最終更新:

1037
Comment

【5910723】ラガーマンの挑戦

投稿者: 冷や奴   (ID:bV2wf2D3/Rs) 投稿日時:2020年 06月 14日 19:21

先程、福岡堅樹選手の7人制代表引退会見を見ました。
後悔は無いという、清々しく究めた人こその言葉の数々に説得力がありました。
さて、次は医学への道を、自信を持って臨むのでしょうね。
まずは、どんな受験を選び、どちらに進学されるのでしょう。
楽しみですが、興味津々でもあります。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「医学部受験情報に戻る」

現在のページ: 1 / 130

  1. 【5910747】 投稿者: 薬味は生姜  (ID:6Yxscp5NRcw) 投稿日時:2020年 06月 14日 19:36

    お祖父様(医師)とお父様(歯科医)の影響と、新型コロナで医療従事者の働きを見て決断した、とおっしゃっていました。
    高い志をお持ちですね。

  2. 【5910762】 投稿者: 一兎ずつ追う者  (ID:wf248vtwCeY) 投稿日時:2020年 06月 14日 19:48

    医学部受かるまで浪人しなかった訳を知りたい。

    一浪で一旦は諦めていたという事?

  3. 【5910767】 投稿者: どうなのかな  (ID:crvi5tfMcJI) 投稿日時:2020年 06月 14日 19:53

    医学部のある複数の大学や学校から入学の勧誘を受けているという情報もありますよ。どの大学も欲しい人材だと思うので当然のことでしょうけど。どうなのかな

  4. 【5910778】 投稿者: 筑波大学ラグビー部  (ID:u1v3QXcVSzg) 投稿日時:2020年 06月 14日 20:03

    福岡選手は
    筑波大学のラグビー部でプレーをしたかったようです

    筑波大学の医学部に入るために浪人すると
    親に経済的負担をかけるから
    医学部を諦めた
    ていう話だったと思います

  5. 【5910868】 投稿者: 英断  (ID:4uSiRUZM3ww) 投稿日時:2020年 06月 14日 21:15

    親への経済的負担よりもアスリートとしてのブランクが2浪を選択しなかった理由だったではないでしょうか。
    浪人時のセンターは9割弱で後期で可能性の高い国医もあったにも関わらず、筑波大にこだわり、前期筑波医は残念、後期で情報科学に進学です。

    ラガーマンとして最高の活躍を成し遂げた上で今回は医学部進学を選択。
    彼の決断はきっと大きな実を結ぶと思います。
    編入のハードルは高いのでしょうが、あらためて筑波大の医学部で学ぶことになればカッコいいですね。
    体育学部があるからスポーツ医学が充実していそうです。

  6. 【5910902】 投稿者: 一兎ずつ追う者  (ID:wf248vtwCeY) 投稿日時:2020年 06月 14日 21:37

    なるほど、ホントに一兎ずつ追っているのですね。

  7. 【5911105】 投稿者: 黒帯  (ID:wG3d1x6BhcU) 投稿日時:2020年 06月 15日 00:17

    女子柔道の朝比奈沙羅選手は獨協医科大のAO入試に合格して入学されましたね。

    学力テストの成績がどうだったかは分かりませんが、柔道で世界選手権2連覇という実績は受験生の中で圧倒的な存在感を示したことでしょう。
    福岡選手も私立医のAO入試を受ければこの秋にでも合格できるのではないかと思います。

    ※渋渋には女子柔道の推薦枠がある(あった?)と聞きますが、朝比奈さんもこの枠で入学されたのかな?

あわせてチェックしたい関連掲示板