幼稚園・小学校・中学校・高校・大学の受験や悩みなどを配信しているサイトです。

インターエデュ・ドットコム

エデュログ
一覧最新記事

塾対象説明会

インターエデュ > 学校情報 > 塾対象説明会レポート > 成城中学校・高等学校

成城中学校・高等学校

2008/06/4(水)10:30~
住所:東京都新宿区原町3−87
最寄り駅:都営大江戸線「牛込柳町」より徒歩1分
URL:http://www.seijogakko.ed.jp/
※男子校


【校舎風景】

駅から近く山手線の内側という都心にある学校であるが、閑静な住宅街がまわりを囲む。土のグラウンドでは生徒が思い切り走り回り、校内は男子だけで生徒たちがいきいきと授業を受けている姿が見受けられた。伝統を感じられる小講堂で説明会は行われた。


【学校概要】

  • 明治18年より123年の歴史。
  • 校名の由来は『詩経』の「哲夫成城」より採ったもの。哲夫とは智徳の優れた男子のこと。今後も建学の精神に基づき、共学化はせず男子校としてあり続けるつもり。
  • 中学時代の女の子との軋轢から解放されて、男子だけで生徒は開放的に楽しく過ごしている。
  • 「楽しくなければ学校でない」と、生徒も教員も学校に対して感じてほしい。
  • 生徒の特徴は、明るく伸び伸びとしている。
  • 卒業する時に生徒は、男子校でよかったとみな口にする。
  • 週6日制をとっているので、土曜日は部活も長時間でき、生徒は喜々として学校へ来ている。
  • イジメに対しては、教員がアンテナをしっかりと張って対応している。トラブルがあった時には、保護者の協力もお願いして教員と保護者とで生徒と向き合っている。
  • 学校行事を大切にしている。中学1年で臨海学校へ行き、教員と高校生指導生に育てられ成長する。
  • 保護者が受験生と学校を見にきて、「この学校へ行きたい」と受験生自身が思い、達成することが中学受験の醍醐味。ぜひ学校へ足を運び、受験生自身の目で成城を見てほしい。

【学校生活】

  • 8:30にホームルーム(8:20までに登校)。
  • 1コマ50分授業、昼休み40分。
  • 通学時間は9割が、45分~1時間15分かけて学校へ来ている。
  • 部活は、4~10月夏時間午後6時まで。11月~3月午後5時まで。
  • 6クラス編成。2クラスに1名の副担任がいて9名のスタッフで学年を見る。
  • 高校への進学は無試験。
  • 土曜日も授業を行っているので公立との差異は18時間多い。英語は週授業時間数公立9時間に対し成城は2倍の18時間を行っている。
  • 教科外教育が盛ん。
    5月は春季校外課業として遠足やハイキングなど各学年で自然に親しむ。
    6月は視聴覚行事として、歌舞伎や映画など鑑賞。
    7月は高校では体育祭(3日間)。臨海学校は1924年から無事故で続けている。中学2年を対象に林間学校。
    9月は文化祭、中学は10月に運動会が行われる。
    11月にマラソン大会で中学生は9.5キロ、高校生は10キロ走る(医師と看護師も待機)。12月の視聴覚行事があり、劇団四季などを見に行く。中学2年の希望者にはスキー学校もある。
    3月は中学3年と高校2年は修学旅行へ行く。
  • クラブは44部あり。

【進路指導】

  • 中学での進路学習として、小学校と中学校の過ごし方の違いを指導。自己を見つめさせ職業について学ぶことで、将来のことを考えさせる。
  • 高校では進路設計として職業についてさらに具体的に教え、大学受験の願書の書き方や入学金納付期限のことなど教える。
  • 国立と私立を目指す学校別に生徒を4コースに分けモチベーションを維持。
  • 中学では指名補習を行い、落ちこぼれを出さず、さらに生徒を伸ばす指導を行う。
  • 希望者対応授業として、補習の時間にさらに発展させる先取り授業を行う。
  • 高校では、夏期・冬期進学講習開設。
  • クラブを最後までやる子は、時間の使い方が上手で大学入試でもいい成績を残している。部活はサッカー部6月引退8月引退さまざま。野球部7月半ばまで。スポーツはやるときは思いきりやり、大学入試前は勉強をする。

【大学進学】

  • 2008年度は99.7%が4年生大学へ進学希望。
  • 卒業生全体うち外進生割合29.7%、高校からの外進生実合格数24.4%。内進生の方が伸びていることを表す。
  • 大学現役合格率63.3%。東大、京大1名ずつ、一橋2名、神戸1名、横浜国立1名合格。早稲田38名、慶応30名、上智21名、明治69名合格。医学部21名(現役9名)。
  • 国公立19名合格(内進生17、外進生2)、進学17名で2名はさらに上を目指し浪人。
  • 早稲田大学の志望者多い。早稲田は成城から徒歩15分の距離にある。教員でも早稲田出身が多い。18名合格、13名進学(内進生11名、外進生2)。慶応や埼玉大へ進学、浪人などで辞退。
  • 慶応16名合格、進学13名(内進生5名、外進生3)。辞退者は東大、一ツ橋、東工大へ進学。
  • 上智大学15名合格 実数14名合格(内進生8名、外進生6名)
  • 指定校推薦は23名進学。早稲田文構1名、商1名、慶応理工1名など。

【2008年度入試結果】

  応募者数 受験者数 合格者数 実質倍率
1回目 100名 579 527 148 3.6
2回目 140名 1029 684 238 2.9
  • 国数100点満点、理社60点満点で4教科合計の得点高い順に採った。
  • 推薦入試は行わない。小学校の評価が絶対評価に変わったため、評価が難しい。

【2009年度入試について】

  • 入試科目:4科
  • 選抜方法:4科合計点上位から選抜
  • 各科目の配点:国算各100点満点、理社各60点。
  • 試験時間:国算各50分、理社各30分。
  • 入学手続き締切:2月9日
    ※生徒募集要項は9月から無料配布

【取材を終えて】

「楽しくなければ学校でない」と校長が言われる言葉のとおり、授業を受ける生徒たちの姿は明るい。学問はもちろんのこと、部活動や教科外研修などに失敗を恐れず、思い切りチャレンジし成長していくことを目指している。女子にとっては女子校ならではの魅力があるが、男子校にも男子校ならではの開放感とパワーがある。建学の精神にのっとり今後も共学化はしないという。お子さまによっては男子だけの学校の方がのびのびと自分を表現していくことができる子もいらっしゃることと思う。ぜひ説明会や学校行事に足を運び、学校の魅力を受験生自らが体感することを受験のスタートとしてほしい。

【今後の説明会日程】

詳細はこちら→http://www.seijogakko.ed.jp/seminar/home.html

■学校説明会

10月4日(土)10:30~
10月18日(土)10:30~
11月8日(土)10:30~
11月22日(土)10:30~
12月12日(金)10:30~

■その他、学校見学、文化祭、体育祭については上記URLでご確認を。

Written by 楓

↑このページのトップへ