最終更新:

220
Comment

【4672479】【【【新宿ニチガクの学習計画について語り合うスレ①】】】

投稿者: 緑の電話   (ID:C0QEv9r42ZI) 投稿日時:17年 08月 16日 01:28

武田塾や緑鉄ゼミナールと並んで緻密な学習計画を売りにしている、あのニチガク
さすがに担任たちはやたらと参考書に詳しい

武田塾や緑鉄ゼミナールとの決定的違いは、個別指導が無制限で使えることだろう
巡回型ではあるが、1対1の個別を時間問わず使えるのは非常にうまみはある

ただ、あの環境はしっかり使いこなせないと意味がないのも事実

そこでみんなと、学習参考書と個別指導を用いたニチガク式の学習について語り合いたい

こころゆくまでどうぞ!!

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

「東京都 塾・予備校に戻る」

現在のページ: 21 / 28

  1. 【4736296】 投稿者: 全レベル対応  (ID:YGk9AO7L9w6) 投稿日時:17年 10月 13日 05:04

    具体的には、「入試基礎~難関国公立」という驚きのカバー率である。

    入試基礎とは、おそらく学生諸君が学校の定期テストで出されるちょっとひねられている問題レベルだ。

    つまり普通に定期テスト勉強していれば解くことのできるレベルから、難関国公立にも対応することのできる問題を本書1冊でまとめてくれているのだ。

  2. 【4736297】 投稿者: インプットに関しては  (ID:YGk9AO7L9w6) 投稿日時:17年 10月 13日 05:05

    インプットに関しては、別途参考書が必要であろう。

    そして、インプットが終われば、受験中期からは本書1冊のみをひたすら取り組めばいい。



    つまり、為近先生も仰っているAll in ONEとは「物理で必要なアウトプットの問題のすべてを本書1冊にまとめた」ということだ。



    普通は、インプットが終われば

    ①アウトプット系最初の1冊と呼ばれる簡単な参考書

    ②入試基礎レベルのアウトプット系参考書

    ③入試標準レベルのアウトプット系参考書

    というようにたくさんの参考書を段階を踏みながら購入していく必要がある。

  3. 【4736528】 投稿者: ニチガク高卒生  (ID:AtCAZNNtYNU) 投稿日時:17年 10月 13日 09:55

    ニチガクに通っている高卒生だけど、何か質問はあるかい?

    何でも答えるよ!セニョリータ!!

  4. 【4737330】 投稿者: 標準問題精講  (ID:93d3sqDXvjc) 投稿日時:17年 10月 13日 23:11

    対象:慶應医学部を見据えた入試基礎問題の演習をしたい方。

    教科書レベルと入試実践レベルを橋渡ししてくれます。公式も一通りの暗記ではなく、その原理から硬派に解説してくれます。
    各所に『研究』トピックがあり、既習事項に対する識見を深めてくれます。 特にⅢ編は教科の特性もあり、本番レベルに近いレベルで学習できます。

  5. 【4737333】 投稿者: はっとめざめる確率  (ID:93d3sqDXvjc) 投稿日時:17年 10月 13日 23:11

    対象:慶應医学部に向けた確率力を鍛えたい方

    今現在の学力に関係なく、あなたの確率力を本番レベルに高めてくれます。
    すべての事項を“書き出して”解決する安田先生の手法はそのまま本番での確率への取り組み姿勢に繋がります。紙面の都合という出版社の常識を覆し、慶應医学部の確率対策のきっかけを与えてくれる本です。

  6. 【4737334】 投稿者: ハイレベル理系数学  (ID:93d3sqDXvjc) 投稿日時:17年 10月 13日 23:12

    例題50問類題150問と最難関大へのエッセンスを極度に濃縮し、効率化した演習書です。
    理系向けのハイレベルな演習書は限定されるため、少ないのですが、その中でも秀逸を放っています。まさに“必要事項の最小限化”を体現した演習書です。

  7. 【4737557】 投稿者: “和文英訳”と“自由英作文”  (ID:AvMPuDsJTkA) 投稿日時:17年 10月 14日 08:44

    大学受験の英作文の問題は、大きく “和文英訳” と “自由英作文” に分かれています。和文英訳とはその名の通り、与えられた日本を英語に訳していくもの。一方で自由英作文とは、あるテーマや題材に沿ってゼロから英文を書き上げていくものです。

  8. 【4737559】 投稿者: 実践レベルになりますと  (ID:AvMPuDsJTkA) 投稿日時:17年 10月 14日 08:44

    基礎を身につける段階での勉強法については両者の間に大きな違いはありませんが、実践レベルになりますとそれぞれ必要な対策が異なってきます。したがって、自分が受験する大学の入試問題ではどちらが出題されるのかを事前に確認しておきましょう。

あわせてチェックしたい関連掲示板