最終更新:

11
Comment

【1570385】働く母

投稿者: みたか   (ID:XHD6WGG427M) 投稿日時:2010年 01月 13日 00:05

晃華学園小学校は仕事をもつお母様はいらっしゃいますか。
働く母には厳しい学校でしょうか。
気になっていることですが、行事日程はいつ頃わかるのでしょうか。
晃華学園を志望校の視野に入れており、私は仕事を持っているので、いかがなものか、お伺いしたく投稿いたしました。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「晃華学園小学校に戻る」

現在のページ: 1 / 2

  1. 【1570583】 投稿者: 大丈夫  (ID:20UCcvjJv8Y) 投稿日時:2010年 01月 13日 08:57

    仕事の内容にもよりますが、お仕事をされているお母さんは
    学年が進むにつれて多くなります。
    むしろ高学年のお母さんで無職のままでいるほうが少ないぐらいです。
    表向きは専業主婦でも短時間の仕事に出ている方々はいくらでもいます。
    塾講師・通信添削採点・小受塾アシスタント・看護師・薬剤師・販売員その他、
    職種は色々です。極めて少数ですが女医さんもいます。
    小学校受験時に「子供のケアに専念いたします」としっかりアピール
    できれば大丈夫です。入試の時点で専業主婦であればよいのです。
    その後のことまでは学校側はいちいちチェックしてきません。
    稀に、急なお呼び出しが平日昼間に突然あったりするので、その時は
    すぐ馳せ参じる体勢はとっておく必要があります。
    仕事が抜けられなくて、お呼び出しに駆けつけるのが遅れたがために
    働いていることがバレてしまうことのないよう、用意周到に。
    願書には「専業主婦」としっかり記入するのが合格のカギです。
    ワーキングマムの数が多い医師・看護師・薬剤師・教師などの場合でも、
    「現在は退職して育児に専念しております」と付け加えるのを忘れずに。
    面接時は口が裂けても「いずれは仕事復帰をして世の中に貢献したいです」
    などと言ってはいけません。「私のすべての時間を子供に捧げます」と
    校長先生の前で強調すること。
    入学してしまえば仕事復帰もやりようによってどうにでもなります。
    とにかく合格して入ってしまえばこっちのものです。
    入試の際は、子供のケアをしっかりできる母親であると認められる
    ことが合格の秘訣です。これから組の皆様、頑張ってください。

  2. 【1570696】 投稿者: みたか  (ID:XHD6WGG427M) 投稿日時:2010年 01月 13日 10:42

    大丈夫様、詳しいアドバイスをありがとうございました。
    もうひとつお尋ねしてもよろしいでしょうか。
    教えていただけたら幸いです。
    一か月に親が学校行く回数は何回位で、また、役員になった場合はいかがでしょうか。
    行事日程はどのくらい前にわかるのでしょうか。
    質問ばかりですみません。よろしくお願いいたします。

  3. 【1570762】 投稿者: 説明会へ  (ID:rjfp49HaPOE) 投稿日時:2010年 01月 13日 11:33

    年間の予定表で大きな行事の日程は事前に分かりますので、そこは有休をいれやすいです。
    雨天順延とかになるとパニックになりそう・・・なことが個人的にありましたが(笑)。
    保護者会は毎月のようにありますし、参観その他で学校に出向く機会は多いです。
    平日の昼間に突然の集まりがあったりします。直前に知らされるので母親はいつでもフリーに
    動けるようにしておいたほうが良いですよ。
    役員に関しては、愛晃会役員に当たると大変多忙なご奉仕となります。都心部のカトリック学校は
    PTAがありませんが、晃華は母親が学校に関わる部分がとても大きいです。「学校は第二の家庭」
    というのが教育理念ですので。それと、バザーのある年は特に母親は大変です。
    他校とはまた違った細々とした事情を事前にチェックしてから受験に臨まれるほうがよいと思いますので、
    入試説明会で直接ご質問なさることをぜひお勧めします。質問した時の対応で、仕事をしている母親に
    対する学校側の姿勢を感じ取ることができると思います。それで「やれそうだ」と思えば安心して
    受験に臨むことができるでしょうし、ちょっと波長が合わないかなと思ったら志望校を他に広げることも
    できますよね。
    ご家庭に合った校風の学校にめぐりあえますように。

  4. 【1570830】 投稿者: みたか  (ID:RDsxcOr8xWA) 投稿日時:2010年 01月 13日 12:44

    説明会へ様
    詳しい情報をありがとうございました。
    とても参考になりました。
    情報収集を続け、説明会に行き、質問させていただきたいと思います。

  5. 【1572261】 投稿者: 工夫次第  (ID:zEjZuU8/b5M) 投稿日時:2010年 01月 14日 16:54

    横レス失礼します。
    晃華学園小に魅力をお感じになっていらっしゃるなら、お仕事のために受験を断念されるのは
    もったいないと思い、書かせていただきます。
    こちらの学校は仕事を持つお母様にとっては負担が大きいことは事実です。
    フルタイムのお仕事をされているとしたら、朝のお弁当作りから始まって子供の宿題や提出物のチェック、
    テストの復習、学校へ出向く日時の確認、急な召集があった時の対処などなど、それはそれは大変です。
    バザー(隔年開催)の準備などの際は手作り品の手抜きなどできませんから時間も労力も要します。
    加えてお子様が遠距離通学になるとしたら親子で激務を日々続けていくことになり綱渡り状態は必至です。
    ですが、もしお仕事が短時間のパート勤務や自営の場合は何とかやれますし高学年のお母様方は、
    何らかの工夫でお仕事を始められていることが多いです。
    お仕事が夕刻以降に設定できるもの、例えば塾の講師や調剤薬局の薬剤師や送迎シッターなどなら大丈夫です。
    夕食の介護のお仕事をされていたり、クリニックで夕刻勤務の看護師をされているお母様もいらっしゃいます。
    販売や調理やレジなどのパートも夕刻は案外求人があるものです。 
    昼間は急な集まりや学校からのお呼び出しがあったりするので、抜けられないようなお仕事は入れないほうが
    無難です。例えば、お受験教室の幼受クラスは午前中にレッスンが入っていますし、小受クラスも午後2時から
    だったりするので、レッスン最中にお呼び出しがかかって早退などしてしまうと「無責任講師」のレッテルを
    貼られてしまう羽目にもなりかねません。夕刻以降なら学校に拘束されることは殆どないので安心です。
    スレ主様が公務員や法律家やお医者さんなどでしたら・・・事情が分からないので何とも申し上げられません。
    (スレ主様のご職業を詮索するつもりなど全くございませんのでご心配なく。スルーでOKです)。
    まとまらない文章になってしまいましたが、もしお仕事が時間の融通の利くものでしたら、お子様がこちらの
    小学校に入学された後、復帰できる可能性はありますので学校の教育方針に賛同し校風に魅力をお感じに
    なっているなら、簡単にあきらめずに受験されてみてはいかがでしょうか。
    どなたかも言ってらっしゃいましたが、まずは入試説明会にお出になって疑問点は個人的にご質問なさるのが
    一番です。お子様をぜひ晃華で学ばせたいとお考えでしたら、どうか簡単にあきらめずお仕事との折り合いを
    つける方法をお考えになって前向きに頑張っていただきたいです。
    〆られた後にしゃしゃり出てきてごめんなさい。スレ主様のお受験が成功されますように応援しております。

  6. 【1572355】 投稿者: 華と星  (ID:gtmbCV1m.gk) 投稿日時:2010年 01月 14日 18:25

    やや辛口ながら、
    ボーダーライン上に並んだ場合、専業主婦の家庭が圧倒的有利です。
    どうしても仕事をしたかったら他私学のほうが親子で幸せに過ごせます。
    翌朝のお弁当作り朝食作りを考えたら、夕方から夜の仕事は良くないです。
    この学校を志願するなら働くことより子供のケアのみを考えられる環境が
    大切です。入学後にだんだん分かると思います。現実は厳しいです。

  7. 【1572924】 投稿者: 工夫次第  (ID:zEjZuU8/b5M) 投稿日時:2010年 01月 15日 09:03

    >翌朝のお弁当作り朝食作りを考えたら、夕方から夜の仕事は良くないです

    それはそうです。
    一日の始まりの朝食、お昼のお弁当、どちらも子供にとって大切なものですので、お母様が疲れていては
    良いものが作れなくなって子供が可哀想ですね。
    夕刻から夜にかけては本来お母様がお子様をしっかりケアすべき時間帯で、宿題や提出物に加えて問題集や
    場合によっては塾のテキストなどもみっちりこなさねばならず、お母様は多忙を極める時間帯です。
    そこを働きに出てしまうというのは、この学校でやっていくのは無理だと言われても仕方ありません。
    実際問題、昼間に責任ある仕事をいれるわけにもいかず夕刻から夜にかけては子供のケアに専念ということ
    ではお母様が働きに出るのは不可能に近いと言わざるを得ないかも・・・・・。
    それでも高学年のお母様で働きに出始めた方々は何とか工夫して頑張っていらっしゃいます。
    入試時は専業主婦をアピールして、入学してしまえばこっちのもの、働いたって別にいいじゃない、という
    考えでは、どこかでボロが出てしまうリスクはありますね。それは覚悟しなくてはなりません。
    お母様が専業主婦で、子供が高学年で手がかからないからと言ってさっさと働きに出てしまうご家庭には
    安易に晃華を勧めるべきではないという周囲の意見も分かります。
    やはりご家庭の事情に合わせた学校選びをするしかないですよね。
    この大不況の社会情勢ではお母様が専業主婦でいられる家庭は限られてきますが、そういう家庭が集まる
    校風(教育方針)であることを理解した上で出願すべきなのでしょう。色々な意味で余裕がないと難しいですね。
    横レス失礼しました。

あわせてチェックしたい関連掲示板