最終更新:

1645
Comment

【3785714】医者、余るらしいよ

投稿者: うちは一応受けますよ   (ID:0eoT0kqw4t2) 投稿日時:2015年 07月 05日 23:15

厚労省の発表によると、

人口10万人比で、医者の人数は、

1990年  171人(今の50代の親世代の医者が医学部卒業)
2000年  201人
2012年  227人
2020年  264人(今の医学部生が医者になる年)

OECD平均 280人

2025年  292人(今の高校生が医者になる年)
2030年  319人(今の中学受験生が医者になる年)
2040年  379人

※さらに東北と成田に医学部ができる予定。

※歯科医師の人口10万人比は、74人(OECD72人とほぼ同じ)

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5659595】 投稿者: 暫くしてから  (ID:No0mj3vIPnI) 投稿日時:2019年 12月 04日 01:38

    >本当に余るのかな?
    クソ忙しいぞ

    平均寿命が延びることもあり、全体の人口減はあっても高齢者人口はしばらく増加する。
    患者の殆どは高齢者だから、医療費増加は止められない。
    就業人口の減少のため公的医療保険は赤字にならざるを得ず、税金も投入されている。

    生活保護やオポジーボやDAAなどに対する高額医療費補助も税金から支払われているから、医療費に関する赤字はさらに膨らみ続ける。

    国が補填してくれている間は、医者の収入もある程度は保たれるし、医者の仕事は需要が増える間は増え続けるだろうね。

    この赤字増大状態がいつまでも続くわけがないので抜本的な改革が必要になり、例えば、高齢者の2割負担やアレルギーに対する抗ヒスタミン剤は自費なども言われだしたが、さらに高齢者も一律3割負担、生活保護の医療費の一部自己負担、などの医療費削減の方向になれば、患者も受診を控えるようになり、医者もようやく暇になるんじゃない?

    おそらく医師会は大反対をするだろうけど。

  2. 【5659619】 投稿者: 少ない医療費  (ID:ia05A4.Meok) 投稿日時:2019年 12月 04日 05:55

    ↑ 10 Luxembourg21.0
    税 14 Hong Kong SAR 24.2
    金 18 Singapore 27.9
    が 22 Switzerland 28.9
    安 35 Korea, Rep33.7
    い 47 United Kingdom35.3
    国 48 New Zealand 35.6
    58 Netherlands39.1
    66 Norway41.6 ⇒ このあたりが中央値
    67 United States42.3
    税 75 Canada 45.4
    金 81 Greece 47.4
    が 87 Russian Federation 48.7
    高 89 Australia 50.3
    い 90 Germany .50.5
    国 99 Sweden.54.5(老後は天国)
    ↓ 101 日本55.4(老後は地獄)

    ●実は日本は超重税、福祉超充実国家のスウェーデンよりも税負担が大きい!

    租税・社会保障負担率
    日本 28.8%
    スウェーデン 51.6%

    この数字だけ見るからスウェーデンは重税国家と言われるが、
    ここから社会保障給付費や公財政支出教育費を差し引いた修正国民純負担率は、

    日本 14.0%
    スウェーデン 11.9%

    逆に日本の方が大きくなる。
    つまり払った額から返ってくる分を引くと、日本の方が負担が大きいのである。

    つまり
    北欧の 高福祉 高負担
    欧米の 低福祉 低負担

    日本はその悪いところだけを合わせた低福祉 高負担

    日本の医療費42兆円、米国は333兆円;人口が半分の日本は超低額
    医療費の現状です。米国の思いやり予算は小泉政権の時に医療費を3千億
    円を削って、米国に差し出す事で始まりました。その為、多くの医療機関
    が崩壊しました。

    消費税が上がり、老人の医療費が2倍に成り、風邪や花粉症の薬と湿布が処方されなく薬局で何十倍もの費用が掛かる状態に移行しようとして居るのに、何時まで桜、森友ばかり騒いでいる無能野党しか居ないのがこの国の現状です。

  3. 【5659705】 投稿者: 呑気な父さん  (ID:8fF4/XuhvzQ) 投稿日時:2019年 12月 04日 08:16

    既に消費税増税は大失敗の気配。
    経済対策13兆円は個人消費回復には効かないよね。

  4. 【5659852】 投稿者: アカデミア万歳  (ID:UVYq3Xde6J.) 投稿日時:2019年 12月 04日 10:09

    前に投稿した創作に関するレスやコメントをありがとうございます。

    医師の実際のキャリア形成はもっと複雑で、大学院進学や留学などやるかやらないかも含めて考える要素は非常に多く、地域により、専門により、勤務条件も収入もずいぶんと違ってきます。
    私の前の書込みでは専門医取得後の給与が若干安めかも知れません。
    しかし、医師が余っていると言われる東京都心でさえ、専門医取得までは無給とか極めて低い収入、ということは無いです。

    話変わって

    アカデミアの崩壊は官僚の策略だった部分は大きいのですが、大学幹部の責任もまた大きかったと考えています。
    大学のお歴々は言うことを聞かない部下を首にする権力が欲しくてたまらなかった。
    いかに業績の大きい教授であれ、公務員である部下の常勤講師などを勝手に首にすることはできませんでした。しかし、ポスドクは勝手に首にしたり雇い止めしたりできる。小躍りしていた大教授を複数存じ上げています。
    大学幹部は、また、次のように考えていました。

    若手研究者は競争が激しいほど研究成果が上がる。若手研究者を正規雇用や終身雇用などで甘やかすことは断固として許しがたい。

    大学教授はもっとも高貴にして世の中の尊敬を一手に集める職業であり、最優秀の若手は年収300万の臨時雇を続けてもアカデミアを目指すものである。

    こういう思想でアカデミアを潰した指導者たちは、栄誉に包まれて引退し、勲章などもらって上級国民としての余生を楽しんでいらっしゃることでしょう。

  5. 【5660020】 投稿者: 羨ましい  (ID:/jmIoFa1QW2) 投稿日時:2019年 12月 04日 12:57

    当院では人口減少の影響マトモに食らってます。高齢者も近隣政令指定都市流出でここ数年町の死亡者数が横ばいから減少に転じました!市立病院が新築した影響もあり我が医師会の会員は皆さん右肩下がりです、、、、

  6. 【5660085】 投稿者: ドンドン膨れ上がる社会保障費  (ID:GL8Asb.cv7U) 投稿日時:2019年 12月 04日 14:22

    >老人の医療費が2倍に成り、

    その分、公的医療保険からの支出は減少。

    >風邪や花粉症の薬と湿布が処方されなく薬局で何十倍もの費用が掛かる状態に移行しようとして居るのに

    そもそも、風邪を治す薬というのは、抗インフルエンザ薬くらいで、あとは症状を一時的にとる薬になるので、「風邪を治す薬」などはない。
    抗生剤などの処方は、殆どの場合が不要で、薬局で市販の風邪薬で十分だろう。

    薬局で何十倍もするのかな?
    当たり前だけど、処方薬は自己負担以外は公的医療保険から支払われるので、自己負担額は減少しても、公的医療保険は膨らむだけ。

    さらに風邪に対して長期処方はできないが、薬局での市販薬は量も多いから単純に比較できないし、受診すれば、薬代以外に診察代なども取られるから、自己負担額でなく、総額で比較すれば高くなる。

    こういう批判をする人たちは、ドンドン膨れ上がる社会保障費はそのまま放置してもいいと考えているのだろうか?

  7. 【5660240】 投稿者: あの〜  (ID:RBpnUS13cMU) 投稿日時:2019年 12月 04日 17:39

    批判するだけなら誰でもできる。
    批判しかしないからなかなか浮上しない野党みたいなものだ。

  8. 【5660369】 投稿者: あれ~?  (ID:JqIDNzYAEHY) 投稿日時:2019年 12月 04日 19:59

    医者じゃない人物がいろいろ書き込んでいるね
    読者は信用しちゃだめだよ

あわせてチェックしたい関連掲示板