“青山学院横浜英和中学高等学校” の偏差値

偏差値データ提供:株式会社市進

男子 80偏差値

56(56-58)

女子 80偏差値

56(56-58)

入試別の偏差値詳細

入試 男女 80偏差値 60偏差値 40偏差値
2/1 A 2科or4科 56 54 51
56 54 51
2/2 B[午後] 2科or4科 58 56 53
58 56 53
2/3 C[午後] 2科or4科 57 55 52
57 55 52
12/15 帰国 2科 - - -
- - -

80・60・40偏差値とは?

80、60、40という数字はそれぞれ、合格可能性(%)を示しており、例えば同じ偏差値の人が100人受験した場合に80人合格するのが「80偏差値」、60人合格するのが「60偏差値」です。この値は模試によっても異なり、本データは株式会社市進が実施した模擬試験においての合格可能性を掲載しています。

学校情報

学校名
共学 青山学院横浜英和中学高等学校
住所
〒232-8580 神奈川県横浜市南区蒔田町124
交通
横浜市営地下鉄「蒔田」徒歩8分。京浜急行線「井土ヶ谷」徒歩18分。
電話番号
045-731-2862
学校長
小久保 光世
沿革
明治13年ブリテン女学校として創立。同19年横浜女学校となり、昭和14年成美学園に改称。平成18年現校名に。
教育方針
「こころを清め、人に仕えよ」を校訓として聖書に基づいた教育が行われ、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

この学校の偏差値に関連する掲示板

この学校の偏差値に関連する書き込みはありません。

同じ神奈川エリアで近い難易度の入試をおこなう中学校

青山学院横浜英和中学高等学校 男子 偏差値基準(男子・共学校対象)

  • 57(57 - 60)

    神奈川

    神奈川大学附属中・高等学校

    「質実剛健・積極進取・中正堅実」を建学の精神として、有能な人材の育成を目標としています。

  • 57(57 - 57)

    神奈川

    公文国際学園 中等部・高等部

    生徒一人ひとりの可能性を発見し、その能力を伸ばすことにより、国際社会に貢献できる人材を育てます。

  • 57(57 - 59)

    神奈川

    中央大学附属横浜中学校・高等学校

    実学の伝統を守りつつ、自立に向けて知性と徳性を身につけ、心身ともに健全な人間の育成を目指しています。

  • 56(55 - 56)

    神奈川

    法政大学第二中・高等学校

    21世紀の国際社会で活躍できる有能な人材を育成します。

  • 56(55 - 56)

    神奈川

    山手学院中学校・高等学校

    英語教育や国際交流に力を入れ、「世界を舞台に活躍でき、世界に信頼される人間」の育成を目指しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    神奈川県立平塚中等教育学校

    「生きる(Live)・慈しむ(Love)・学ぶ(Learn)」の3つのLを基盤とする教育により、次世代のリーダーを育成します。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    川崎市立川崎高等学校・附属中学校

    豊かな人間性と高い知性を養い、新しい世界で活躍できるリーダーの育成を目指しています。

  • 54(54 - 56)

    神奈川

    桐蔭学園中等教育学校

    自ら考え判断し行動できる子どもたちの育成

  • 53(50 - 53)

    神奈川

    湘南学園中学校・高等学校

    個性を尊重した教育が行われます。自由な雰囲気がある中で、身なりやマナーには責任ある態度が求められます。

青山学院横浜英和中学高等学校 女子 偏差値基準(女子・共学校対象)

  • 59(59 - 64)

    神奈川

    横浜共立学園中学校高等学校

    一人ひとりが愛されているとのキリスト教の教えにより豊かな人間性を育み、世界の平和のために貢献できる女性の育成を目指しています。

  • 58(58 - 58)

    神奈川

    鎌倉女学院中学校・高等学校

    心身ともに健康で国際性豊かな女性の育成を目指しています。将来に向けて、生徒が能力を自分の力で伸ばせるよう指導する方針です。

  • 57(57 - 60)

    神奈川

    神奈川大学附属中・高等学校

    「質実剛健・積極進取・中正堅実」を建学の精神として、有能な人材の育成を目標としています。

  • 57(57 - 57)

    神奈川

    公文国際学園 中等部・高等部

    生徒一人ひとりの可能性を発見し、その能力を伸ばすことにより、国際社会に貢献できる人材を育てます。

  • 57(57 - 59)

    神奈川

    中央大学附属横浜中学校・高等学校

    実学の伝統を守りつつ、自立に向けて知性と徳性を身につけ、心身ともに健全な人間の育成を目指しています。

  • 57(56 - 57)

    神奈川

    法政大学第二中・高等学校

    21世紀の国際社会で活躍できる有能な人材を育成します。

  • 56(56 - 57)

    神奈川

    日本女子大学 附属中学校・高等学校

    「信念徹底・自発創生・共同奉仕」を3本の柱とし、知育・徳育・体育のバランスのとれた人間の育成に努めます。

  • 56(55 - 56)

    神奈川

    山手学院中学校・高等学校

    英語教育や国際交流に力を入れ、「世界を舞台に活躍でき、世界に信頼される人間」の育成を目指しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    神奈川県立平塚中等教育学校

    「生きる(Live)・慈しむ(Love)・学ぶ(Learn)」の3つのLを基盤とする教育により、次世代のリーダーを育成します。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    湘南白百合学園中学・高等学校

    「従順・勤勉・愛徳」を校訓として、キリスト教精神に基づく全人教育を目指しています。