最終更新:

9
Comment

【5801806】自己推薦がある??日大二中のHPですが、

投稿者: まつこ   (ID:BNN7VDQzS8w) 投稿日時:2020年 03月 20日 06:08

高校入試を検討しています。
日大二中のホームページですが、「高等学校推薦入試説明会」なるものがあり、個人面談で合否の可能性の話をしてくれる、というものでした。
これは私立高校では普通のことですか?
私が地方の公立出身なので意図がよくわかりません。
中学校を通してではなく、自己推薦的なことができるということでしょうか。評定だけで、合否について、はっきりではないものの、教えてくれるというものですか?

このようなやり方は関東の私立では普通なのですか?
また、このようなやり方なら、中高一貫からの受験も容易いと思ったのですが、いかがでしょうか。

学力も高くなく、勉強も好きではない子供ですから、早々に付属に決めたいと考えているのですが。

https://www.nichidai2.ac.jp/meeting_explain/shs_school_info.html

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「東京都私立 一般に戻る」

現在のページ: 1 / 2

  1. 【5801818】 投稿者: 受験案内本には  (ID:87QwGd8n7Ow) 投稿日時:2020年 03月 20日 06:38

    日大二の推薦出願条件に東京、埼玉、千葉、神奈川の国公立中学出身者とありましたけど。

  2. 【5802053】 投稿者: 一般的  (ID:XMgfTPZ/HBI) 投稿日時:2020年 03月 20日 11:30

    私立高校の推薦として一般的な手順です。
    中学校から推薦を出す前に、高校側に推薦基準を満たしているのか確認をします。

  3. 【5802254】 投稿者: まつこ  (ID:HbWFbzAP41.) 投稿日時:2020年 03月 20日 14:06

    ご回答ありがとうございます。

    親と生徒と受験学校で、推薦の話をするとは驚きでした。そこで、はっきりはしないのものの、合否らしいことを言ってもらえるということですか。

    それは、併願でも、専願でも?

    地方では受かるところがないと、普通に高校浪人でしたが、こちらは何というか、手厚いのですね。
    中学受験より、過酷さがないと感じました。

  4. 【5803528】 投稿者: 一般的  (ID:XMgfTPZ/HBI) 投稿日時:2020年 03月 21日 13:58

    地方のように、勉強して大学に進学しないと上京できない環境ではないので、ハングリー精神はありません。勉強しなくても東京(自宅)暮らしが可能です。難関校に行かせるにも塾ありきです。首都圏の子はコスパが悪いです。

  5. 【5804527】 投稿者: スレ主です。  (ID:HbWFbzAP41.) 投稿日時:2020年 03月 22日 10:09

    そうですね。
    コスパ悪いというのは嘘ではないかも‥。
    正直、なんで小さいときからこんな勉強してんのかな??
    地方県立からも東大も行ってるし、塾なしでGMARCHいく子なんてざらにいるし。
    こっちにいると、子育てが追い立てられるようで、しんどいです。 
    とりあえず、流れに乗って私立中学に入れてみましたが、偏差値がパッとしないからか、公立とあまり変わらず、高校受験でも良かったなあ、と思って、調べているところです。

    友達も少なく、情報が乏しいとはいえ、非常識なことを聞いてしまったのですね。
    レスありがとうございました。

  6. 【5805205】 投稿者: 受験必要があるか疑問  (ID:h5pJQlRy9EA) 投稿日時:2020年 03月 22日 17:14

    私立中学からの高校受験はmarch以上の附属でないと意味ないと思いますね。日大二はまだ外部受験する生徒がいる方ですが、他の日大付属は日大に進学が多数です。わざわざ日大二に行く必要もないように思います。

  7. 【5805470】 投稿者: スレ主です。  (ID:BNN7VDQzS8w) 投稿日時:2020年 03月 22日 20:27

    なるほど。
    そうですね…ごもっともです。
    しかしながら、うちの子は日大もやっとではないかという学力なのです。今のところ。
    今の中学もボリュームゾーンは国立と、地方国立GMARCH少し、日大から下が半数以上。

    であれば、もう、今のうちに日大に行くほうが、色々楽かな、と。
    今の学校が遠いというのもありますが。
    遠い学校にいく、というのも都会の理屈でした、と今反省しているのです。

あわせてチェックしたい関連掲示板