最終更新:

207
Comment

【5787234】2020年 東大2名合格(現役1名)

投稿者: エデュ速報   (ID:CT0u4T2KH7Q) 投稿日時:2020年 03月 10日 14:00

東邦大学付属東邦中学校・高等学校

ブログ最新記事

中学入試説明会

平成26年度入試 中学入試説明会 西日が校内の木々を黄金色に染める中、鈴虫の声...続きを読む

滑り出しとしてはまずまずですね。
これから更に増えるかも知れないです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5810452】 投稿者: というか  (ID:fJvIVerqNtc) 投稿日時:2020年 03月 26日 15:05

    とにかく医学部志望が多く、他の学校では到底狙わない層までが
    とりあえず一度は、と挑戦しているケースがあるらしい。
    その場合、国立慶応(非医)・早稲田や理科大は受けないよね。
    浪人すると、けっこうあっさりと医学部を諦められるという。

  2. 【5810478】 投稿者: きなこあげぱん  (ID:BewoSLCjwQ6) 投稿日時:2020年 03月 26日 15:22

    どの学校もそれぞれに良さがあり
    より良くしていこうと努力されているでしょう。

    小学6年生が出した結果偏差値や
    先輩方が出した合格実績は
    お互いを称え合う刺激に変えて、
    自分の子供の毎日や将来が
    実り多いものになれば良いと思っています。

    他人が築いた成果で
    関係ないところで揉めなくても…

  3. 【5810521】 投稿者: じゃあ  (ID:HYXS4rYQLHA) 投稿日時:2020年 03月 26日 16:14

    中1から鉄緑通ってる子が多い上の方の学校はどうなるんでしょうね?
    そうなると学校の力といえるのですかね。

    たとえば、東大目指して合格寸前まできたがあと一歩及ばず浪人して次の年に受かったとして、その寸前までの実力を養った学校の成果は全否定になりますが、それでいいんでしょうか?

  4. 【5810575】 投稿者: なるほど  (ID:IpWFJz9bMkE) 投稿日時:2020年 03月 26日 16:56

    上の方の学校に通った、もしくは子供を通わせたことあります?
    もしその経験があれば、鉄云々の話は出てこないと思いますよ。


    それから浪人の場合、確かに関係ないというの言い過ぎかもしれませんね。
    仰るように基礎力を培うという意味では学校の影響は大いに関係してきますから。

    ただし、浪人してその生徒の実力が伸びたことに何か学校が関与しますか?
    あくまでも本人の努力と予備校の指導の賜物ですよ。

    現役で合格できなかったということは、そのレベルを引き上げることが出来なかったということ。
    もちろん、どの学校でも一定数は浪人しますから個々に見ればいろいろあるでしょう。

    したがって、現役率と入口偏差値を比較することでその学校の指導力を推し量る。

    それが中学受験や高校受験の学校選びの重要な要素になる訳です。

  5. 【5810839】 投稿者: まぁ  (ID:B2DqhB8bSMc) 投稿日時:2020年 03月 26日 20:53

    医学部は全体として国が決めた定員があるから、全国相手に上から埋まる筋合い。
    東大は全国区、コロが終わったら一極集中を反省し京大の復権を願うしかないね。
    東邦は千葉の学校、鉄緑に通ってまで云々考える親子は少ないね(東京色が強い市川との違い)。
    でもね、千葉の人って結構豊かだよ。銀座まで1時間未満で梨や米作ったり豚飼ってる人もいるという土地柄。半面去年の台風で漁師町は気の毒だった…。そういえばホテル三日月って覚えてる?
    なので、うちは一応都内だけど東邦へ通わせて良かったと思う。

  6. 【5811661】 投稿者: 保護者  (ID:KBsLr4Ewejc) 投稿日時:2020年 03月 27日 12:42

    学校を選ぶときは現役進学率も気にはしますが、最も子供に影響があるのは、6年間、楽しく充実した学校生活を送れるかどうかだと思います。各学校ともそれぞれ特徴があるので、どこが良いかは子供の性格によると思います。
    東邦に通って良かったと思うことは、とても広いグランドと充実した設備、また医療関係や教育関係の仕事をしている保護者が多く、その影響か友達の多くも理系志向が多いので受験の頃にはしっかり子供も医系志望になっていました。
    楽しく学校に通い、将来を通した友達との出会いができたことはとても良かったと思います。

  7. 【5811877】 投稿者: じゃあ  (ID:HYXS4rYQLHA) 投稿日時:2020年 03月 27日 15:05

    ほぼ全ての子が6年間のうちに予備校に通うのですから、予備校という無視できないくらい大きな外部要因がある以上、現役率・数を以て学校の実力と考えるのは余りに稚拙ではないですかね。
    まして、中一からか高3からかによって予備校との関わりに温度差があるのですから、益々学校の指導力なんて測れる筈もありません。

    入口出口偏差値ってぶっちゃけどれだけ将来実績を出してくれる人材を青田買い出来るかじゃないですか。

  8. 【5811946】 投稿者: ぶっちゃけ  (ID:jPpNbgCptRA) 投稿日時:2020年 03月 27日 15:58

    中高6年間で予備校に通う時期は人、学校それぞれって、そんな重箱的な比較突込みはナンセンスではないのかね。一般的に、入口偏差値が下位の学校に実績で劣後することは情けない、とみなさん感じているのですよ。

    現役で志望校(難関大)に合格することが生徒にとって理想であり、その点現役率は学校評価の重要な指標でしょう。女子比率が高い、志望大学の指向性が相違等様々な理由から現役率も単純に比較できませんが、素直な思考を持ったら如何。

あわせてチェックしたい関連掲示板