最終更新:

65
Comment

【5334304】入試(生徒募集)変更

投稿者: いだてん   (ID:yarWZCyR58I) 投稿日時:2019年 02月 26日 08:45

2020年度(現5年生)より、募集人員が65名から80名に変更されます。
これは、現在の合格発表数と同じであり形式の変更のみとなっています。

2021年度からは、学力検査が8科目から4科目(国・算・社・理)に変更されます。

中学受験をする児童にとって、筑附が候補校の一つとなり受験者の裾野が広がることは良いことかもしれません、一方で、8教科の全てに全力で取り組むという筑附らしさが消える可能性もあります。トップ層は何でも得意として万能かもしれませんので難しいところです。ここらは、学校がデータを有していての決断だと思います。また、費用面や教育内容の面における格段の優位性が認められることとなるでしょう。

残ることとして、高校への連絡進学に変更があるかどうかです。
中学受験生の結構な親御さん達が筑附を敬遠する一つともなっています。
全員が高校へ連絡進学できない(2割が進学できない)ことは、不必要な軋轢(生徒間の無用な競争や内部塾通い)を発生させていることは事実であり、ある意味では学級崩壊を誘因する原因の一つの可能性さえ秘めています。公立中学校の様に全員が受験するか一貫校のように全員進学の方が良いのかもしれません。難しいことではありますが、万年下位の子をどの様に育成するかも含めて完全な解決策は見つからないものの、小学校からの連絡方法も含めて何らかの見直しの時期がきているのかもしれません。

研究校として、対象となる生徒の集め方や研究項目の見直しなど、筑附だけでなく、国立校全体での分担の見直しも必要かもしれません。

筑附の使命、高大連携、大学入試改革などの影響による新しい取り組みなのか、現在の中学受験への危機感からなのか学校説明会での案内を待ちたいと思います。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5460703】 投稿者: 想い出  (ID:6ltCHolHfoo) 投稿日時:2019年 06月 04日 13:33

    副教科の試験がなくなるのは個人的には残念です。
    私自身、(筑附ではないけれど)国立附属中の入試で副教科も経験したので。
    課題に沿って絵を描いたり、音楽の聴音があったり。
    とても楽しい試験でした。
    未だに問題を覚えているほど。

    国立附属は、教養主義のところがあるので、その意味では(配点は低くても)いろいろな教養試験のようなものもあった方がいいとも思います。
    でも、全国の国立附属で今も副教科の科目が試験に課されているところは少ないでしょう。
    子供が行った国立附属中にも、副教科の試験はありませんでした。
    寂しいですね。

  2. 【5469173】 投稿者: はっきり言って  (ID:EE/rHWzUWhw) 投稿日時:2019年 06月 11日 18:21

    筑駒が、男子のみ、小学校なし、高校全入と好き放題やってるので、筑附も遠慮しなくて良いと思います。

あわせてチェックしたい関連掲示板