最終更新:

852
Comment

【4034005】頭打ちを打破するために

投稿者: なずなファン   (ID:QeAV4T/qvvg) 投稿日時:2016年 03月 12日 16:32

国立前期の発表もあり、2016年の大学合格実績がほぼ明らかになりました。

栄東(東大9人→27人と3倍増)、渋幕(東大56→76人)、県千葉(東大23→32人)、渋渋(2年連続30人)と共学勢が活躍する中、完全に置いてけぼり状態になってしまいました。

【参考:入学時2010年の進学者偏差値(四谷大塚)と2016年東大合格者数】
渋幕61.9→76人
栄東(東大)59.5→27人
渋渋57.5→30人
市川56.1→13人
芝 55.5→18人
桐朋55.1→20人
(上述校の他、男子校だが進学者偏差値の近い芝、桐朋を記載。卒業者数を考えると大きく逆転されている)


「深刻な事態」スレにブレークスルーするための施策についてレスをしましたが、人のスレで意見を主張するのもどうかという思いと、危機感が相俟ってスレを立てさせていただきました。


私は大きく入口戦略(いかに良い生徒を集めるか)、成長戦略(いかに入学した生徒を伸ばすか)、出口戦略(成長した生徒をどこに進学させるか)があると思っています。
この頭打ち感を打破するためのブレークスルーに何が必要か、ご意見を是非。

(以下他スレに記載した入口戦略私見を一部修正のうえ再掲)

入口戦略はいかに優秀な生徒、伸びシロのある生徒を集めるかがポイントと思いますので、以下の施策を提案します。

●4科目オール100点の配点を見直す。
渋幕は理科社会75点、渋々は理科社会50点。
学校には膨大な過去データが蓄積されているのだろうから中学入試結果と大学進学先や高校時の学校成績の相関関係を整理し最も適切な配点に見直す。
このような配点に直すことで単純な偏差値どおりの合格にはならず、80%偏差値が上がるという副次的な効果も期待できる。

●合格者を絞る
ここが重要です。少々の定員割れは恐れず、合格者レベルは落とさないよう繰上げも無しにします。


●高校募集を減らす
高入生の実績は不明ですが、最近は開成ですら100名以上の辞退者が出て一貫生より実績が悪いということですから、別カリキュラムにせざるを得ない高入生は最小限に留めるべきと思います。
完全中高一貫化するか1クラス分40名だけにする位の英断が必要かと思います。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「市川中学校・高等学校に戻る」

現在のページ: 56 / 107

  1. 【5425904】 投稿者: やっぱり部活  (ID:QDjo/K7ch3.) 投稿日時:2019年 05月 06日 18:49

    その千葉大もピーク時よりは、かなり少ないですね。現役だけでみると、驚くほど少ないです。千葉大のランクをどの程度と捉えるかによりますが、千葉大のために5教科7科目するなら、理系含めて3教科で私立へと自ら私立へ流れているのか、あるいは、5教科7科目が間に合わずに私立へ流れているのか、両方いると思いますが、後者も意外と多いかな。微妙なレベルとはいえ、理系の千葉大はそれなりに大変ですよ。

  2. 【5428281】 投稿者: なずなファン  (ID:rO6oHj2mjKc) 投稿日時:2019年 05月 08日 18:05

    今日は2019年の大学進学実績について書きたいと思いますが、最近の市川スレ内のレスをみると市川生保護者でも目標とする大学にとてもバラつきがあると感じます。
    中学から通塾で東大現役合格を目指す人、早慶で御の字の人、千葉大で十分の人、部活も受験も両立し東京一工医を目指す欲張りな人(←これが一番人気と勝手に思っています)。。。

    保護者の思いはそれぞれですが、市川学園自身はHPで学校としての目標を明示しています。意外と知らない方が多いと思うので転載します。

    1.東大現役合格20名
    2.旧帝(東京、京都、北海道、東北、大阪、名古屋、九州)、一工、神戸、国立医学部現役合格合計80名
    3.国立大学現役合格150名

    の3つです。第3次中計にあった海外大学や早慶は目標から外れました。

    国立大学の現役合格のみを目標として掲げているとことが特徴で、私はとても良い目標と評価しています。改めて私なりに解釈します。

    1.東大現役20名(最上位層の目標)

    ざっくり学年トップ80位(上位2割弱)までが第一志望東大で頑張るってイメージだと思います。(上位でも東大ではなく旧帝医や首都圏医学部を受ける人もいるし、東大の倍率がだいたい3倍強なので)

    2.旧帝(東京、京都、北海道、東北、大阪、名古屋、九州)、一工、神戸、国立医学部現役合格合計80名(上半分の目標)

    これも同じ理屈で、学年真ん中より上はこのあたりを第一志望にして頑張ってほしいというイメージかと思います。

    3.国立大学現役合格150名(中の下も含んだ全体的な目標)

    これは真ん中より下の人も頑張って国立合格しようという目標と思います。

    とても分かりやすいし、丁度良い目標と思っています。早慶を目標とする方もいると思いますが、国立大学の実績が上がれば早慶も勝手に付いてくるという考えかと思います。

    このKPIの値がここ5年間でどう推移してきたか、を検証したいと思います(後日)。

  3. 【5431847】 投稿者: なずなファン  (ID:IWTVqhMojFA) 投稿日時:2019年 05月 11日 10:28

    ギリギリ想定内ではあるが、ショッキングだったと記載した2019年の大学合格実績を過去5年間の推移とともみ記載します。

    ==KPI=====15==16==17==18==19==
    東大現役(20)---10---08---16---11---14--
    難関国立(80)---43---43---67---45---45--
    国立(150)--116--127--133--109--95--

    ()内が市川学園の設定する中期的目標人数で各年度の数字がそれぞれの現役合格人数です。

    最上位層の目標である東大現役合格は増加傾向にあると言えるかもしれませんが、上位層の目標である旧帝一工国医現役合格者数は頭打ち、全体的な国立大学現役合格者数は下降気味と言えると思います。

    私はショッキングと記載しましたが、皆様はどう感じたでしょうか。

    今年、来年にこの傾向から脱することができるか、まさに正念場を迎えるところと思います。

  4. 【5433158】 投稿者: なずなファン  (ID:IWTVqhMojFA) 投稿日時:2019年 05月 12日 09:37

    部活動についてのレスが多いので、私見を記載しておきます。

    前レスで部活も受験も両立し東京一工国医現役合格を目指す方が一番多いのではと書きました。これだけ部活制限を求める声が大きいのは、両立させたいが不安な方が多い証拠だと思います。はなっからどちらかを妥協し、両立を目指していなければ不満を書き込まないでしょうから。

    同じ方向をみている方々でも部活現状で問題無い派(私はこちら)ともっと制限せよ派に分かれていますがこの理由を考えてみました。

    1.子どもの学年、所属する部活の違い

    部活=試合で勝つことを目指し真剣に競技に取り組む。原則休むことは許されない、同好会=競技を趣味として楽しむ。私的な理由で休むことは自由、と定義するなら、最近の市川高校の部活は部活と同好会の中間くらいと思っています。
    ただし、市川中学の部活と市川高校でも強化指定部活は同好会の要素はあまりない印象です。
    したがって、中学生の保護者と高校生の保護者の間、高校生でもハンド部などとそれ以外の部活の間で温度差があるように思います。

    2.大学受験経験組とそうでない者の違い

    きょうだいが大学受験を経験している場合、実際の受験勉強時間がどれ位必要か、部活がどの程度障害になるか、について実感がありますが、未経験者の場合、漠然とした不安が大きく過剰に反応しているように思います。

    3.部活を念頭に学校選びをした者とそうでない者の違い

    市川学園は難関校の併願校ですので、第1志望者だけでなく、不本意で入学された方も少なくないと思います。ウチは部活を念頭(志望理由のひとつ)に市川中学を有力な進学先と考えて受験していますが、そんなことは全く考えていなかった方も少なくないと思います。そのような方にとっては部活が活発すぎると感じるのかもしれません。

    いずれにしても受験で困るほど激しい部活は限定されていると思いますので、先入観にとらわれず、お子さんと良く話し合って部活との向き合い方を決めることが宜しいかと思います。

  5. 【5434019】 投稿者: 保護者の人生経験の違い  (ID:iQJK0Xjd6YA) 投稿日時:2019年 05月 12日 20:47

    保護者自身が難関大(東一工国医)受験経験者か未経験者か。
    実際に社会に出て学歴がその後の人生に及ぼす影響を直に経験した者か否か。
    この違いは大きいと思います。
    社会の第一線で働いたことのある人は厳しさを十分理解しています。
    保護者のこれまでの経験値の差が意見の違いに出ているのだと思います。

  6. 【5434157】 投稿者: 経験  (ID:Yw1wdYV/jnU) 投稿日時:2019年 05月 12日 22:09

    なずなファン様の書き込みは常々拝見しております。そして、現市川の部活の体制に、受験は大きな影響を与えないというご意見も読んでおります。なずなファン様のお子様は、部活をこなしながら、第一希望の難関国立へ進学を果たされたご様子です。そして、その時の経験から、必要な学習時間等を提示してくださったものと思いますが、それは、なずなファン様のお子様がとても優秀であり、それほど優秀な子供なら大丈夫だといえるレベルかと思われます。

    当方、現大学生の上の兄弟で大学受験を経験しました。市川より偏差値としては、少し下にあたる進学校でした。それこそ、ハードな部活をしておりました。関東大会に出るほどまでに頑張ったのもあり、引退は夏少し前。当然、高2後半からは受験を意識はしていましたが、部活がある中、なかなか難しかったのが現実でした。時間的に制約される中、体力の消耗も大きく、勉強の質もうまく確保できなかったようです。もちろん、これも子供の素質がなかったためだとは思いますが、多くの生徒がそのような状況であったようで、部活ハード組はなかなか東工大以上は厳しい結果でした。上の子の学校で、東大、工大一橋あたりの成功者は、部活に入っていない子たちがコツコツ積み上げた結果でした。市川より一ランク下の高校の話です。

    浪人しないための中高一貫への進学だったので、現役で行ける大学へ進学させましたが、本人親とも、浪人すれば東工大は行けたかなという気はしておりました。そして、市川の実績を見ても、東大は浪人の数も伸びていないので、おそらく受からない子は浪人しようと、部活をしないでおこうと受からない。ただ、東工大に関しては、浪人の数が比較的多いところを見ると、現役時代の過ごし方がかかわっているのでは?!と思ってしまいます。ここが、部活が云々といったところです。そういう意味では、東大レベルだと、そもそもの素質が大きく、合格できる素質の子は部活ぐらいのハンディは関係ない?!のかもしれませんが‥‥。

    また、運動部の話ばかり話題になっていますが、音楽系(ブラスバンド、オーケストラ)の練習の拘束時間の長さはよく話題になり、ある意味運動部以上のハードさです。別のスレでもとすいぶさんが状態を示してくれています。2つの部を合わせて300人近くが所属しています。わが子もいずれかに属していますすが、長期休みも部活の日数、時間も長く、ほぼ部活で終わってしまう長期休暇。これでいいのか?!本人も悩みながら、それでも楽しくて続けている状態です。学校の顔だからか?!まあ、それもここで言っても仕方がないので、最終的に部活をどうするかは、相談になるかと思っています。

    さて、実績を掲示されましたが、ピークの2017。この年の実績は、目を見張るものがありますが、その後2年、また、それまでと何が違ったのでしょうか?生徒の質?指導力?「市川行けるぞ!」と思った年でしたが、1年ポッキリ。この年ぐらいに復活すれば安心なのですが。

  7. 【5434287】 投稿者: 何のために中学受験したのか問いたい  (ID:ioGlOUHsIRk) 投稿日時:2019年 05月 12日 23:29

    学園の中期計画は進学校そのもの。
    進学校なのに部活動ネタで盛り上がってしまうのは実際に部活動に問題が多いからでしょう。
    部活動のために勉強出来ないなんて本末転倒ですから、うちの子は勉強にあまり影響しなさそうな部を選択しました。
    スポーツ推薦や音大進学するわけじゃあるまいし、学園中期計画でもそれを求めていません。
    そもそも何のために小学生の時に3年間も塾に通って頑張って中学受験したかわからなくなりますから。
    中学受験していない高入生は考え方も立場も違うし、これまで経てきた過程や努力も違いますから同意も求めません。
    部活動のために通塾出来ないのも進学校として理解出来ないので、学校にはその旨を伝えようと思っています。我が家はあくまでも難関校を目指します。
    そのために中学受験したのですから。

  8. 【5434902】 投稿者: 現実  (ID:QDjo/K7ch3.) 投稿日時:2019年 05月 13日 14:02

    現役と1浪の国立大学と早慶合格者の名前と部活名が毎年張り出されますよね。

    部活名が書いてあり、両立できているかどうかが分かります。
    例えば、時間拘束が長いブラスバンド・オーケストラの部員は合わせて学年40人程度は最低いると思いますが、張り出されたところに両部活名が書かれているのはごく数名です。部活との関係性ははっきりとは言えませんが、現役でこれらの大学に部活をしながら進学できるのは、ほんのわずかであることが分かります。運動部では、ある部活の名前がよく出ていましたが、「練習が緩いのか?」と保護者の中で話題になっていました。

    GMARCH以下は、張り出されないので、明確な実態は分かりません。
    ただ、現役で、GMARCH以下の私立に行けていれば御の字と思わざる得ない状況だと思います。浪人してGMARCH以下の場合もありえますが、現役時代の過ごし方によっては現役で行けたのかもしれません。
    浪人してGMARCHの子達は、ぜひ、現役で。現役でGMARCHの子達を現役で早慶、国立へ引き上げる体制が必要だと思いますが、これに部活の状況は皆無だとは言い切れないと思います。

    高校生の下校時間6時半。土曜日の下校も6時。日祝、長期休みは、5時間練習で、夏休みにおいては30日まで練習可能。引退も高3の夏前。

    上記をすべて1時間短くするだけで、体の負担はだいぶ違うはず。その1時間を学習時間に回したい高校2年生はたくさんいると思われます。

あわせてチェックしたい関連掲示板