最終更新:

21
Comment

【6366137】宗教校に入って大丈夫か

投稿者: 無宗教   (ID:cXuTlBgNFds) 投稿日時:2021年 06月 07日 09:44

無宗教の我が家ですが、宗教系の学校を受験しようかなと思っています。

受験理由は、オンライン説明会を聴いて温かい学校だと感じたからです。

ただ、入学後に入信しないといけないのかな、とか、
毎週お祈りへ行かないといけないのかな、とか、
少し不安があるので正直悩んでいます。


信者ではないが通っています、
信者でなくても問題ありません
という考え方をお持ちの方からご意見いただけると嬉しいです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「小学校受験情報に戻る」

現在のページ: 3 / 3

  1. 【6368244】 投稿者: 通りすがり  (ID:FT8lJMMJzrA) 投稿日時:2021年 06月 08日 21:59

    自分が色々な宗教校(カトリックや仏教系)に通いましたが、入信を強制される事は無いです。
    それぞれの宗教行事には、参加します。

    カトリックのミサで聖体拝領する人(信者しかできない)も、そんなに多くなかったので信者ばかりが入学してる訳でも無いかと思います。
    プロテスタントだと日曜学校とかありますけど、小学校だとあるのかはわかりません(幼稚園だと出席扱いになる場合あり)

    カトリックの学校で、お寺さんのご子息が同級生にいたような……
    教育方針に賛同してご縁があれば良いと思います。

  2. 【6368912】 投稿者: あたたかい目があれば大丈夫。  (ID:uMd3nrmyoaI) 投稿日時:2021年 06月 09日 12:26

    我が家はどちらかといえば熱心なプロテスタント家庭です。週末も教会に通っています。
    普段から子供用の聖書も絵本として読んでいますし、賛美歌も普通の童謡と変わりなく歌っています。

    そういう家庭を違和感なく温かい目で見ていただけるのでしたら嬉しく思います。

    以前、ご近所のお友達にちょっとしたきっかけでこういった話をしたところ、少し距離を感じて寂しく思ったことがあり宗教校を受験予定です。

  3. 【6369321】 投稿者: 三色旗  (ID:WxQIeAZNhX6) 投稿日時:2021年 06月 09日 18:56

    >無宗教の学校でも、建学の理念なり創立者のフィロソフィーはあります。精神的拠り所を何に求めるか?の違いのみ。

    同意。

    わが家はいわゆる無宗教です。
    子どもはカトリック小学校です。
    私自身は下から慶應です。
    慶應の福沢先生信仰のほうが強烈だと思いました。
    慶應愛をすりこまれます。洗脳されます。

  4. 【6369411】 投稿者: ところで  (ID:ELWzTZ/LFyk) 投稿日時:2021年 06月 09日 20:16

    スレ主さんは?

  5. 【6370083】 投稿者: スレ主です  (ID:lDvzQWHVqRg) 投稿日時:2021年 06月 10日 13:38

    たくさんのご意見やお考えをお聞かせ下さり有り難うございました。
    参考にさせていただきます。
    宗教系の学校でも、そこまで宗教心を求められずに過ごすことが可能な学校もあるのですね。
    オンライン説明会を見てから、わたしも含めて親族一同がその学校を大変気に入りましたので、この度ご相談させていただき本当によかったです。

    受験まで時間があるので、宗教について少し学んでみようとも思いました。

  6. 【6370124】 投稿者: 子供の感性  (ID:B9cxvmoyNXA) 投稿日時:2021年 06月 10日 14:23

    子供によっては、宗教の持つ矛盾や偽善について早く気が付くことがあります。
    それらがあったとしても、それなりに意味があるのが宗教、という考え方も出来るのですが、子供はさすがにそこまで深読みはできません。

    ご都合主義の「変なもの」と感じる場合があります。
    私もそうでした。
    聖書を読んで、いろいろな違和感を感じたのが4年生ぐらいだったと思います。
    その後は、「ここは私のいる場所じゃない」と思うようになって、中学受験したいと親に頼みました。
    もちろん、宗教の矛盾点を指摘する、などではなく、もっと高いレベルの学校に挑戦したいから、という内容にしました。
    親は漠然と宗教系の学校がいいと考えていたようですが、私は中学受験では、宗教系はすべて受験候補からはずしました。

    なお、クラスメートで同じように違和感を感じていたのは数人だったと思います。多くの場合は、宗教の環境に慣れ親しむことになるのでしょう。
    それが幸せか、不幸せかはわかりません。

あわせてチェックしたい関連掲示板