最終更新:

4
Comment

【5899944】こぐま会のこぐまのがくしゅうとひとりでとっくんおけいこカードの違いについて

投稿者: 年中母   (ID:EoLFa2tUoKI) 投稿日時:2020年 06月 03日 16:34

比較的入学しやすい(難関ではない)私立小学校への受験を考えております。
本来であれば幼児教室に通おうかと思っていましたが、コロナのこともありしばらくは通塾せずに自宅で学習を進めたいと思っております。

ひとりでとっくん365日が有名ですが、子供ができそうなものもあればまだ難しそうなものもあり、現地点ではもう少し難易度を下げて、できればカードや具体物で学習させたいと思っております。色々としらべたところ書店員が購入できる「こぐまのがくしゅう」や「ひとりでとっくんおけいこカード」がいいのではないかとおもったのですが、両者の違いはどのようなものでしょうか。

また基礎を固める上で少し優し目の良い教材があればご教授頂ければ幸いです。
(なお小学校で伸びる子シリーズの初級を今やっていますが難易度としては子供にちょうどよいように思っております)

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5900131】 投稿者: しろくま  (ID:5VyYIx5a2qM) 投稿日時:2020年 06月 03日 20:48

    おけいこカードは、ひとりでとっくん365各巻に対応した具体物。こぐまのがくしゅうは、年中・年長それぞれ各月対応している教材です。

    どちらも共通な点
    ・ご両親が教材を切離すような事前準備が必要なこと・取組みの順序性を守った方が、効率よい(わかりやすい)こと

    ちがう点
    ・おけいこカードはカラー教具、こぐまのがくしゅうは、白黒
    ・書店会員向けセミナー(無料)に参加出来るか否か
    ・ネット購入もできるか否か
    ‥といったところ。

    今なら、こぐまのがくしゅうの方が優しく年齢相応に学べるかもしれません。書店会員セミナーで、夏過ぎると365の活用方法についてもちょっとお話しあったように記憶しております。

    久野先生の著書に、日常の生活に則して取り組むアプローチも紹介されていますから、教材に囚われずに日々の生活の中で数や形、ことばや常識についておけいこするのも楽しいかも知れません。

  2. 【5900410】 投稿者: ありがとうございます。  (ID:EoLFa2tUoKI) 投稿日時:2020年 06月 04日 05:53

    早速お返事頂きありがとうございます。
    お話を伺うとこぐまのがくしゅうのほうが易しいレベルから家庭学習ができそうですね。試してみたいと思います。
    久野先生の著書も拝読してみたいと思います。

    またモコモコゼミという通信教育もこぐま会からあるとしりました。こちらはプリントのようですが、レベルとしてはこぐまのがくしゅうと近いでしょうか。もしご存知であればご教授頂ければと存じます

  3. 【5901201】 投稿者: しろくま  (ID:5VyYIx5a2qM) 投稿日時:2020年 06月 04日 21:39

    もこもこゼミ(昨年まではハローキティゼミ)は、 レベル感としてはほぼ同じ。カラー教材であることと、季節を感じる設定で学べるのがよい点です。
    毎月1つ、紙素材の具体物がついていたと記憶しています。ペーパー導入期には良いかもしれません。受験対策としては、既にある程度ペーパー学習しているお子さんには、やや物足りないかもしれません。

    何度も繰り返して取り組む前提‥ならば、こぐまのがくしゅうの方がボードタイプでよいかも。

    また、具体物は年中用・年長用‥ということはなく、問いのの投げかけ方や扱う数の多さで難易度を変えてゆくものです。ですから、おけいこカードで試してみて、難しい様子なら5→3など数を加減して取り組むのも手ではないか?と思われます。

    志望校によりますが、季節の経験、生活巧緻性、ハサミやのりの扱いなど、ペーパーより時間のかかることを年中からコツコツと取り組むのもおススメです。

  4. 【5901815】 投稿者: ありがとうございました  (ID:PSRGoVpdp0E) 投稿日時:2020年 06月 05日 16:47

    ご親切に色々と教えて頂きありがとうございました。
    おけいこカードやこぐまのがくしゅうなど色々と試してみたいと思います。
    はさみやのりも簡単なものから取り組みたいと思います。
    この状況で仕方ないとはいえ一人で教えることに不安がありましたので大変助かりました。ありがとうございました。

あわせてチェックしたい関連掲示板