最終更新:

2
Comment

【2741771】推薦入試の面接も特徴あるのでしょうか

投稿者: 6年母   (ID:kBEubRljvFI) 投稿日時:2012年 10月 30日 07:35

茗渓学園中学校・高等学校

ブログ最新記事

科学部生物班「日本学生...

第60回 日本学生科学賞の中央審査において、 このたび本校の科学部生物班が、高校...続きを読む

今年に推薦入試を受ける予定です。
面接ではどんなことを聞かれるのでしょうか。またどんな雰囲気なのでしょうか。
やはり茗溪らしい、他校とは少し特徴のある面接なのですか。
どんな情報でも良いので、是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【2744339】 投稿者: 昨年合格者の父親  (ID:vQhbyh4DW2Y) 投稿日時:2012年 11月 01日 10:24

    面接は2人の先生が担当します。ちょっとした世間話的な導入から始まります。
    話題は概ね,調査書に記載されている事項や,学校の印象のようなことを糸口にして。
    終始,受験生をリラックスさせることを大事にしておられるようです。
    非常になごやかな雰囲気で進みますから,緊張することもあまりないと思います。
    あるとすれば,面接会場までの移動時ですが,案内担当の生徒がやさしく語りかけな
    がら案内してくれますから,そこでリラックスできると思います。
    受験生の答えには,必ず肯定的に受け止め,そこから一歩踏み込んだ考えや意欲など
    を問われますが,話題の軸はやはり調査書記載の内容にあるようです。
    茗溪でやりたいこと,スポーツ,興味があること,体験など様々ですが,調査書起点
    ではあるけれど,マイナス面をみることはなく,常に記載事項をポジティブに解釈し
    ての質問になりますから,あまり気にすることもないと思います。

    受験生本人の意欲を確認するための雑談というのが,一番近い表現かと思います。

    調査書の内容は,確認しなくても構わないと思います。
    欠席がやや多めの場合も,「健康に気をつけようね」のような話で終わりますから。
    打ち込んできたことがあるなら,話題はほとんどそこに集中します。
    うちの子は,答えの声が小さかったようですが,もっと大きな声出せるようになろう
    ね,と励ましてくれたそうです。答えに詰まっても,誘導してくださるそうですし。
    1・2回,辛辣な質問もあるようですが,これもやる気の確認のようで,すぐに「そ
    うだね,これから頑張ればいい」のような返事をしていただけるようです。

  2. 【2795628】 投稿者: 去年は  (ID:x7wss2wZyNE) 投稿日時:2012年 12月 19日 04:04

    父親の職業から話が盛り上がり、それだけで終わった…なんて子もいました。子供がたじろぐような意地悪な質問は無いようですよ?
    基本的な服装、態度が出来ていればOK。

    あと頂いた賞や作品をスクラップして持ち込む方も多いようです。

あわせてチェックしたい関連掲示板