最終更新:

378
Comment

【5525885】やっぱり

投稿者: ほらほら   (ID:6hsEWKMu0cs) 投稿日時:2019年 07月 31日 17:39

小学校受験で全国屈指の人気を誇る慶応義塾幼稚舎。その現役教員が、学校の内規で禁止されている受験前の児童への個別指導を行っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

【写真】金品を送ることや相談などは「固くお断りします」と明記された慶応幼稚舎HP

 実際に指導を受けた児童の保護者によると、この教員は指導の見返りとして、受験生の親からお菓子などの品物のほか、1回につき5万円から10万円の謝礼を受け取っていたという。

「A先生は60代前半で、現在一年生の担任をしています。少なくとも5年前から受験生への個人レッスンを行っており、毎年10人程度を教えていると聞きました。指導の定番は公園で受験生の子供を遊ばせること。その行動を慎重に観察して、親にアドバイスします」(現役児童の保護者)

 小誌は7月の平日に、都内の公園で実際に指導を行っている様子を確認。指導後、A先生は受験生の母親から、ローストビーフが入った紙袋を受け取っていた。

 慶応幼稚舎のホームページ内の「入学試験について」の項目には、次のように明記されている。

〈入学試験に関するご質問やご相談について、舎長および教職員は、公私にかかわらず一切お受けしません。受験に関連して、舎長および教職員へ金品を送ること、私宅を訪問すること、書状を送ることなどは固くお断りします。〉

 A先生は週刊文春の取材に対し、次のように回答した。

――受験生に個人的に指導している現場を確認した。

「受験指導ではなく、子育ての悩みを聞いているレベルです」

――幼稚舎のホームページには「舎長および教職員と面会はできない」と明確に書いてあるが。

「オープンにやっているわけではなく、知り合いの人に言われて断れないってことはあるじゃないですか」

――金品は受け取っていない?

「もちろん食事したりとかね。休みの日に出てきてくれたから『先生、お菓子持ってきましたよ』ってのはある」

 学校側にA先生の行為について問い合わせると、広報室は「お問い合わせの件につきましては、現在事実関係を確認中です」と回答。さらに前記のホームページ上の記載を引用し、「入学試験の公平性確保に努めております」と答えた。

 8月1日(木)発売「週刊文春」では、個別指導時の写真とともに、A先生が児童に行っていた指導の具体的な内容、A先生が入学試験後に受け取る謝礼の金額や贈答品の内容などについて詳報する。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「慶應義塾幼稚舎に戻る」

現在のページ: 44 / 48

  1. 【5615642】 投稿者: 素晴らしい  (ID:j6n9BbmoxLE) 投稿日時:2019年 10月 24日 22:49

    幼稚舎が一番素晴らしい

  2. 【5616501】 投稿者: ブラック  (ID:whmZyat1bF.) 投稿日時:2019年 10月 25日 19:27

    慶應義塾幼稚舎は、塾の尊厳を汚すブラック入試にブラック教員。

  3. 【5617133】 投稿者: 諭吉  (ID:AomM0z5b01Y) 投稿日時:2019年 10月 26日 12:51

    門閥制度は親の敵でござるよ。
    といいながら、門閥による縁故採用をする幼稚舎。
    武士の子は武士。農家の子は農家。
    これを諭吉先生は嫌ってたのに~笑

  4. 【5617370】 投稿者: 慶応出身者を優遇しなければ、人にあらず  (ID:ITpXAysIkxQ) 投稿日時:2019年 10月 26日 17:13

    「社中協力」→ 縁故重視、個別指導の対価として金品受領した先生を育成。これが学閥につながり、「慶応出身者を優遇しなければ、人にあらず、舎長にあらず」
    塾長選挙の有権者が、縁故優遇を望むんだから、当然の帰結。

    社会的に容認されない裏口入学事件があっても、金品受領した1学年の担任教師と舎長を更迭して対応終結。
    幼稚舎は限りなくブラックで、塾長、舎長への世間の評価は冷めてる
    教員あがりの杉浦舎長が改革なんてできるわけない。
    ぜーんぶ一貫校担当の常任理事のいいなりじゃないかい?

  5. 【5626015】 投稿者: 楽勝  (ID:ITpXAysIkxQ) 投稿日時:2019年 11月 03日 16:47

    現役教員による、弟、妹向けの個人指導と対価受領は、明らかに幼稚舎の
    グレー入試をブラックに落しました。

    不祥事後の試験が、ブラックがグレーになるか、ブラックを維持か、皆さん注視しています。

    真っ当に努力して実力のある子より、縁故持ちが合格する世界。
    「ありえない!!」ってレベルが合格するから、今年も面白い。
    絵画、運動、トークのどれをとっても平均以下のズタボロでも合格するのがすごい。
    合格に直結する縁故餅の保護者は、安泰。「また今年も、楽勝ですね・・・」と囁いています。

  6. 【5626244】 投稿者: 自民党  (ID:4KRl9aksjmI) 投稿日時:2019年 11月 03日 19:14

    元総理のご親戚も楽勝でしょうか!
    いちおう発表まではドキドキなさるのかしら…。

    あとは三田会への貢献が
    まことしやかにささやかれますが
    いかがでしょうか。

  7. 【5627973】 投稿者: 交詢社  (ID:MhCY2zmo96Y) 投稿日時:2019年 11月 05日 00:01

    福澤翁の考え方には、ある種の選良主義がありましたよ。
    一人優秀であっても、人のつながりに力がなければ、犬の遠吠えになってしまう。
    福澤翁にはそういう実際的な視点があったと思いますよ。
    幼稚舎も、慶應義塾関係者の子弟を養育するのが発端でした。
    今の幼稚舎にも、そういう伝統が息づいているのだとしたら、それはそれでいいのではないかな。

  8. 【5628008】 投稿者: あたりまえ  (ID:6MmNoXBlg1c) 投稿日時:2019年 11月 05日 00:47

    幼稚舎の素晴らしいところは、縁故や関係者枠の他にわずかにフリー枠があるところ。
    そのフリー枠で合格する子供は本当に光っている子供だからみんなチャレンジする

あわせてチェックしたい関連掲示板