幼稚園・小学校・中学校・高校・大学の受験や悩みなどを配信しているサイトです。

インターエデュ・ドットコム

エデュログ
一覧最新記事

学校訪問記

インターエデュ > 学校情報 > 学校訪問記 > 麗澤中学校 塾対象説明会レポート

麗澤中学校 塾対象説明会レポート

2009/06/24 11時~
住所:千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
アクセス:JR常磐線各駅停車「南柏」下車 東口①乗場より東武バス5分「広池学園」下車
学校公式ウェブサイト:http://www.hs.reitaku.jp/


初夏のしずくがこの学校の新緑をより深める。6月24日(火)、しとしとと降る雨の中で麗澤中学校では熱い塾対象説明会が行われた。麗澤中学校は併設の幼稚園、高校、大学、大学院が同一キャンパスにあり、学園全体は自然公園のように広く木々に囲まれている。校門を入ると学校までの道は小さな森のよう。深呼吸をすれば気分も落ち着き、勉学へのスイッチが入りそうだ。

11時から始まった塾対象説明会、まずは竹政校長から挨拶があった。

■竹政幸雄校長のお話
  • 来年の入試は募集定員を100名から150名に増やす予定です。
  • 専任のネイティブを中心とした麗澤独自の英語教育を更に進化させるため、文法や読解力の指導について見直しをし、日本語での言語技術教育との共同研究によって英語教育をさらに充実させていきます。

麗澤中学校の英語教育理念

続いて中学校の専任ネイティブ教員からの話がある。

■中学校英語担当・ジョリフ=マーク先生のお話
  • 正しい英語は習慣となって身につけていくべきです。「必要なこと」として感じさせるために授業中も、授業後も、いつも英語を使う習慣を大事にしています。
  • 単語での会話ではなく、正しい英語の文章でコミュニケーションを繰り返し教えます。
  • 英語は「スポーツ」と同じで、練習をしなければ上達できないものです。そして、毎日の発表、週ごとの発表、6週間ごとの発表とそれぞれの期間で発表の機会を設けて学ぶ意欲をつけさせています。

麗澤中学校の教育および昨年度の卒業生進路について

■入試広報室長・窪田浩実先生のお話
  • 8年前に学校を開校して以来、多方面の方々からの多くのご指導、ご支援をいただきながら、私たちも様々な努力を積み重ねてまいりました。一昨年に中高一貫生の初めての卒業生を送り出し、難関大学へ合格・進学する生徒が大きく増える等、まだ教育の途中経過ですが一応の成果をあげました。サンデー毎日等マスコミなどにも注目をいただきました(サンデー毎日2009.6.28に記事「わが子の学力を伸ばしてくれる中高一貫校」)。
  • 中高一貫教育の体制も整い、さらに進化させる段階となりましたので、来年度(2010年度)からは、中学校の募集定員を50名増とし、4学級に変更をする予定です。
  • 2年ごとに編成されたカリキュラムでは3年生進級の際、内部試験を行います。3,4年生の英語・数学の授業は習熟度別編成で個々の学力に応じた指導を行います
  • 高校は3つのコースがあり、どのコースも一貫生と高校からの入学生の混成学級です。IC(国際)コースは4年生から、TK(難関国立大)コースとSK(難関私大・国公立大)コースは5年生から始まり、自分の希望進路に即した勉強が進められるようにカリキュラムが整備されています。
  • 道徳教育を基盤として、「自分(ゆめ)プロジェクト」「言語技術教育」「国際的日本人教育」を3つの柱として知徳一体の教育を展開しています。「自分(ゆめ)プロジェクト」では、体験を積み視野を広げます。1年生は利根川の水源を、2年生では熊野古道から伊勢、奈良、京都と日本文化の源を訪ね体感します。3年生 は全員でニュージーランドへ行き異文化を体験。4年生では、大学・学部研究、5年生は企業インターンシップを行います。
  • 「言語技術教育」は、つくば言語技術教育研究所の協力を得て、日本で最初に学校教育の中で実施したもので、文部科学省からも研究開発学校の指定を受けています。
  • 「国際的日本人教育」では、実践的英語力をつけるとともに、異文化を通して日本を知り、国際社会で活躍する日本人の育成を目指して取り組んでいます。

麗澤中学校の入試状況

■受験者数と実質倍率・平均点の5年間の推移
【各担当教科より昨年度の入試問題について】

◇国語

  • ①評論②小説③言語技術についての大問3題の出題。前年より難しい問題にしたため、得点率は60%から50%に下がりました。③言語技術について絵の分析が続いていましたが、今年は詩の分析(テクストの分析)にしたことも得点率が下がった要因かと思われます。

◇算数

  • 大問を7問から6問に変更し、じっくりと各問題に取り組めたのではないかと思います。
  • グラフ問題は出題すると説明会でも言ってあったので対策をしている受験生が多く正答率は1回目44%、2回目38%と高かったです。
  • 図形の表面積を求める問題、図形の角度を変えて考える問題の正答率が低かったです。
  • 2010年入試は大問6問。思考力を問う図形、文章題、グラフの問題にする予定。

麗澤中学校の募集定員が変わります!

中高一貫教育の体制も整い、さらに進化させる段階となったので、麗澤中学校では来年より募集定員が変更になる。

募集定員が100名から150名に増える。
第1回 1月21日(木) 募集定員80名
第2回 1月25日(月) 募集定員50名
第3回 2月4日(木)午後 募集定員20名

第1・2・3回の同時出願可。同時出願の場合の受験料は40,000円(各回20,000円)。
第1・2回の延納希望者は2月4日まで(延納金不要)

麗澤中学校のランチタイム

麗澤中学校では中央食堂でランチが食べられ、お弁当いらず。
3種類のメニューの中から自分の好きなメニューをチョイスすることができる。管理栄養士によって栄養のバランスも考えられており、ボリュームもたっぷり。先生と生徒がいっしょにお昼を食べ、語らう時間。おいしく、楽しく会話も盛り上がる。


取材を終えて

校門をくぐって校舎までの道は緑のシャワーであふれている。そのせいか、教室をのぞけば在校生の雰囲気は落ち着いている。自然豊かな環境の中で心静かに勉強に集中することができるのかもしれない。開校8年目、進学実績も着実に伸ばし、受験生も増加する中、来年の入試では募集定員を増やす。入り口偏差値から難関大学への進学実績でマスコミからの注目も高いが、特筆すべきは「心を鍛える」ための教育プログラムの充実。学ぶ楽しさを体験し将来への自分の可能性を探る教育内容があってこそ、8年でこれだけの成果が出せているのだろう。

麗澤中学校説明会日程
7月26日(日) 10:30~11:50
8月23日(日) 10:30~11:50
9月19日(土) 14:00~15:20
10月17日(土) 10:30~11:50
11月16日(月) 10:30~11:50
12月5日(土) 10:30~11:50
12月20日(日) 10:30~11:50※小6保護者対象
公開イベント
9月11日(金) 麗鳳祭
(ステージ発表:柏市民文化会館)
9月12日(土) 麗鳳祭
(展示会:麗澤中学・高等学校校舎)

Written by 楓