンサートとかってないんでしょうか?週に2,3回そういうコンサートがあるといいですねーーー

    イタリアで耳に痛い話をよく聞きます。
    「バイオリンでも歌でもコンクールではいつも日本人、韓国人、中国人。。。でも彼らが歌劇場で歌ったり演奏したりってほとんどないんだよな、コンクールが到達点だとおもってる。だからそこで成長がとまる。もしくはうったえるものだけの人生を歩いてきていない。音楽はいっしょうもんなのになあ。。。。」

    なにはともあれ多くの子供たちが音楽ができる状況にある日本は、そして日本の教育(小学校・中学校)はすばらしいと思います。
    イタリアじゃカセットテープの上に重ねて歌うのが音楽の授業ですから。。。。涙

  3. 【2176787】 投稿者: 通りすがり  (ID:bdAcwJjFXW6) 投稿日時:2011年 06月 22日 13:52

    日本では空気を回す感じはわかりません。

    コンサートは海外の有名どころは親子で行ったら、とんでもなく高いです。
    お稽古に熱心な家ほどお金がかかるので、そんなにいけないです。

    教えていただいている先生のコンサートには、できるだけ行ってモチベーションをあげています。

    日本人のオペラがイマイチと書いてありますが、ヤマハの先生のコンサートではソリストを目指す子どもは
    得るものがありません。お書きの通りのレベルです。

    そして、アジア人がコンクールに頑張るのは、肩書きがないと仕事として食べていくのが難しいからです。
    芸術家への尊敬の念もなく、マスコミに取り上げられなければ、フリーター並みに考えている人がいっぱいです。
    タイトルを取らなくては、コンサートのチケットも売れないのですよ。
    若くして、国際コンクールで優勝した天才少年や天才少女が大好きな国民なのです。
    テレビに出てくる高嶋ちさ子さんや葉加瀬太郎さん、宮本笑里さんを上手なバイオリニストとして認識していても、
    五嶋みどりさんは知らないのがほとんどの日本人です。

  4. 【2176947】 投稿者: ガッテン  (ID:4N7scKlnaaU) 投稿日時:2011年 06月 22日 16:23

    娘が、コンクール等、目標に向かっている内は、
    親子楽しく頑張ってきました。
    親がスポンサーの内はそれでいいのですが、
    その先が、まったく見えてきません。

    何年か前、高校の部で一位になった先輩の、
    先行きを楽しみに見ていたのですが、
    就活に苦しみ、入団したオケも、経営不振の話を耳にしますと、
    音楽は、最高の趣味の世界です。

あわせてチェックしたい関連掲示板