最終更新:

1955
Comment

【3785714】医者、余るらしいよ

投稿者: うちは一応受けますよ   (ID:0eoT0kqw4t2) 投稿日時:2015年 07月 05日 23:15

厚労省の発表によると、

人口10万人比で、医者の人数は、

1990年  171人(今の50代の親世代の医者が医学部卒業)
2000年  201人
2012年  227人
2020年  264人(今の医学部生が医者になる年)

OECD平均 280人

2025年  292人(今の高校生が医者になる年)
2030年  319人(今の中学受験生が医者になる年)
2040年  379人

※さらに東北と成田に医学部ができる予定。

※歯科医師の人口10万人比は、74人(OECD72人とほぼ同じ)

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6787692】 投稿者: 良かったね  (ID:I27EK8nsldE) 投稿日時:2022年 05月 23日 20:15

    予測より少なく済んで。

    国福や東薬の卒業生はまだカウントに入ってないし、
    医療費や統合の問題や、コロナバブル終焉後はどうなるか?

  2. 【6787697】 投稿者: 病理医  (ID:gNX20n2XE1g) 投稿日時:2022年 05月 23日 20:21

    女優の芦田愛菜が、来年から慶応大学医学部に進学することが内定したという。彼女は今、付属の慶応女子高3年生。医学部は他学部とは違い、慶応女子からは5人前後しか進学できないらしく、内部進学でも超狭き門だという。「純粋に評価していいと思いますよ。彼女は中学受験の際、J学院と慶応女子に合格したのは有名な話。J学院は東大を目指すトップクラスの中高一貫校ですが、学校から芸能活動を禁止された。それで慶応女子に入った経緯があります。進学してからは『医者になりたい』と言っていたので、実現間近でしょう」まだ少々早いが、一部週刊誌は芦田が病理医を目指していると報道。「病理医は、診察はしないのです。患者の組織を採取して、その性質をジャッジしたり細胞診断などをします。よく知られているのは、死因不明の患者の病理解剖などを行う解剖医の存在。今、日本の医学界は解剖医が圧倒的に不足し、授業も困るほどです。彼女がもし解剖医になったとしたら、医学界に大きく貢献できますよ」順調にいけば、芦田は来年4月から医学部生ということになる。

  3. 【6788055】 投稿者: もう決まるの  (ID:OAwTVwIN52k) 投稿日時:2022年 05月 24日 05:19

    来年の推薦が決まるのは、まだ先でしょう。

  4. 【6796445】 投稿者: 歯科検診義務付け  (ID:BanmJl1O2.Y) 投稿日時:2022年 05月 30日 23:55

    年に一度の歯科検診だそうです。歯科検診の費用はかかっても医療費は下がるとの目論見ですね。

    歯科以外の医療分野でも健康診断や人間ドッグも充実させて健康寿命を伸ばし、働く期間を伸ばし、介護負担を減らす。そんな世の中になっていくのでしょう。

  5. 【6801931】 投稿者: 慶應女子高の人  (ID:Qc.YAMkpA1Q) 投稿日時:2022年 06月 04日 11:35

    それな

  6. 【6942267】 投稿者: 厳しい  (ID:6vt1kZYapXA) 投稿日時:2022年 09月 22日 22:51

    今年の出生数、76万人とのこと。
    医学部定員がシルバー民意に忖度して維持されたら、80人に1人が医学部に進む。

    24歳から70歳までを稼働年齢とすると、

    人口10万人あたり600人かあ、、、スゴいことになりそう、、、

    都道府県の首長からは定員増の要請もまだまだあるみたい。

    まさに、石を投げれば、、、だね

  7. 【6942584】 投稿者: 既に  (ID:j4/wOnsdDwU) 投稿日時:2022年 09月 23日 09:11

    既に定員減の方向に進んでるけどね。
    コロナのゴタゴタで少し伸びてるけどもう待った無しで医学部定員は減らされていくよ。
    全体の定員は減らして地域枠は増加の路線でほぼ決まってる。
    一般受験枠はかなり減るだろうから都市部医学部に一般受験で入りたいみたいな人達は、この先どんどんきつくなるだろうね。

  8. 【6945470】 投稿者: いつから  (ID:MqOv0GMNTPM) 投稿日時:2022年 09月 25日 12:35

    2015年12月からの約6年間で厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会」の医師需給分科会が開催されましたが、今年1月に医学部定員の適正化の道筋を付けることが達成できなかったとし、会は解散されましたね。

    その後、進展はありましたか?
    待ったなしとのこと。いつからどのくらい削減なのかご存知なんでしょうか。
    ソースもあれば見てみたいです。

あわせてチェックしたい関連掲示板