最終更新:

4
Comment

【6795094】部活の大会出場

投稿者: 受験希望者A   (ID:Pu34ZVnSV9A) 投稿日時:2022年 05月 29日 21:53

部活動で、出たくも大会に出場出来ないという話を聞きましたが、本当でしょうか。
中学校の部活は、仲間とともに一生懸命、大会という目標に向かって、頑張る事が出来る貴重な時間なので、是非、自分の子供にも経験させてあげたいと思っていましたが、それがないとなると、再考しなければならないと感じています。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6795117】 投稿者: かみん  (ID:CzpsgjIkH5A) 投稿日時:2022年 05月 29日 22:16

    大会に出ていますよ。大会に出る出ないは生徒達が話し合って決めたりするので、話し合いの結果出ない事もあるようです。

  2. 【6798751】 投稿者: Moiser  (ID:MPrLazKJN2M) 投稿日時:2022年 06月 01日 22:36

    1期生です。結論から申し上げると、出られない場合があるのは事実です。本校では、長期休みには、長期休みにしかできないことをしてほしい(旅行など)という理由から、長期休みのクラブ活動などが認められていません。これに伴って、長期休み期間中に大会・コンクールがある場合は、原則として出場することが出来ません。実際に、今年度の吹奏楽コンクールが夏休みにあり、先生に出場を願い出ても認められなかったとのことでした。
    このように、時期によっては大会に出られないこともあることを頭に入れて入学を検討していただければと思います。私も以前は「長期休みに部活できないなんてありえない!」と思っていました。ですが、部活がないと旅行に気軽にいくことが出来て、新たな視点が広がったため、現在はとてもいい制度だと感じています。
    長文失礼しました。

  3. 【6804868】 投稿者: 保護者  (ID:wkEvkSFdIn2) 投稿日時:2022年 06月 06日 14:22

    MOISでの部活動の位置付けは、周りの市立中とは考え方が違うと思います。入学のしおりにも、一般的な部活動とはイメージが違う、大会やコンクールの入賞を唯一の目標としない、と記載があります。
    あくまでも子供たちが放課後に行う活動(勉強含め)のひとつ、という認識です。
    実際、我が子はCAに参加していますが、課題が終わらないからと休んだり(普段からそれが当たり前で休んでも何か言う子や先輩はいない)、逆に課題や勉強に余裕がある時は楽しそうに参加しています。
    中学で1番頑張りたいことが部活動!という子には、向かない学校だと思います。

  4. 【6806522】 投稿者: まもるくん  (ID:qzcyF0Cx0Lw) 投稿日時:2022年 06月 07日 19:06

    上のお子さんを地元公立中や公立高校に通わせているor通わせた経験のある方ならわかるかと思うのですが、部活動で得るものは大会の出場やそこでの実績を上げることだけではありません。一定期間同じメンバーのなかで時に衝突し時に共感しながら身をもって学んでいくことも大きいです。そして続けることの大切さも。
    話題にのぼった吹奏楽部などはあるあるですが、大会で他の学校の演奏を聴いたり他の学校の生徒の取り組む姿勢に触れることで得たものは大きいと本人は言っていましたし、メンバーがちょくちょく変わって一定しないとなかなか良い音も構築しづらいんですよね。ただそれを学校が重視していないのなら、各自付き合い方を工夫するか割り切ればよいのです。

    大会などの経験に限って言えば、スポーツならクラブチームや少年団(中学生もあるのかな?)・音楽系ならユースのオケなどの団体もあります。そういう外での活動なら「長期休みならではの大切なこと」に含まれるのではないでしょうか?

    IBはカリキュラムがしっかりしているので、実際問題としてあまり逸脱はできないと思います。ある意味きゅうくつかもしれませんが、折角入ったのだからそこをうまく活用しないと。
    ちなみにわが子は自由極まりない県立高校(実際浦高より自由かも)に進んでいますが、校則撤廃して半世紀なそこでも「部活動はどこかには所属する」という生徒が決めた生徒憲章があり(笑)、あまり熱心にやりたくない子はゆるい部にとりあえず所属します。そういう自由な学校ですらある程度の「枠」に囲まれているわけですので、あまり悲観する必要はないと思います。

    最後にひとこと。
    中学で「1番」頑張りたいのが部活というわけではなくても、どの学校でも部活と勉強・行事の両立は可能です。本人とご家庭の応援しだいだと思いますので、どの学校に進むにせよそれは安心してください。

あわせてチェックしたい関連掲示板