“岸根高等学校” の偏差値

偏差値データ提供:株式会社市進

男子 80偏差値

40(40-40)

女子 80偏差値

40(40-40)

入試別の偏差値詳細

入試 男女 80偏差値 60偏差値 40偏差値
- 普通科 40 38 -
40 38 -

80・60・40偏差値とは?

80、60、40という数字はそれぞれ、合格可能性(%)を示しており、例えば同じ偏差値の人が100人受験した場合に80人合格するのが「80偏差値」、60人合格するのが「60偏差値」です。この値は模試によっても異なり、本データは株式会社市進が実施した模擬試験においての合格可能性を掲載しています。

学校情報

学校名
共学 岸根高等学校
住所
〒222-0034 神奈川県横浜市港北区岸根町370
交通
地下鉄ブルーライン「岸根公園」徒歩10分。
電話番号
045-401-7872
沿革
昭和58年創立。
教育方針
心身の健全な育成や平和・自然・文化への貢献、協調・奉仕の精神や学習意欲の向上などを教育目標として掲げています。

この学校の偏差値に関連する掲示板

この学校の偏差値に関連する書き込みはありません。

同じ神奈川エリアで近い難易度の入試をおこなう高校

岸根高等学校 男子 偏差値基準(男子・共学校対象)

  • 43(43 - 43)

    神奈川

    伊志田高等学校

    基礎学力の定着を目指すとともに、発表活動などを通して表現力や創造力の育成に力を入れています。

  • 43(43 - 43)

    神奈川

    瀬谷高等学校

    より高い目標に向かって積極的に行動する生徒の育成を目指しており、ていねいな指導や生徒の自主性を育むことを大切にしています。

  • 43(43 - 43)

    神奈川

    大和西高等学校

    英語劇などを授業に取り入れて表現力や理解力の向上を目指すとともに、さまざまな学校行事や国際交流活動を通して語学を学ぶモチベーションを高めています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    厚木東高等学校

    豊かな人間性を育むとともに、創造力と実行力を備えた人材の育成を目指しています。より高いレベルでの希望進路に対応できる力を育てています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    上溝南高等学校

    多様な進路に応えるカリキュラムを重視するとともに、ガイダンス体制を充実させて情報提供に力を入れています。授業は「習得・活用・探究」をモットーに行われています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    元石川高等学校

    「自立・協働・創発」が校訓です。社会でたくましく生きる力を育てるため、広い視野や自ら考え行動する力、挑戦し続ける姿勢などを重視しています。

  • 42(38 - 42)

    神奈川

    湘南工科大学附属高等学校

    「社会に貢献できる人間の育成と、周囲から愛される魅力ある人間を育成する」などを目指し、各コースの掲げている目標を明確にする方針です。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    市立横須賀総合高等学校

    将来を考えて科目選択も生徒各自が行うため、「自ら学ぶ」意欲を重視しています。進路への自覚を深める科目「産業社会と人間」が設けられています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    横浜市立みなと総合高等学校

    国際性を高める教育に力を入れ、語学力の向上を図るとともに、さまざまな国際交流プログラムを実施しています。

  • 42(32 - 42)

    神奈川

    横浜高等学校

    高い学力と豊かな人間性を備え、周囲から信頼される人物の育成を目指しています。

岸根高等学校 女子 偏差値基準(女子・共学校対象)

  • 43(43 - 43)

    神奈川

    伊志田高等学校

    基礎学力の定着を目指すとともに、発表活動などを通して表現力や創造力の育成に力を入れています。

  • 43(43 - 43)

    神奈川

    瀬谷高等学校

    より高い目標に向かって積極的に行動する生徒の育成を目指しており、ていねいな指導や生徒の自主性を育むことを大切にしています。

  • 43(43 - 43)

    神奈川

    大和西高等学校

    英語劇などを授業に取り入れて表現力や理解力の向上を目指すとともに、さまざまな学校行事や国際交流活動を通して語学を学ぶモチベーションを高めています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    厚木東高等学校

    豊かな人間性を育むとともに、創造力と実行力を備えた人材の育成を目指しています。より高いレベルでの希望進路に対応できる力を育てています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    上溝南高等学校

    多様な進路に応えるカリキュラムを重視するとともに、ガイダンス体制を充実させて情報提供に力を入れています。授業は「習得・活用・探究」をモットーに行われています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    元石川高等学校

    「自立・協働・創発」が校訓です。社会でたくましく生きる力を育てるため、広い視野や自ら考え行動する力、挑戦し続ける姿勢などを重視しています。

  • 42(38 - 42)

    神奈川

    湘南工科大学附属高等学校

    「社会に貢献できる人間の育成と、周囲から愛される魅力ある人間を育成する」などを目指し、各コースの掲げている目標を明確にする方針です。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    市立横須賀総合高等学校

    将来を考えて科目選択も生徒各自が行うため、「自ら学ぶ」意欲を重視しています。進路への自覚を深める科目「産業社会と人間」が設けられています。

  • 42(42 - 42)

    神奈川

    横浜市立みなと総合高等学校

    国際性を高める教育に力を入れ、語学力の向上を図るとともに、さまざまな国際交流プログラムを実施しています。

  • 41(41 - 41)

    神奈川

    茅ヶ崎高等学校

    幅広い進路に対応できるカリキュラム構築や授業改善、自律的な生活態度の育成に力を入れています。また、アクティブラーニングを推進しています。