最終更新:

62
Comment

【2658481】故 猪飼正秋先生、ありがとう

投稿者: 教え子ではなく先生の知人です   (ID:ItC4lbSJzdg) 投稿日時:2012年 08月 23日 00:30

麻布中学校・麻布高等学校

ブログ最新記事

記事がありません

麻布学園英語科の猪飼先生、ありがとう。
私スレ主は、麻布の生徒サンでもなければ、OBでもありません。 或る出会いがきっかけとなり、猪飼先生の知人になりました。
猪飼先生が他界されて、もう4年以上の月日が流れましたが、今現在でも、辛い時・苦しい時など、猪飼正秋先生が生前、話されていた『言葉』を思い出したりしております。 以前、先生と対話していて、感じた事は、猪飼先生のジョークを理解された英国紳士風のユニークな人柄もさる事ながら、対話して毎回感心したのは、先生は大変な勉強家であった事などです。
猪飼先生は、麻布学園のOBの方だったそうですね。
先生の生き方・考え方は、今後の私の人生の糧になりました。 先生、ありがとう! 安らかにお眠り下さい。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【2673118】 投稿者: スレ主と猪飼師との対話  (ID:ItC4lbSJzdg) 投稿日時:2012年 09月 04日 10:37

    スレ主 「先生、オレ、少しは会社(相手)の立場ってのも考えないと、ダメですね・・・。」

    猪飼師 『そうねぇ〜、結局、利己主義って事になるんですよね。』
    スレ主 「ああ〜っ、会社が休みをくれないとか・・・。」
    猪飼師 『そう。』
    スレ主 「それも利己主義の・・・。」
    猪飼師 『そう! だって、会社も社会的な存在なの。』
    スレ主 「ハハハ(笑)」
    猪飼師 『あなたも社会的な存在。ご自分のご都合だけでね、会社を非難するのは間違いですよ。』
    流石、猪飼正秋先生、人生を達観されておられました。 私スレ主との対話の中での先生のお言葉に納得いたします。

  2. 【2797377】 投稿者: 猪飼 先生の言葉  (ID:ItC4lbSJzdg) 投稿日時:2012年 12月 20日 21:59

    猪飼師『意志ね、だから〜、それ(外国語etc.)に触れる時間を・・・、あのぉ〜時間ねェ〜、誰だってついTVって、2〜3時間は見ちゃうもんなんでしょうけど・・・。』

    私『嗚呼、そういうの(TVの視聴時間)を無くしていく…。』

    猪飼師『いや、無くさなくてイイんだね。 減らすんだね。』

    私『減らす努力をするぅ!』

    猪飼師『そうそう、そう!』

    ※つい、見てしまう2〜3時間のTVの視聴時間を減らす努力をする。

  3. 【2864114】 投稿者: スレ 主  (ID:ItC4lbSJzdg) 投稿日時:2013年 02月 16日 10:22

    猪飼正秋先生の言葉

    師曰く『慶応は、(慶応以外の)学生を採らないからな〜・・・。(慶応受験の場合、)1年あれば、充分ですよ。 まっ、大体、25(歳)まで。25までですよ。25までに基礎(学力)を作っておかないと、25を過ぎてしまってからでは、土方工事に喩えると、穴埋め程度しか出来なくなる・・・。』

    猪飼正秋先生のその話を、スレ主から聞いた或る公立学校国語教師の方曰く
    『アッ! それは(私たち人間の頭に)柔軟性がなくなる。』

  4. 【2864494】 投稿者: 猪飼 先生の言葉  (ID:ItC4lbSJzdg) 投稿日時:2013年 02月 16日 16:47

    スレ主である私が、1997(平成9)年春頃、当時、或る企業に勤めていた博多No.1美人OLを、よそ者の男性に奪われて自殺を考えた時、私から話を伺った猪飼正秋先生曰く
    『悲恋(ひれん)が本当の恋って、言うからねェ・・・』と。

  5. 【2867923】 投稿者: スレ 主  (ID:ItC4lbSJzdg) 投稿日時:2013年 02月 19日 08:23

    猪飼先生の、生前の言葉

    私「先生、(1日の時間を有効に活用する為には、)あと、起きている時間帯にムダな事をしない!とか…。」

    猪飼師曰く『いやっ、人間だからね、ムダな事も必要なのかも知れないよ。 だけど、それ(ムダな時間)は、スケジュールの中に織り込んで行くんですねぇ・・・。』

    私「先生、そのように話していくと、“ローマは1日にして成らず”。私が今の会社勤めしながら、司法試験の勉強とか、とんでもない!じゃないですか…。」

    猪飼師曰く『だけど、ボクの友人でね、大学の心理学の助手をやっていて、大学の助手なんて上からずい分、濃き使われるんだろうけど、司法の勉強をして、弁護士の先生になったっていう友人も居るしね・・・。』
    私「ああ〜っ、その方は大変な努力をされて…」
    猪飼師『そう!』
    私「少ない時間を有効に活用していった…と。」
    猪飼師曰く『そうそれと、君が先程、話した少ない時間を有効に活用するってのは、練習も必要だけど、かなり集中力も要求されるしね・・・。』
    私「ああっ、集中ね。」
    猪飼師曰く『これ(集中力)は、個人の能力の問題なんですよ・・・。』

  6. 【2870345】 投稿者: 私と猪飼師の対話  (ID:ItC4lbSJzdg) 投稿日時:2013年 02月 20日 18:42

    私「あと、先生にお話したいのは、私の田舎に郷土研究のイイ先生が居たんですよ。その方、公立学校国語教師の先生だったんですけど…。 畑瀬っていうウチの田舎の佐賀県に多い名字の方なんですけど…。 年齢が50過ぎてましたね…。55ぐらいだったですかね…? その公立学校国語教師の畑瀬先生の知り合いに工学博士のすばらしい学者の方が居られた…と。 その工学博士の先生は、元々は会社勤めをされていたんでしょうね。 会社勤めしていると、会社の上の人間とのお酒の付き合いも避けられない訳ですよ。それで、いっくら酒の付き合いに誘われても、グデングデンに酔っぱらって、夜遅く帰宅しようと、家に帰ってから、自分の机に1〜2時間は座るというのが習慣…」

    猪飼師曰く『執念だね。』

    私「で、公立学校国語教師の畑瀬先生曰く“習慣”と“くり返し”よ!って仰っていましたよ。」

    猪飼師曰く『そうですよ!』
    私「で、(畑瀬先生は私に)焦るな! 少しずつ、徐々に徐々にやって行くんだ…。続けるコト!と言っていましたよ。 点滴石をも穿つという言葉を知っているか?と。 ポタン、ポタンと小さな水滴、あの雨の一滴、一滴が何十時間、何百時間、何千時間、何万時間という永い時間・長い年月の間に、どんな固い石でも、穴を開けちゃう…」と。

    猪飼師曰く『分かるよ!』

    私「(持続は力・継続は力とは、)あれなんだ!…と。」

    猪飼師曰く『あのぉ〜、時間を拾い集めて、1つの所に集中させる、それが力でしょうねぇ。』

  7. 【2870589】 投稿者: スレ主様  (ID:NmuYpRJVOJU) 投稿日時:2013年 02月 20日 21:57

    猪飼先生が素晴らしい方であった事は十分理解致します。だだ麻布には他にも素晴らしい先生が過去におられた、もしくは現在もいらっしゃいます。そろそろこの辺で締められては如何でしょうか?ここの所スレ主様個人の思い出日記のようになっていますし。もしブログなどで引き続き書かれるのであれば是非寄らせて頂きたいと思います。

あわせてチェックしたい関連掲示板